FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ポールヴァンドル13戦目、1年ぶりの復帰戦はまずまずの走り

2019.04.08 レース結果

 4/6(土)中山9R 野島崎特別〔芝1,800m・12頭〕7着[10人気]

まずまずのスタートを切ると、道中は中団後ろよりを追走、3,4コーナー中間あたりから外を回って徐々に前との差を詰めると、直線は外からジワジワと脚を伸ばして7着でゴールしています。

内田博幸騎手「ペースが緩かったので向正面で上がって行く手もありましたが、久々の競馬ということを考えると最後バタバタになってしまいそうだったので我慢しました。少し道中で行きたがるところはありましたが、宥めながら進めていきました。ジワジワと脚を使うタイプですし、惰性を付けて上がって行った方が良いと思い、勝負どころで外を回していきました。直線は苦しさから少し外に逃げるようなところがありましたが、よく頑張って走ってくれました。まだ体を持て余していましたし、久々を考えれば力を示してくれたと思います」

上原博之調教師「1年以上ぶりの競馬だったということもあって、馬体重はプラス30㎏と大きく増えてしまっていました。それでも最後まで諦めることなく頑張って走ってくれて、力のあるところは示してくれたと思います。まずはトレセンに戻って脚元の状態をよく確認させていただいた後にどうするか検討させていただきたいと思います」


約1年ぶりのレースとなりました。
靭帯炎は屈腱炎ほどではないにしろ、完治までにものすごく時間がかかります。
特に大型馬ですし復帰できるのかも不安でしたので、やっと1歩進んだという感じですね。
レースは勝ち負けなどの期待はほとんど考えておらず、とにかく無事に、そしてこのレベルでもやれる走りを見せてくれればという感じでしたね。
そういう意味では、本当に素晴らしい走りを見せてくれたので良かったです。
7着でしたが、十分通用する走りでしたね。
1年ぶりのレースで馬体重も+30キロくらいでしたからここから一叩きして次に期待したいですね。
この馬はなんといっても私も命名馬ですし、紫苑Sで3着し秋華賞にも出走した馬です。
今思えばあのディアドラと接戦をしていたわけですから、怪我と調子が戻ればまだまだ上でやれるはずです。
とにかく無事に次戦を迎えてくれることを祈っています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ