FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

出資馬選びの裏テーマとは?

私は、毎年出資馬検討をする時に、そのラインナップを見て裏テーマのようなものを決めています。
絶対のルールというわけではなく、なんとなくその方向性で馬選びをしていこうというものです。
一昨年は、スイープセレリタスとボンディマンシュの牝馬と牡馬のエース候補を1次で確保できたこともあり、残りはコスパを重視した馬選びをしました。
なので、残りの5頭はすべて4万円以下で選んでいます。
何年かやってみて収支を見るになかなか回収ができないこともわかり、実は少し出資額を抑えようと考えた時期でもありました。
そういうこともあり、この年は7頭確保したのにも関わらず30万円以下に収まりました。
ただ、これが実は実績面で足を引っ張ることになりました。

去年、募集馬のラインナップを見て決めた裏テーマは外国馬の解禁とダート馬です。
私はそれまでずっと持ち込みを含めて外国馬への出資をしないルールにしていました。
その大きな理由は外国馬は血統を見てもよくわからず、ロマンを感じないからです。
○○の子みたいなロマンが無いと応援するパワーが弱まる気がしたのです。
しかし、数年やってみて外国馬だろうと出資すれば愛馬としてかわいいわけでこの年から解禁したのです。
そして、この年皆さん困ったのが芝適正の牡馬が手薄だったことでした。
なので、私は今年は牡馬はダート馬中心にいこうという裏テーマを設定したのです。
ダートというのは外国馬解禁とも符号します。
スエーニョルシード(ポルケテスエーニョの17)
コバルトウィング(レースウィングの17)
トラモント(フィロンルージュの17)
の3頭の牡馬に出資しましたが露骨なまでにダート馬です。
ついでに追加募集でピラミッドムーン(シーハングザムーンの17)にも出資し、こちらも外国馬でおそらくダートでしょう。
このようにダート馬を4頭、その中で外国馬2頭と裏テーマにそった出資をすることができました。

そして、今年の裏テーマは何だったと思いますか?
今年のシルクはかなり厳しい戦いになることはわかりきっていました。
人気になりそうな馬たちは抽優馬の1頭以外は無理なこともわかっています。
そこで私が今年設定した裏テーマは種牡馬を重視しようということでした。
良い繁殖に良い種牡馬の産駒は当然人気になり高額で出資はできません。
特に今年は産駒にG1馬や重賞馬のいる繁殖の子が多く、どれも人気になっていました。
そこの戦いには参戦できないと感じたので、私は種牡馬のほうを重視したのです。
今年のシルクで出資した馬の種牡馬たちです。
ハービンジャー 牡馬
ロードカナロア 牡馬
ロードカナロア 牝馬
オルフェーブル 牡馬
ハーツクライ 牝馬
ジャスタウェイ 牡馬
Dawn Approach 牝馬
どうですか?種牡馬の字面だけ見てもすごいラインナップだと思いませんか?
ただ、逆にこれだけの一流種牡馬の産駒を私の実績で揃えられたということは、母のほうに何か問題があるということです。
まだ産駒成績が未知数であったり、産駒の結果がいまいちな繁殖の子が多いということです。
それでもアーモンドアイは繁殖成績がいまいちなフサイチパンドラの子、ブラストワンピースは未知数なツルマルワンピースの初仔でした。
種牡馬さえ一流ならこういう馬が出る可能性があるのです。

それに加えて広尾の出資馬も
キズナ 牡馬
ドゥラメンテ 牝馬
モーリス 牡馬
この10頭ともに種牡馬を見ればトップクラスのメンバーを揃えられた自信があります。
裏テーマを十分達成できたと思います。
あとは活躍してくれることを願うのみですね。

予算が無限にある方なら欲しい馬からどんどん申し込めばいいと思います。
しかし、予算も少ないし、欲しい馬もなかなか取れないという人も多いと思います。
そういう場合、募集馬のラインナップを眺めながらその年の裏テーマを決めてみたらどうでしょうか?
それは何かを諦めるということでもあります。
高額な良血馬を諦めたり、芝の牡馬を諦めたり、繁殖成績を諦めたりなど、何かを諦めて何かに特化することで自分の戦える場所を探すことに繋がるのです。
そうすることで、馬選びの方向性もできてきますし、楽しく検討できるかなと感じます。
まぁ、それで結果が出るかどうかはまた別問題ですけどね。
今年の出資馬選びもほぼ終わったので今年の裏テーマについて書いてみました。
これからまだキャロットなど控えている方も多いとは思いますが、少しでも参考になればと思います。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ
まーくさん、こんばんは☆
シルクで低予算・低実績でも人気種牡馬の馬を7頭揃えられて良かったですね。
ひとまず戦略成功じゃないでしょうか。
私は今年も苦戦しています。
シルクは完全敗北。
キャロットもバツがないので、殆ど観戦者ですし。

出資のテーマは特に決めてはいないのですが、上を狙える馬、中価格帯の馬、お安い馬、走らなさそうでも好みの馬とか万遍なく揃えています。

悩みは高額馬や、人気馬、人気種牡馬が全く走らない事。
ディープやハーツ、カナロアとか全滅ですし★
毎年4クラブで合計12頭は申し込みますが、結果は妙な種牡馬で一番安かった馬が一番活躍していたりします。
高額馬の選び方が下手すぎる(苦笑)
一口戦国時代になる前に、もうちょっと勝負しておけばよかったと後悔です。
[ 2019/08/24 01:48 ] [ 編集 ]
ぼんちゃんさん
こんにちは~
そうですね、なかなかのメンバーを頭数揃えられたのは良かったと思います。
やっぱり抽優馬が取れると全然メンバー構成の満足感が違いますね。
キャロットも今年はすごいメンバーですし争奪戦もすごそうですね。
母親優先も多く、優先権がないと厳しそうです。
私はハーツクライ産駒は結構良い結果が出ているので得意かもしれませんね。
あとは今年2頭いったカナロアに期待したいですね。
[ 2019/08/24 19:52 ] [ 編集 ]
こんばんは。
私は毎年母で選んで去年今年と抽選落ちして
その後の馬選びとして結果論的なところもあるのですが
「いろいろな種牡馬の産駒に出資する」をテーマにしています。
7世代19頭に出資して、種牡馬は18頭になります。
(キンシャサノキセキのみ2頭でディープインパクトからサウスヴィグラスからモーリスまで1頭ずつ)
1世代の頭数が少なく毎年同じ種牡馬に出資したら出資できない種牡馬が増えていってしまうので、出資したことある種牡馬とない種牡馬の2択だとない種牡馬を選んでしまいます。

来年は今年出資できなかったオルフェーヴルやハービンジャーやドゥラメンテにも出資したいですし、
新種牡馬のキタサンブラックやドレフォンが(母で選びたい馬の父として)いるので今から楽しみです。
[ 2019/08/25 00:56 ] [ 編集 ]
みゅうげさん
こんにちは~
色々な種牡馬の産駒を選ぶというのはいいですよね。
私も同じ世代ではできるだけ同じ種牡馬は避けるようにしてきましたが、最近は選べる中から申し込むしかなくなってきてしまったので、そういうこともできなくなってきました。
なので、今年もカナロア産駒2頭いきましたしね。
毎年新種牡馬も増えていくのでなかなか大変です。
私もシルクではまだなので来年以降はキズナ産駒に出資したいですね。
[ 2019/08/27 16:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ