まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク愛が馬券を狂わせる

今年も馬券は重賞くらいしか買っていないのですが、明らかにおかしな傾向が顕著に表れてきていました。

・中山金杯・・・○ブライトエンブレム6着、▲ライズトゥフェイム4着
・シンザン記念・・・◎アストラエンブレム4着
・フェアリーS・・・◎クードラパン4着、▲アルジャンテ8着
・AJCC・・・◎ライズトゥフェイム11着
・東京新聞杯・・・▲グランシルク10着
・クイーンC・・・◎ロッテンマイヤー3着
・ダイヤモンドS・・・◎モンドインテロ6着
・京都牝馬S・・・▲スナッチマインド4着

これを見てもらっても明白ですよね。
シルクの馬に強い印をつける確率はかなり高いのです。
まぁ、出資馬はもちろんとしてもそれ以外でも本命などにしてるケースが多々あります。
そして、1番の驚きはこれだけ今年重賞に出てるのに馬券に絡んでるのはロッテンマイヤーの3着だけだということです。
どの馬も、大本命とまではいきませんがそれなりに上位人気になった馬ばかりです。
それなのに、こんだけ馬券に絡んでいないということは当然私の馬券の収支が良い訳がありません。

私は、シルクにしか加入していませんので当然シルクの馬は応援しています。
しかし、それと馬券は別だとも思っています。
なのに、なぜこんなにシルクの馬に印を打ってしまうのでしょうか?
1番は、シルクの馬の出走レースを特に良く見てるということです。
平場は馬券も買わないので、シルクの馬、武豊の馬、ブログ仲間の出資馬を中心に応援しつつレースを見ています。
そうやって、よく見ているがゆえ、レースの印象が強く、実際よりも強く感じてしまっているのではないかと気づきました。
特に今日の重賞2レースに出たモンドインテロもスナッチマインドも条件戦を勝ったばかりで、そこまで信頼できる馬ではありませんでした。
しかし、勝ち方をしっかり頭に残っているために実際以上の能力に感じて印を打っているのかもしれません。
また、これらの馬が私の好きなオッズ範囲になることが多いというのもあります。
1~2倍代くらいの大本命や50倍以上の大穴はあんまり好きではないのですが、4~20倍くらいの馬が好きで狙いたくなるのは昔からの傾向です。
シルクの馬はそこらの範囲に入ることが多いのです。
それでも、シルクの馬が頑張って馬券に絡んでくれているなら全然問題ないのです。
むしろ、会員で良かったとすら思うでしょう。
しかし、これだけ結果が出ないと今後は割り引く必要性を感じました。
今後はシルクが重賞に出てきたらより客観視するように注意します。
そして、印を外したらきっとシルク馬が馬券に絡み始めるのでしょう。
馬券なんてそんなもんです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/02/21 04:12 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ