まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク馬(ラバピエス)、注目馬のデビュー戦レビュー

中京5Rの伝説の新馬戦については待ちきれずに先に書いてしまったのでそちらをご覧ください。
http://reinedebriller.blog.fc2.com/blog-entry-577.html

【シルク馬】
・ラバピエス・・・4人5着
調教がかなり良かったので、シルクの2歳勝ちあがり1番乗りはこの馬かと期待して見ていました。
しかし、結果は案外でしたね。
タートルボウル産駒は、今までもう何頭かデビューし勝った馬や3着以内にきてる馬もいてまずまずです。
その馬はみんな芝で走っています。
ラバピエスが初めてのダートでした。
そう考えると産駒傾向としては芝向きなのかなとも思います。
まぁ、現状2歳戦は芝ばっかりなので芝で走ってるのが多いのは当然のことなんで、まだ判断できませんけどね。
少し成長待ちするようなので次に期待ですね。

【期待馬】
・ラーナアズーラ・・・3人1着
シルク会員ならこの馬を見て、あれ?ってなりませんか?
私はシルク馬がいきなり出走したのかと一瞬思いました。
シルクの2歳馬は、「ラグナアズーラ」でした。
一文字違いですが、文字の響きも一緒なのでこれは混同しちゃいそうです。
しかも勝ち上がったので長い付き合いになるかもしれませんし、同じレースに出る可能性もあります。
期待馬とは少し違いますが気になったので取り上げました。

・マイネルザウバァ・・・2人1着
マイネル関係の馬が1,2,3でした。
昔は2歳戦はマイネルの独壇場でしたが、最近ではノーザン系も早期デビューするのでそこまで目立ちません。
それでも、やっぱり2歳戦は強いなぁと感じましたね。
この馬はスクリーンヒーロー産駒ということもあり、日高の目玉種牡馬なので今後も楽しみです。

・ニシノオウカン・・・2人1着
こういうレビューをしていてこの馬を取り上げないようだと底が浅いといわれるでしょうね。
今2歳戦で話題沸騰のリーチザクラウン産駒です。
なんともう3頭も勝ち上がっています。
この世代全部で中央30頭くらいしかいませんし、繁殖のレベルも高くありませんのでこれは驚異的な数字です。
その産駒も見てもらえばわかりますが、「ニシノ」「セイウン」の冠の馬ばかりです。
リーチザクラウンは、重賞馬でありながら現役時代に馬主が変わるという珍しいケースでした。
元の馬主さんが、ニシノの西山さんに売却したのです。
売却されてからのリーチザクラウンは成績もぱっとせずに引退になりました。
ただ、そこで幸運だったのには西山さんが種牡馬にしたことです。
G1も勝っていませんし、種牡馬入りできるかは微妙な成績でしたがそれでも種牡馬にしました。
当然、繁殖はそんなに集まりませんが、西山さんが自らいっぱい集めて産駒を誕生させました。
それが今デビューし活躍しているのです。
ざっと書いただけですが、こういう部分を少し知識に入れて競馬を見るとより楽しくなると思います。
リーチザクラウンはおそらく、来年あたり種付けも増えると思います。
スペシャルウィークはブエナビスタやシーザリオなど牝馬の大物産駒はいましたが、牡馬には後継種牡馬になれるような馬はなかなかいませんでした。
これでリーチザクラウンが後継種牡馬として人気になってくれるとスペシャルウィークのラインも繋がって夢がありますよね。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ