FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

ダービーを振り返って

ダービーが終わった。
結果はドゥラメンテの圧勝だった。
リアルスティールから買っている自分はまさかの4着でハズレとなった。
1頭1頭寸評までしたわけで、ハズレた以上言い訳も書こうと思う。

◎リアルスティール(4着)・・騎乗に関して賛否があるようだが、ドゥラメンテの後ろにつけたのは評価できる。前にいけば皐月と同じになるのは明白なわけで後ろから勝ちにいったのは作戦だろう。ただ4着まで負けるとは思わなかった。

○サトノクラウン(3着)・・スタートが悪く後ろからの競馬。それでも最後は良い脚を使っており、上がりは最速。距離は持つなぁという印象。菊は可能性ありそう。

○ドゥラメンテ(1着)・・怪物であることは認めていたが、欠点もあるということで少し評価を下げたが、実際はそんな欠点など見当たらない完璧なレースだった。レース前かなり発汗していたのが気になったが問題なかったようだ。この馬は今後数年日本競馬のトップとしてひっぱっていくだろう。

○キタサンブラック(14着)・・58秒台のハイペースで先行したため最後は失速した。この馬のレースはできたろうと思う。

△サトノラーゼン(2着)・・思っていた以上に強かった。インコースを上手に裁いて伸びてきた。今後強くなりそう。
△タンタアレグリア(7着)・・直線一瞬見せ場を作るも伸び切れなかった。実力はある。
△ポルトドートウィユ(12着)・・スタート悪く最後方。ハイペースで出番があるかと思いきや思ったより伸びず。
△レーヴミストラル(9着)・・まぁやはり皐月組との差を感じた。
△ミュゼエイリアン(10着)・・予想通り横典が逃げた。ハイペースだったので失速するも結構10着はすごいかも。
△アダムスブリッジ(17着)・・まだダービー出走レベルではなかった。

ダービーも終わり、これで一区切りとなりました。
メインの一口馬主も1年ということになります。
一口馬主の1年って未勝利戦が終わるまでとも思うけど、やっぱり2歳戦が始まる時から次の2歳戦の始まりまでが1年でしょうかね。
そう考えるとこれで1年なので、一口馬主の1年目のまとめを書こうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/06/01 09:26 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ