FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

キャロット入会大作戦その1・・・シルクとの予算配分問題

キャロットの全頭レビューを終え、週末はずっとキャロットについて検討していました。

まず、入会するかどうか?です。
クラブを増やすのは簡単ですが、その分お金もかかります。
一口馬主は無理のない予算で長く続ける趣味だと思っていますので、それができるのかどうかをまず考えました。
私は現状30~35万の予算でほぼシルクのみでやっています。
広尾は無料分ですからね。
これにキャロットを加えるから予算50万にするというのは自分には難しいです。
では、シルクの予算をキャロットにまわすことになるのですが、そうなると問題になるのがシルクの実績です。
今シルクで30~35万でやっているのは、3年実績100万はそこそこ武器になると言う私の持論に基づいた戦略です。
それをシルク15万、キャロット15万にしてしまうとシルクの実績は50万にも満たず武器としては難しくなります。
なので、まず絶対に維持したいシルクの実績ラインを調べました。

私は今年のシルク1次募集で実績102万で5頭確保しました。
その中で1番実績が必要だったのはスリールドランジュの18の834,000円でした。
その前の年1番実績が必要だったのはポルケテスエーニョの17の866,000円です。
つまり、実績100万と言いつつも85万程度あれば今までの出資は可能だったわけです。
なので、シルクの3年実績の防衛ラインは90万に設定しました。
つまり年30万の予算はシルクに使うのは確定なのです。

そうなるとキャロットに回せる予算は5万円です。
まぁそこにプラスして10万円までは出せるとしましょう。
会費は別にしてキャロットに予算10万円で入会する意味があるのかどうかを考えます。
10万円ならディープ、キンカメ、超良血馬以外なら1頭は出資できる金額です。
5万前後の中価格帯なら2頭出資できます。
私はキャロットは最優先を駆使して本命1頭を取りにいくクラブだと考えています。
そうであるなら予算10万でも十分価値はありそうです。
最優先×1がある年は、ずばっと10万使って1頭取りに行けるし、そうでない時は面白そうなお手頃馬を2頭出資できます。
ディープ、キンカメ産駒が今後いなくなることも考えると10万円でも出資できそうな馬は多くなるはずです。
数年後、母親優先対象とかが出てくるとまた話は違って何頭か取りたくなるとは思いますが、だいぶ先のことなのでその時シルクがどうなっているかもわかりませんしね。

なのでキャロットに入会申し込みすることを決めました。

シルクでは実績90万を維持するため予算30万で5~7頭確保。
キャロットでは予算10万円で最優先を駆使し1~2頭確保。
これが当分の戦略となります。
もちろん、そう簡単ではありません。
シルクの抽優馬で取れるかどうかという大きな問題もあり、予算30万使いきれるだけ欲しい馬に申し込めるのかという問題があります。
そもそも、それが難しそうになってきたのでキャロット入会を考えた経緯もあります。
キャロットも最優先の使い先はもちろん、一般抽選で当たるかどうかの運要素も大きく、多めに申し込んで当たりすぎたり全部外れたりなど読めない部分も多いです。
それでも2つのクラブを併用することで補えると思います。
今年はキャロットで×1がないからシルクで多めに取ろうとか、シルクで全然取れなかったからキャロットの一般多めにしようなど臨機応変にできるのです。
これが最大のメリットかもしれません。

私はずっとシルク一筋で一口馬主とこのブログを運営してきました。
ただ、今年の1次募集を経て、本当に馬選びに苦労したのは正直な感想です。
シルクの馬が大活躍し会員も増え、実績も上がり、大半が1次満口になり、通常募集でほぼ全完売する中で戦いのは本当に厳しいです。
抽優馬は別にしても私の実績では最初から申し込み対象外の馬があまりに多く、それを除いた中からそれなりの頭数を確保しようと思うと本当に難しかったです。
なので、今回キャロットをサブとして1~2頭こちらで確保するために入会を申し込みました。
これでシルク75頭の中から7頭前後出資するというものから、シルクとキャロット合わせて150頭の中から7頭前後出資するという形にかなり選択肢も広がります。
馬選びの力もより試させるでしょう。
今はとてもわくわくしています。
もちろん、今後もシルク中心であることは変わりません。
ブログの内容もシルク中心なのは変わりませんが、少しキャロットの情報や分析、出資馬の話が加わっていくかもしれませんね。

ってゆうかそもそも入会できるんでしょうかね?
既に入会申し込みは発送していますし、念のため速達にしました。
あとは新規で馬が取れるのかどうかですが、馬選びについてはまた次回書こうと思います。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/09/09 12:00 ] キャロットクラブ | TB(0) | CM(8)
キャロット
まーくさん、こんにちは☆
クラブ掛け持ちのメリットはおっしゃる通りだと思います。
それに多数クラブ掛け持ち、始めてしまうと案外苦ではありませんよ。

最初は確かに赤字から始まりますが、私みたいに馬選び下手でも4クラブ掛け持ちで1世代1ダースぐらい出資していて、年間で全ての収入と支出の差額が毎年プラス20万円〜マイナス20万円前後で収まってます。
一口馬主通帳での大雑把管理ですけど。

活躍馬がでなければ出ないで出資金額を抑えたり、重賞勝てなくてもコツコツが多いので案外思った以上に収入ありますし。
馬選びが上手な人なら全てのクラブで上手に活躍馬ピックされてますし、2・3年で軌道にのればなんてことないです。

ただキャロットは戦略とか選び方のセンスはシルク以上にすごく問われると思います。
シルクは実績ないとある意味まな板の鯉状態ですが、キャロットは何年かに一度は人気の欲しい馬取れるので。。。
私はその戦略が全くダメで、シルク以上にキャロットは苦労しています。

それでもキャロットの悪い世代は他のクラブがカヴァーしてくれたり、その逆もたまにはあったりでなんとかやっていってます。
そろそろクラブ数は減らしていきたいとは思いつつ、シルク・キャロット共に激戦で思う程取れず、どうしても他で補充してしまうんですけどね。

牝馬選びがお上手なまーくさんなら残り物の不人気馬からでも、そこそこの馬選べると思いますし、キャロットでの馬選び楽しみにしています。
[ 2019/09/09 13:26 ] [ 編集 ]
おめでとうございます
まーく様
 キャロット入会おめでとうございます。
シルクの場合は満口しなかった馬で頭数調整できましたが、どうやらキャロットは1.5次が終了した時点ではロクな馬が残っていないようです。
となると最初から一般抽選はある程度広く網を掛けないといけません。
さすれば毎年○頭と云うよりも、数年間で頭数及び予算を管理しないといけないような気がします。
[ 2019/09/09 13:59 ] [ 編集 ]
ぼんちゃんさん
こんにちは~
私は基本的には節約家なのでどうしても会費が余計にかかるのが嫌で、そのお金で安い馬もう1頭出資したほうがいいという考えでした。
ただ、その安い馬もう1頭がシルクではもうできなくなってきたのでどうしようもないですね。
おっしゃる通りキャロットの×付きの最優先は強い権利ですので、確実に取れる中での馬選びは実力が試させますよね。
シルクなら人気で実績で取れなかったと言い訳ができた部分でもあります。
私も今回は不人気気味の牝馬を中心に申し込んだのですが、中間発表も出る前に発送しなければならず票読みがかなり難しかったですね。
1頭でも出資して会員になれるかかなり微妙かもしれません。
[ 2019/09/09 21:00 ] [ 編集 ]
ヒロさん
こんにちは~
まだ入会できていませんので、おめでとうは早いかもです。
確かに1次から一般抽選含めて絨毯爆撃が激しそうですね。
今年の新規は本当に厳しそうです。
もう少し申し込んでおけば良かったなぁ。
中間発表前に発送しないと間に合わないので本当に難しいですね。
無事入会できるののかかなり不安ですね。
[ 2019/09/09 21:02 ] [ 編集 ]
言いたかった事は
こんばんは☆
確かに会費はもったいないと思われがちですが軌道に乗ってくれば、会費・維持費込みでも毎月収支プラマイゼロでいけるので、外から思う程負担は少ないと言いたかったのでした。

毎月がトントンで、確定申告の戻りや年次分配や精算金の分で次の世代に出資している感じで、今は殆ど金銭的負担を感じずやれてます。
シルクがまだ実績制でもなく活躍馬の居ない時代に入会したので、私は他にクラブを広げてしまいましたが、最初から実績制だったらシルクだけでドーンと実績積みにいったかもしれません。

キャロットは私も今年は方針転換で安めの牝馬多めに申し込むと思います。
牡馬選びの方が得意ですが、どうも馬代金が上がり過ぎで仮に人気馬が取れても旨味が少ないように思うからです。
牝馬見る目なく、やっぱり最初気に入った牡馬にしておけば良かった〜になるかもですが(^^;;
[ 2019/09/10 00:19 ] [ 編集 ]
まーくさん、おはようございます^^

ついにまーくさんもキャロット入会ですか( ゚Д゚)
僕も去年のシルクドラフトを経て、これはまずいぞということで長年我慢してきたキャロ入会を決意したわけですが、想像以上に厳しかったです(*´Д`)
一次抽選はできるだけ人気のないところかつ母優先非対象馬に行きましたが、それでもはねられました( ;∀;)
そうなると1.5次で残った馬の中から選ぶしかありません(*´з`)
僕はシルクで実績もありませんし、今年は唯一獲れたパーフェクトマッチまでが取り下げになり、出資ゼロになってしまったので、徐々にキャロに軸足を移行していく予定でおります('◇')ゞ
[ 2019/09/10 11:28 ] [ 編集 ]
ぼんちゃんさん
こんにちは~
会費含めてもプラマイゼロというのは理想的ですね。
私も儲からなくてもいいから赤字が減ってくれれば長く一口馬主も楽しめそうです。
私も最初はやっぱり牝馬中心に選んでいきたいですね。
牝馬が得意というのもあるかもしれませんが、やっぱり母親優先権もいつか手にしてみたいですしね。
[ 2019/09/11 14:09 ] [ 編集 ]
レプティリアさん
こんにちは~
そうですね、レプティリアさんの去年入会も見てましたので私も続けたらと思います。
パーフェクトマッチは本当に残念でした。
こればかりはなかなかわからないですし、抽優馬でせっかく取れたのにという思いもありますよね。
こうやって出資0の年があると実績ではかなり厳しくなりますし、キャロットに軸足をうつすのもしょうがないですよね。
[ 2019/09/11 14:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ