FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

ヴァンクールシルク17戦目、やはり調子がいまいち

2020.02.10 レース結果

 2/8(土)東京10R 箱根特別〔芝2,400m・11頭〕7着[7人気]

まずまずのスタートから無理せず、道中は中団からレースを進めます。4コーナーで外を回り、直線では脚を伸ばそうとしたものの、残り200mを切ったあたりで脚色が鈍り、7着に敗れています。

丸山元気騎手「スタートは出ているのですが、行き脚が付きませんでしたし、他馬の方が速いので、あの位置からの競馬になりました。道中の手応えは良かったですし、勝負どころでは勝ち馬を上手く閉じ込められるくらい良い感じで運ぶことが出来ましたね。ただ、直線では一瞬脚を使ってくれたのですが、それが長続きせず最後はジリジリとした脚色になってしまいました。脚質的に直線の長い東京よりは、小回りの競馬場の方が向いていそうな印象を受けました」

木村哲也調教師「調教を重ねていくに連れて、体調は徐々に上向いてきていましたし、直線では一瞬伸びてくれそうな感じに見えましたが、途中から脚色が鈍ってしまいました。最後はガス欠してしまったような格好でしたし、まだ内面が整い切っていなかったのかもしれません。この後はトレセンに戻ってからの状態を見て、どうするか決めさせていただきたいと思いますが、一旦牧場に戻して仕切り直した方が良いかもしれません」


調教の動きがいまいちだったので、今回は厳しいのではないかと思っていたのですが案の定でしたね。
切れ味のある馬ではないので、前目でレースができないと勝負になりません。
最近、出資馬に丸山騎手が乗ることが多いのですが、毎回馬なりで馬の特色に合った乗り方をしてくれないので不満ですね。
関東の上位騎手が怪我で不在なのが響いてる気がします。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ