FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

愛馬のレースを毎週楽しむのに必要な出資頭数とは?

一口馬主の楽しみはなんと言っても愛馬が出走するレースを見ることです。
一口馬主をやっていると毎週愛馬のレースを見たくなってくるものですよね。
では、毎週愛馬が出走してくれるにはどれくらいの頭数が必要なのでしょうか?
単純な疑問で皆さん興味があるところだとは思いますが、意外と計算が大変でやってみると難しいです。
まず、色々な設定を決めなければなりません。

こちらが毎年7頭出資したケースの仮想出走回数です。

2歳馬 7頭(3歳デビュー2頭) 5頭×2走 合計10走 
3歳馬 7頭 勝ちあがれず3頭×3走 勝ち上がり4頭(故障1頭) 3頭×5走+1頭×2走 9+15+2 合計26走  
4歳馬 4頭 3頭×6走 故障1頭×3走 18+3 合計21走 
5歳馬 4頭 2頭×6走 故障1頭×3走 途中引退1頭×3 12+3+3 合計18走
6歳馬 3頭 1頭×5走 故障1頭×2走 牝馬途中引退1頭×2走 5+2+2 合計9走
7歳馬 2頭 1頭×5走 故障1頭×2走 5+2 合計7走
合計で年間91走

2歳馬はデビュー時期にもよるので難しいのですが平均2回出走とします。
また、2頭は故障や成長遅れで3歳デビューとしました。

3歳馬は7頭中4頭が勝ちあがると仮定しましたので勝ち上がり率は50%以上で高めです。
3歳馬の平均出走回数は5回としました。
そのうち1頭は故障で半年休みました。

4歳馬は平均出走回数を6回としました。
そのうち1頭は故障で半年休みました。

5歳馬は平均出走回数を6回としました。
そのうち1頭は故障または能力不足で途中引退としました。
そのうち1頭は故障で半年休みました。

6歳馬は平均出走回数を5回としました。
そのうち1頭は牝馬で引退規定により途中引退としました。
そのうち1頭は故障で半年休みました。

7歳馬は平均出走回数を5回としました。
そのうち1頭は故障で半年休みました。
8歳になる前に全頭引退しました。


この想定で年間91走できます。
年間約52週なので52走すれば計算上は毎週出走してくれることになります。
ただ、実際は偏りも大きいので実感としてはこれでは全然足りません。
ある週に3頭出走したらその後2週間出走がない計算なので、これでは毎週の実感はわきませんからね。
この年間7頭というのは私の現在の出資頭数に近いのですが、これくらい走ってくれると毎週愛馬が出走することが多いです。
もちろん、勝ち上がり率や故障が大きく関係するのでこのモデルケースのようにもなかなかいきませんけどね。
それでも故障や引退など現実的な要素を結構加味して出した数字なので大きく外れてはいないと思いますね。

なので、私の結論としては年間6~8頭くらい出資すると愛馬が毎週レースに出走して楽しめるかなと思います。
愛馬に毎週出走してほしいなぁと思ってる人はこれくらいの頭数を目安にしてみるといいかもしれません。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/10/01 18:05 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ