FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

ディープインパクト、キングカメハメハの2大種牡馬の種付け中止とその代替は?

ディープインパクト種付け中止 ロードカナロアとキタサンブラックは復帰

昨日、衝撃のニュースがありましたね。
ディープインパクトが首の痛みがあり今期の種付けを終了するそうです。
今期種付けを終えたのは20数頭だそうなので、3年後のシルクの募集馬にディープ産駒がくる可能性はかなり低くなりました。
きたとしても1~2頭でしょうね。
とにかく今年はゆっくり休んで来年復帰できたらと思います。
ディープももう16歳。
種牡馬としても晩年にさしかかっています。
無理はさせずに少しでも多くの産駒を残してもらいたいですね。

そして、もう一つ気になることが書かれておりキングカメハメハも今年は種付けをしていないそうです。
加齢による免疫低下とのことですし、元々体調が良くなくてずっと制限しながら種牡馬をしていました。
18歳ということもあり、このまま種牡馬引退もありそうですね。
なので、キンカメ産駒も3年後の募集にはラインナップされません。
ディープとキンカメという2大種牡馬の産駒がほとんど募集馬にいない時代が近いうちにきそうな気配です。

それに加えてロードカナロアやキタサンブラックも一時種牡馬を休んでいたようですね。
こちらはバリバリ頑張ってもらわないと困る年齢ですが、やっぱり種付け頭数が多すぎな気がします。
私が競馬を始めた頃はノーザンテーストの全盛期でしたが、それでも年間100頭くらいしか種付けしてませんでした。
その後サンデーサイレンスが途中から200頭くらいまでいきましたね。
去年のロードカナロアとドゥラメンテは290頭くらいですからいかに多いかがわかります。
まぁ、もちろん技術も進歩しているのだとは思いますが、普通に考えて1日3回とか交尾しなければいけないのはきついですよね。

さて、気になるのはディープとキンカメが種付けできなくなったということは、その繁殖に別の種牡馬が種付けするということになります。
代替という言い方は悪いかもしれませんが、何をつけるか気になりますよね。
社台SSの種牡馬ラインナップを見ながら考えてみようと思います。
キンカメのほうはそこまで難しくありません。
後継種牡馬が豊富だからです。
普通にいけばロードカナロア、ドゥラメンテ、ルーラーシップが替わりを十分務めてくれるでしょう。
ただ、この3頭はそもそも人気なので、キンカメ分まではできない可能性も高いです。
さすがに350頭つけるなどはできないですからね。
では、サンデー系以外といえばモーリスなんかが候補になりそうですが、こちらもなかなかの種付け数なので空きがあるかわかりませんね。
普通に新種牡馬で代替するならサトノクラウン、マインドユアビスケッツ、レッドファルクスあたりの数が増えるかもしれませんね。

ディープの代わりはかなり難しいです。
そもそもディープの繁殖相手はかなりの良血ばかりですから、お安い種牡馬はおそらく選ばれません。
ディープの後継はまだはっきりとした候補が出ていないのも悩みです。
普通にいけばキズナでしょうが、いまいち評判が良くないように感じます。
新種牡馬ならサトノダイヤモンドでしょうね。
これはおそらく大本命です。
ただ、4歳以降のぱっとしなかった成績が種牡馬の印象としてどこまで響いてるかわかりません。
同じく新種牡馬のリアルスティールもチャンスがありそうです。
あとはキタサンブラックでしょうね。
ディープの後継ではありませんが、兄ブラックタイドの子ですから十分役割は果たせそうです。
そう考えると社台SSではありませんが、ディープがダメならブラックタイドに流れるということもありそうです。

こうやって考えていくと高額なディープやキンカメの産駒がいなくなると価格的には手の届きそうなランクの種牡馬が増えていきそうな感じです。
私としては、出資可能な価格帯の募集馬が増えてくれるとチャンスかもしれませんね。
今回は、2頭ともまだ種牡馬を引退したわけではありません。
来年以降また復帰してくれることを願っています。
しかし、近い将来、この2大種牡馬も間違いなく引退する時がきます。
その時、どういった種牡馬の勢力図になっているのでしょうか。
今回のことでその時のことを少し考えてみましたが、キンカメ系は安泰ですがディープ系は少し心配になりましたね。
もちろん、他にもハービンジャー系、スクリーンヒーロー系、ステイゴールド系、ハーツクライ系などなどが勢力を広げているかもしれません。
個人的にはハービンジャーなんか後継も何頭か出そうですし広がりそうな気もしますね。
とにかく3年後のシルクの募集馬ライナップは大きく変化するはずなので注目していきたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/04/03 18:36 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(1)
まーくさん、こんばんは^^

2010年以降はディープーキンカメ時代が長らく続いてきましたが、ついに時代が移り変わる時期に来たようですね(T_T)
ディープの代わりは最上級の牝馬ばかりでしょうから、ドゥラメンテが一番良いのではないかと思います('◇')ゞ
ドゥラメンテ自身がサンデーを持ってるので、元々種付け相手を選ぶところだったと思いますが、ディープの花嫁候補ならサンデー持ってない牝馬ばかりなので問題ありません(^^♪
通常のサンデー系牝馬はルーラーとカナロアに任せて、ディープの代替は評判も良さそうなので、ぜひドゥラメンテにお願いしたいですね(^^)/
もっともみんな人気種牡馬なので、もっと新しい種牡馬に向かうかもしれませんけどね(^^ゞ
[ 2019/04/08 00:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ