まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

今年のシルクは牝馬クラシック戦線が大充実

今年のシルクの3歳馬は特に牝馬の活躍が目立ちますね。
クラシックのトライアルも始まっていますが、続々とシルクの牝馬が登場します。

3月12日 OPアネモネS・・・アルジャンテ、ソーディヴァイン
3月13日 G2フィリーズレビュー・・・クードラパン
3月21日 G3フラワーカップ・・・シャクンタラー
4月10日 OP忘れな草賞・・・ロッテンマイヤー、ブレッシングテレサ、カサロサーダ
4月24日 G2フローラS・・・アグレアーブル

これらは現時点での予定の一部なので両睨みなどももちろんあります。
まぁ、それでもこれだけ次々にチャレンジできるのは楽しいですね。
ただ、やっぱりレースが被るのあまりうれしくありません。
これだけいるとかぶらないほうが無理でしょうけど。

そして、声を大にして言いたいのは、ここの出ている牝馬たちは全頭が1次で売れ残った馬だという事実。
一次で満口になって抽選にかかったなどの人気ではなかったということです。
シルクは人気と活躍が比例しないことを改めて実感しますね。
もちろん、一次満口の人気馬たちも桜花賞は間に合わなくてもオークス、秋華賞にチャンレジできる可能性は十分あります。
パーシーズベストやシンシアズブレスなど人気があって惜しくもまだ勝ちあがれていない馬たちにもチャンスはあります。
今年のシルクの3歳馬は本当に牝馬が充実していますね。
もちろん、このリストにある自分の愛馬3頭も活躍を期待していますので、今年は毎週が楽しみでしょうがありません。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/03/03 19:19 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(2)
いよいよ、来週ですね
まーくさん、こんにちは。

いよいよ、忘れな草賞、来週ですね。

個人的には、人生初の新馬勝ちしたブレッシングテレサには、どうしても過度な期待をしてしまいます。が、除外の可能性があります。

同じシルクのロッテンマイヤーとはあたりたくなかったですが、OPとなるとしょうがいないですね。ロッテンマイヤーは、重賞であのメジャーエンブレムの3着馬ですので、相当、期待は高いと思います。

メジャーエンブレムについてですが、桜花賞は別にして(笑)、個人的な見解ですが、2才時から、男馬?と見間違えるような馬体をしていて度肝を抜かれたウォッカにも似ている雰囲気があるのと、母方に、オペラハウス × Rainbow Quest と濃厚な血があるので、父譲りで2500mまでこなしそうな気がします。定石で血統的に考えると、オークスで対等してくる有力馬は、やはり、チューリップ賞組のシンハライト 、ジュエラー、あたりかなと思っています。

こういったメンバーを見ていると、堅実に自己条件を走り、来年に備えた方がいいと思ってしまいますが、それでもやはり、一生に一度のクラシック出走・・・を想うと、やっぱり、出走して欲しい、出してあげたいと思いは、全てのオーナー様に通ずるのかなぁと想います。

シルク馬、がんばって欲しいですね。
[ 2016/04/01 06:18 ] [ 編集 ]
ロンリーロードさん
こんにちは~
忘れな草賞は重賞ではありませんが、重賞くらいに楽しみにしてます。
ブレッシングテレサと対決になってしまいますが、どちらにしても楽しみですね。
ロッテンマイヤーは私にとっても牝馬の3頭の最後の頼みの綱なのでなんとかオークスに出てほしいです。
メジャーエンブレムは基本的にはマイルまでだとは思いますが、3歳牝馬のこの時期はどの馬にも2400はきつかったりするので、通用しちゃったりするのも過去の例からありますのでこなしそうですね。
[ 2016/04/02 04:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ