FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

今週の一口馬主&競馬ニュース(1月3週)

1、アドマイヤの馬に武豊が騎乗
このニュースが1番驚きました。
競馬ファンなら誰もがビックリしたでしょうね。
セレクトセールで5億8千万円のアドマイヤビルゴに武騎手が乗るそうです。
アドマイヤの近藤オーナーと武騎手とは以前は蜜月の関係でダービーも勝ちました。
しかし、アドマイヤオーラをダービー直前に乗り代わりとなり関係は破綻しました。
理由はアドマイヤムーンの香港での敗戦だったとも言われていますが、武騎手もこういう乗り代わりは初めてで屈辱だったと思います。
その後、12年間、抽選馬を除いて乗ることはありませんでした。
今回、近藤オーナーが亡くなり実現したわけですが、生前からこの馬には武騎手に乗ってもらいたいと言っていたそうです。
近藤オーナーとしても関係修復をしたかったんだと思います。
生きている間に実現はできませんでしたが、喜んでおられると思います。
そして、それを引き受けた武騎手の男気も立派ですね。


2、新しい海外G1デー、サウジカップ
日本馬の海外挑戦は、ドバイ、香港、そして最近はオーストラリアが主流です。
そこに新しいサウジカップが新設され加わりそうです。
賞金総額21億円のサウジカップと5つのG1が同日に開催されます。
既に日本馬もかなり登録していますね。
シルクのベイサイドブルーも登録していて少し驚きです。
まだ1勝馬ですからね。
まぁ、選択肢が色々増えるのは良いことなのでどういう馬が出走しどういう結果になるのか楽しみですね。


3、シルク最高額馬モーソンピークに暗雲
シルクの一口30万、総額1億5000万のモーソンピークが厳しくなりました。
調教中に鼻出血をしてしまい、肺からの出血も確認されたようです。
鼻出血は人間なら鼻血でそこまで大事にはなりません。
しかし、馬は鼻でしか呼吸ができないので競争に大きく影響すると言われています。
しかも、肺からとなると治るのに最低でも1ヶ月、再発も多いといわれています。
なので、レース中に肺から鼻出血をすると強制的に出走制限をされてしまうほどです。
まずはじっくり休ませて治すしかありませんので、復帰は夏になりそうですね。
これでクラシックは難しくなりましたので、とにかく再発しないようにじっくり休ませてから勝ち上がらせたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ