FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

シルクの抽優馬を上手に使った馬ランキング

今のシルクは会員数もかなり増え、実績も青天井になりつつあります。
そんな中で重要なのが抽優馬です。
誰にでも1頭はチャンスがあるわけで、平等ですが使い道の難しい権利です。
かなり綿密な票読みと運が必要です。
抽優馬の使い方はもちろん人それぞれですが大きくわけて3パターンあります。
1、1番欲しい馬に使う
2、欲しい馬の中で抽優馬を使えばある程度の確率で取れそうな馬に使う
3、欲しい馬の中で抽優馬を使えばほぼ確実にとれる馬に使う

私は2のパターン。
欲しい馬の中で実績では難しい馬の中から抽優馬を使えば50%以上は取れるだろう馬に勝負する感じですね。
ただ、低中実績の方にとっては1頭でも確実に取りたいと思いますので3が理想だと思います。
と言うわけで今年、最も抽優馬を上手に使えた馬をランク付けしていきたいと思います。
あくまでも私の勝手な基準による勝手なランク付けなので遊び企画だと思ってください。

まずは、今回企画の抽優馬の上手な使い方の基準を作りました。
「実績100万以上必要だったのに抽優馬を使えば100%取れた馬」
これが今回の対象馬です。
実績100万円のラインと抽優馬だけで200口埋まるラインってかなり似ています。
つまり、実績100万円もないのに抽優馬を使えば取れたというのはかなりお得な馬になるわけです。

まずはその基準をクリアした馬をピックアップします。
13.ルシルクの19 1,172 207* 1,810,000
14.ハイドバウンドの19 1,142 206* 1,090,000
24.サマーハの19 967 180 1,054,000
27.ラトーナの19 969 84 1,014,000
39.ジャポニカーラの19 1,320 223* 1,468,000 
47.プチノワールの19 832 78 1,064,000
50.アドマイヤテレサの19 1,105 163 1,122,000
51.プリティカリーナの19 1,130 159 1,826,000 
67.メリーウィドウの19 1,254 175 1,346,000
68.エレンウィルモットの19 879 82 1,010,000
72.バシマーの19 997 125 1,414,000
まずは、これらの馬に抽優馬を使って獲得された方は個人的にお上手だと感じます。
ここから順位をつけるわけですが、抽優馬で200口に全然届かない馬は一般でもチャンスがあったので少し下がります。
あとは必要実績は高ければ高いほどやっぱり価値がでますよね。
その他もろもろ加味していきます。

1位、ルシルクの19 
1,172 207* 1,810,000
この馬は、抽優馬だけで200口を超えており、本来抽選ですが実績の兼ね合いもあり抽優馬を使えば確実に取れました。
それくらいギリギリだったというのは高評価です。
そして、必要実績も180万とかなり高額でこんな実績には全然届かないという人が抽優馬を使えば100%取れたという意味では今回の企画にぴったりな馬になります。
もっと深堀すると、この馬は1回目の中間発表では名前がなく、そこから急激に穴人気していきました。
ネットケイバのアクセスでも5位くらいまでいっていた気がします。
それくらい急に人気の上がった馬であり、シルクの人気繁殖で種牡馬もドゥラメンテとくればこの馬に抽優馬を使って確実に取れた人は、お見事といったところですね。


2位、ジャポニカーラの19 
1,320 223* 1,468,000
この馬は、私がカタログ見た段階で掘り出し物だと感じた馬でした。
しかし、最初の中間発表から名前が出てしまい早々と諦めました。
最後の中間発表でも抽優馬が167口と既に200に迫っていましたね。
ただ、そこから最終まで60口くらいしか増えておらず、なんと抽優馬で確定の馬となりました。
まぁ、価格の安い馬なので、そういう馬に抽優馬を使うほどなのかという気持ちの方もいたかもしれませんね。
実績も146万も必要でしたし、お上手な抽優馬となったと思います。


3位、ハイドバウンドの19
 1,142 206* 1,090,000
この馬も1回目の中間発表で名前が出なかったあたりから注目が上がっていきましたね。
ネットケイバでも上位にくるようになりました。
同じドゥラメンテ牝馬なのでルシルクとどっちにしようかなという感じだったかもしれません。
抽優馬だけで200口を超えている中で抽優馬で確定だったのでお買い得でしたね。
必要実績はそこまで上がりませんでしたが、それでも100万超えているので十分でしょう。


結局、抽優馬だけで200口は越えているけど実績の関係で抽優馬使えば確実に取れたという3頭になりました。
こういう馬に抽優馬を使って取れると、してやったりという気持ちになりますよね。
この3頭を見てもジャポニカーラは最初から人気も最後はそこまで伸びなかったパターン。
あとの2頭は、最初は人気なかったものの最後に伸びてきたパターン。
色々と票読みの難しさを感じますよね。
来年もしっかり票読みをして抽優馬を有効に使っていきたいですね。
とにかく、抽優馬を使って当選された方はおめでとうございます!


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



過去の2年は2で行って失敗したので、今年は3で行くことを決めていました。
最後ハイドバウンド、グリューネワルト、ヒッピーで悩んでより取りやすいハイドパウンドにして良かったと思います。
マークさんのお上手ランキングに入れていただき光栄です。
私は実績では1頭たりとも取れないので、来年から徹底して3方式で1頭確保を目指したいと思います。
[ 2020/08/16 18:27 ] [ 編集 ]
ハイドバウンドを抽優で取れました。
当初、シャクンタラーへの抽優を考えていたのですが、抽優抽選になりそうだったので、ハイドバウンドに変更。
140〜150口程度の抽優数と想定していたのですが、ギリギリの数まで増えてしまい肝を冷やしました。
他は6頭に申し込みましたが、満口にならなかった1頭以外は一般抽選落ちでした。
実績が無いとほんと厳しい。通常募集でもある程度馬を選べた2017年が懐かしいです。
[ 2020/08/17 01:01 ] [ 編集 ]
こんばんは。
ジャポニカーラは私は中間票数見て申し込みませんでしたが、超超低予算の会員さん(毎年最安値の1頭に抽優使って終わりの人を知っています)にとっては願ってもない馬だったでしょうから抽優抽選にならなくて良かったです。

私は抽優馬の選び方断然の1ですね(;^_^A
3年連続でこの馬が来たら抽優!と当歳から決めていた馬に行き、
そのうち去年だけは翌年(今年)に今年の抽優馬にした馬が来たら3年連続落選になる可能性があるから変えようと2の馬にして80%以上を落としました。
本当に来年は1の条件で申し込んだらその馬が3の条件で取れたという結果が欲しいです。
[ 2020/08/17 21:05 ] [ 編集 ]
優優さん
ある程度に実績になるまでは3が有効ですよね。
下手したら1頭も取れないなんてことになりかねませんので、まずは確実に1頭ほしいところです。
あとは活躍してくれることを願うのみですね。
[ 2020/08/21 19:46 ] [ 編集 ]
ともさん
おめでとうございます。
私もアドマイヤテレサが取れるか心配だったのでハイドバウンドも申し込んでおこうか最後まで迷ったのですが、結局申し込んでいてもどちらも実績届きませんでしたね。
様子見って言葉はもう完全に死語になりましたね。
[ 2020/08/21 19:48 ] [ 編集 ]
みゅうげさん
こんにちは~
確かに1と3が両立できたら最高ですね。
1でいくのはやっぱり落選確率も高いので勝負になりますが、取れたら最高でしょうからね。
私は来年は3よりの2になりそうですね。
[ 2020/08/21 19:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ