まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ジェイポップ7戦目は初めて見せてくれた微かな光

ジェイポップ
京都2R 3歳未勝利・ダート1800m 7着

小牧騎手は「これまで先行して終いの脚が使えていなかったので、今回は脚を溜めて徐々に仕掛けていきました。まだ走る気が競馬に向いていないところがあるので、気持ちと走りが結び付けば走ってくると思いますよ」と話していました。

急な連闘で望んだ7戦目です。
これまでの成績は10着、9着、14着、13着、18着、12着・・・
しかも、ここ2戦はタイムオーバーを含む最下位です。
初めて感じたある意味悲しい覚悟。
しかし、吉田先生はここで連闘を選択しました。
そして、芝の長距離を諦めダートに戻しました。
結果のでない馬を色々試してくれるのは本当に有難いです。
先生の思いが強くこの馬はこの条件だと思い込んでその条件でしか使ってくれない先生もいます。
そういう意味では、こうやって結果もでない中いろいろ試してくれることに感謝しました。
そして、騎手は小牧騎手を手配。
2戦連続最下位の期待のできない馬には贅沢な騎手かもしれません。

ここ数戦、終いの脚がないので最初から押していって先行するレースをしました。
その結果、コーナーあたりでもう力尽きて下がって終わりというレースでした。
小牧騎手は、それを見て今回は後ろからのレースを試してくれました。
スタートからかなり後方をずっと進みます。
その後、かなり早めに押して押して前にもっていきました。
全然違うレース展開とは言え、いつもはズルズル下がっていくあたりでガンガン前に進んでいく様子は感動さえ覚えました。
結果的には、かなり早めから動いたこともあり、直線では伸びきれず、それでも下がるわけではなく粘りこみ7着と健闘してくれました。
たかが7着と思う人がほとんどでしょう。
しかし、ジェイポップにとって初めての入着でした。
そして、微かではありますが光が見えた気がしました。
この条件でこういうレースを続けることができれば、もしかしたら・・・?
まだまだ勝ち上がりは見えませんが、次は掲示板、次は連帯と一歩一歩なんとか進んでいってほしいです。
全くの暗闇にほんのわずかに見えた光、私にとってその光は愛おしく思えました。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ