まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ゼーヴィントになぜ出資できなかったのか?

シルク募集馬で活躍した馬をなぜ出資できなかったのか、どうすれば出資できたのかを検証する第3弾です。
アルーアキャロル、グレンツェントに続き3頭目が昨日重賞制覇をしたゼーヴィントです。
まずは、ゼーヴィントに出資された方、本当におめでとうございます。
シルクにとっても今年の重賞初勝利ですし、重賞でなかなか結果の出なかったシルクの悪い空気を振り払ってくれるような快勝でしたね。

そんなゼーヴィントですが、この馬も売れ残っていた馬でした。
こうやって取り上げる馬は売れ残り馬ばかりです。
なので、人気で抽選で落ちたなども無く、出資しようと思えば誰でも出資できた馬になります。
自分の見る目さえあれば重賞馬に出資できたのです。
この馬が売り切れたのは2015年の3月21日。
ディープインパクト産駒の牡馬なのにだいぶ残ってましたね。
天栄ツアー前に売り切れた感じでしょうか。
私も自分のブログでゼーヴィントで検索してみたのですが、ほとんど何も書いていません。
それくらい興味を持っていなかった馬だということです。

この馬が売れ残っていた理由は大きく2点あると思います。
1、母シルキーラグーンの成績がぱっとしないこと
母シルキーラグーンは、ノーザン提携後も元シルクの馬で繁殖として頑張っている3頭のうちの1頭です。
後の2頭は、シルクプリマドンナとシルクユニバーサルです。
シルキーラグーンは現役時代オープンまでいった短距離馬ですが産駒の成績はぱっとしませんでした。
ただ、シルクの阿部社長のこの馬への思い入れはかなり強く、募集馬検討会でもこの繁殖の子をいつも強く推薦しています。
その思いの強さから、最高ランクの種牡馬であるディープインパクトまでもつけられることになりこの子が生まれました。
それまでの産駒成績は、一つ上のザイティックメアが1勝して勝ちあがってる程度であり強調材料はありません。
ザイティックメアはその後もう一勝し活躍していますが、この募集検討時はまだ一勝でした。
そんな繁殖成績の子にディープ産駒とは言え一口10万はなかなか出せないというのが売れ残った理由の一つでしょう。

2、馬体が物足りないこと
ディープの産駒は総じてそういう傾向もあるのですが、遅生まれのせいもありこじんまりとしていて迫力もなく物足りない馬体でした。
特にここが悪いという部分はないのですが、ここがすばらしいという部分も感じません。
売り切れた3月の画像を見ても確かに募集時よりはいいけど、すばらしい馬体だとも思えません。
事実、この馬は11月の新馬戦では4番人気で7着に負けています。
デビューの段階になってもそこまでじゃなかったという証拠でもあります。
次も3番人気の6着と結果が出ず、私はこの妹のラグナアズーラの出資検討をやめたのもこの理由でした。
ゼーヴィントが良くなってきたのは今年の3月の3戦目からです。
つまり、募集時の段階で馬体だけではなかなか難しかったということです。


では、どうすればこの馬に出資できたのでしょうか?
おそらく答えは、今だけを見ないで未来を見れるかどうか?
将来こう成長していくだろうという未来の予想図を描けるかどうか。
つまり、遅生まれだったこの馬の成長に賭けれた人が出資できたのだと思います。
これが安い馬だったらまだしも10万円ですからなかなか難しいところです。
それでも、私は同じような時期に同じディープ産駒のアルジャンテに出資してるわけで金額はそこまで関係なかったかもしれません。
あの時点のゼーヴィントには、今ようなすばらしい走りをする重賞を勝つような能力を見抜けなかったのです。

後は、血統面から見抜けた人もいるかもいれません。
パシフィックプリンセスの子パシフィカスがナリタブライアンなどを出し、パシフィックプリンセス系の繁殖が多く輸入されました。
その中には、あのキズナの母もいます。
パシフィカスといえば、シルクが過去に提携していた早田牧場の流れ。
その子から生まれたのがラストインパクトです。
このパシフィックプリンセス系の繁殖が、シルキーラグーンでありシルクユニバーサルなのです。
旧シルク時代から財産とも言えます。
その繁殖とディープインパクトの相性が抜群にいいのです。
シルクユニバーサル×ディープインパクト=モンドインテロ(オープン)
スペリオルパール ×ディープインパクト=ラストインパクト(重賞3勝)
シルキーラグーン×ディープインパクト=ゼーヴィント(重賞1勝)
キャットクイル×ディープインパクト=キズナ(ダービー馬)
血統表を見れば、この母たちの母系に必ずパシフィックプリンセスがいます。
こうやって血統面から見ると勝負できたかもしれません。
実は、シルキーラグーンはゼーヴィントの後はハーツクライ、ダイワメジャーとつけられています。
ただその後、もう一度ディープインパクトがつけられて牡馬が生まれたそうです。
当然シルクで募集されると思います。
来年の募集ではかなり人気になりそうですね。

まぁ、結論としましては、出資できなかったことにはそれなりの理由があったし、出資できるとすれば成長力の期待と血統の相性を重視する必要があった。
来年、全弟がいるので、再チャレンジしたい人は可能性がありますということです。
ゼーヴィントは、この秋も楽しみなので是非もっともっと活躍してシルクの代表馬になってほしいですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
つまらなかった方は逆にクリックしないようお願いします。
ランキング等関係ありませんが今後の参考にさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/07/04 07:55 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(4)
一口って難しいですね
まーくさん、こんばんは。

分析、大変参考になります。
牝系主義者の高柳さんだったら、この活躍想像できたかもです(笑)

私は、ナリタブライアン/ビワハヤヒデが大好きだったので、パシフィカスの血が入っている「アムールスキー」「スペリオルラスター」「ヴァールハイト」に出資した側面もあります。

同じサンデー系兄弟が走ってなくても、ディープインパクト産駒だけ走るってよくありますよね。やはり種牡馬としては異常な程の成績ですね。今年は、牝馬でも7万円代では買えなそうです。

昨年から、サンデー,社台,G1,キャロなど出資できないクラブ以外は、まんべんなく、一口の馬を見るようにしました(出資するとクラブ会費が痛いですが)

ディープインパクト産駒だとロードでは「レディアルバローザ'15(牝)」が4,860万円(¥97,200)です。シルク同様、クラブの看板繁殖牝馬として期待されているようです。2016年まで全て、ディープインパクつけています。

今年はロードが、募集時期を400/500口クラブの一番手に出たのが、出資検討者としては、相当きついです。(東サラは7/25,シルクは遅過ぎです)
ロードは、先んじてロードカナロア産駒を売りたいんだと思います。

今年の新種牡馬(ロードカナロア,オルフェーブルetc) 色々と楽しみです。
[ 2016/07/06 02:53 ] [ 編集 ]
ロンリーロードさん
こんにちは~
パシフィカスの血は早田牧場からの流れなので貴重な財産ですよね。
ディープの牝馬は3000万台でサンデー社台にもいたので、安くて7万円くらいでしょうね。
ロードは、ロードカナロア産駒が大量にいますね。
まぁ、クラブ出身の超大物なので当然でしょうね。
シルクもラストインパクトはたぶん種牡馬入りすると思うので、シルクで募集されると思いますよ。そんなに種付け数は期待できませんが、シルクフェイマス産駒のフェイマスエンドみたく活躍してくれるとクラブとしては活性化しますね。
[ 2016/07/07 09:35 ] [ 編集 ]
まーくさん、こんにちわ(*^^*)
こんにちわ(*^^*)とても興味深く読ませて頂きました。
自分はゼーヴィントとアルジャンテに一口いってるんですがこの2頭とも血統は良いのになかなか満口にならなかったですね(^_^;)
確かに遅生まれで小さいってなかなか手が出せないですよね(^_^;)
でも自分は基本カタログに出るときはまだ小さい子を選びます。50~70㎏位の肉付けをカタログに書いてバランスの良い子を選ぶようにしてます。
因みに今年は、ん、去年って言った方が良いのかな(^_^;)インシュラーを選びました!
皆さん、色々選び方があって面白いですね(*^.^*)
[ 2016/07/08 14:42 ] [ 編集 ]
ミッチーさん
こんにちは~
カタログ時からデビュー時までの半年くらいで全然馬体は変わってしまいますので、しっかりとどういう成長をするかを描けるとゼーヴィントみたいな馬に出資できるんでしょうね。
私はまだまだ未熟なので、見た時に大きくてムキムキしてると良い馬に見えてしまいます。
インシュラーは、シルクはマンカフェ産駒がよく走るので当たりかもしれませんね。
[ 2016/07/09 17:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ