FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

ポレンティア3戦目、不完全燃焼の激しい接触

2020.03.23 レース結果

 3/20(金)中山11R フラワーカップ(GⅢ)〔芝1,800m・14頭〕7着[6人気]

五分のスタートから、道中は先団グループで競馬をします。そのままの位置で直線へ向くと、他馬との接触があるなど力を出し切れず、2度目の重賞挑戦は7着で終えています。

田中博康調教師「まずまずスタートは切れましたし、道中は良いところに付けてくれたと思います。しかし、3コーナーあたりから内にモタれてしまった上に、直線ではショウナンハレルヤとの接触がありました。かなり激しく何度も当てられましたし、あの不利さえ無ければ掲示板まではあったと思うだけに、スムーズな競馬が出来なかったことが悔やまれます。騎乗した池添騎手は『道中はリズム良く運べたと思いますが、1コーナーあたりからタイトな競馬になっていたので、少しストレスを感じながら走っていたのかもしれません。その影響で、3コーナー付近では苦しくてモタれていたのかなと思います。何より直線に入ったところで何度もぶつけられる不利があり、ジリジリと脚を使うこの馬にとって、加速するところで1度ブレーキを掛ける形になるとさすがに厳しいですね。不完全燃焼な競馬になってしまい、申し訳ございませんでした』と話していました。消耗戦に加えて接触がありましたので、レース後の馬体が心配でしたが、今のところ目立った外傷等はありません。しかし、筋肉系に疲労が溜まっていると思いますし、トレセンに戻ってからよく確認しておきます」


いやぁ、こんなレースになるとは思いもしませんでした。
直線で何度も接触しかなり激しいレースとなり全然力を発揮できませんでしたね。
1頭分のスペースを2頭で奪い合うような形となり相手の馬は激しい接触で失速し終わってしまいましたし、こちらもあれでは伸びるわけもなく本当に残念でした。
レース前は張り切って勝つ理由を14個も提示したわけですが、こういうレースになると勝ち負け云々ではありませんね。
レース後の状態がずっと心配だったのですが、打撲はあるものの大きな心配はなさそうでほっとしました。
これで、しばらくお休みでしょうし桜花賞はもちろん、オークスも難しくなりそうですね。
少し休んで秋華賞を目指せるようなローテを考えてもらえるとうれしいですね。
ポールヴァンドルやスイープセレリタスのように、まずは1勝クラスを勝ってから紫苑やローズで権利取りみたいな流れにもってきたいですね。
まだまだ成長の余地の大きい馬なので、こうなった以上は春は無理はさせずに秋を目標に頑張ってもらいたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ