まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

名牝ビワハイジの孫ロッテンマイヤー初戦からあるぞ

ロッテンマイヤー[父 クロフネ : 母 アーデルハイト]
  ロッテンマイヤー
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 6日にCWコースで追い切り
次走予定:京都1月10日 牝馬限定戦・芝1800m[シェーン・フォーリー]

池添学調教師「今朝(6日)、CWコースで追い切りを行いました。速い時計はもう必要ないと思っていたので、あまり走らない併走馬と3頭併せで行いました。後方から追走させて直線に入って併走する形でしたが、馬なりでスッと抜き去るのですから、かなりのものですよ。騎乗していた大下騎手も『文句をつける所がないぐらい言うことありません』と抜群の感触だったようなので、初戦から良い競馬をしてくれると思います。ここをあっさり勝つようであれば十分クラシックを意識できると思うので、どの様な競馬をしてくれるかとても楽しみにしています」

調教タイム
ロッテンマイヤー
 大 下 1. 6CW良 87.2- 69.9- 54.5- 40.4- 12.7[6]馬なり余力
  ピサノブギーナイツ(新馬)馬なりの内を0.5秒追走クビ先着

2頭出しのフェアリーSはもちろん楽しみですが、今週は2頭の新馬戦があります。
やはり新馬戦のわくわく感と不安感は独特のものがありますね。
ロッテンマイヤーはシルクの中でも調教の進んだ組にいましたが骨折してしまい、ここまでデビューが遅れました。
しかし、この時期にデビューできるなら問題ありませんね。
しかも、近況では好コメントが続出しており、これはいきなりの新馬勝ちを期待せずにはいられません。
おいおい、クードラパンにアルジャンテ、そしてロッテンマイアーと桜花賞に3頭出しかよ!みたいな展開を夢みております。
もちろん、そこまで期待するには理由もあり、調教のすばらしさはもちろん、あの名牝ビワハイジの孫という血統背景もあります。
満を持してのデビュー戦ですが、牝馬限定戦狙いが多かったのか、なんと登録は30頭もいました。
しかし、その抽選を突破してのデビュー戦、しかも強そうなディープ産駒は逆に落選と強運をいきなり発揮しております。
いやぁ、これは本当に楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ