まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

セレクトセール2日目と全体の感想(シルク最後に落札)

セレクトセールの二日目は当歳馬のセリになります。
まだ、産まれて3ヶ月そこらの子馬なので母親と一緒に出てきますのでかわいいですね。
そして、はっきり言えるのはこんな子馬の段階で馬体も何もわからないだろうということです。
ほぼ血統のみで先物買いする感じなんでしょうね。
注目のクラブ落札ですが、なんとセールの最後の最後でシルクが落札しましたよ。
ウルトラブレンドの2016でロードカナロア産駒の牡馬です。
3600万で母はアメリカ11勝のG1馬ですね。
意外と良い買い物の気がしますが、募集価格は4500万、一口9万ってところでしょうか。
キャロットも1頭落札してますね。
ネオイリュージョンの2016をセレクトセールでは破格の安さ600万で落としました。
セリで人気のないワークフォース産駒ですが、母はキャロット馬だったんですね。
そう考えると、別にセリに出さないでノーザンから募集馬として提供してもらえばいいのに、一度セリに出して落札するのは何でなのでしょうか?
それはシルクにも言えることなんですが、ノーザンから馬を提供してもらってるクラブがセリでノーザンの馬を買うことの意味がよくわからないのです。
この馬は、クラブには出さないけどどうしても欲しかったら自分たちで競り落としなさいってことなんですかね?
ノルマンディーもカグラの2016というマンカフェ産駒を落札しました。
次に気になったことを列挙していきます。

サトノの里見さんが高額馬を落札しまくり。
サトノダイヤモンドの弟を最高額の28000万で落札しました。
まぁ、これはみんな想定していたことでしょうね。
もう一頭最高額のイルーシヴウェーヴの2016も28000万で落札しています。
イルーシヴウェーヴと言えば、14年がフランケル産駒でシルクで3000万募集。
15年が昨日のセリでディープ産駒牝馬でキャロットが5400万で落札。
そう考えると当歳がずば抜けて高いわけですが、昨日のキャロットの落札がかなりお得にも感じます。

馬主さんで言うとトーセンの島川さんは高額馬を買いまくることで有名です。
しかし、昨日の1歳馬は1頭も買いませんでした。
ただ、今日の当歳ではカンビーナの2016を23000万で落札し健在をアピールしましたね。
他にもお手頃な馬を数頭買いました。
島川さんはトーセンファントム産駒など自家生産にシフトしているのでこの傾向は去年も見られました。

あと個人的に少し気になるのは山本オーナーです。
スピルバーグやペルーサの馬主さんで高額落札でも有名でした。
ただ、今年は1頭も買っていません。
たしか去年も買ってません。
山本オーナーは、東サラの実質オーナーでもあります。
本業のパチンコ会社フィールズの決算もあまり良くないようですので購入を控えているのかもしれませんが、そうなると東サラ大丈夫かな?とも思うわけです。
まぁ、今年の募集馬はもう発表されているのですぐにどうこうはないと思いますが、あまり馬主の情熱や資金が無くなってきているようにも思います。
ただ、去年も東サラのブログでセールの批判も書いてましたので、セレクトセールそのものに嫌気がさしたのかもしれません。

馬主さん話はこれくらいにして馬の話にうつります。
ジャスタウェイ産駒がこの世代から登場しましたが、価格はなかなか高評価でしたね。
アドマイヤテレサの2016なんて14000万もいきました。
初年度産駒から1億越えなんてそうそうないでしょう。
しかも、アドマイヤテレサの子はシルクで募集されることの多い繁殖で、その子が1億越えるんですからね。
まぁ、落札したのがアドマイヤの近藤氏なのでアドマイヤラクティの弟ですし納得かもしれません。

全体的な傾向としてはルーラーシップがかなり人気だということです。
今日も8000万、7000万くらいの落札がありましたしセリの勢いがあります。
バイラオーラの14に出資する時にも書きましたが、今後価格も上がりそうですし、募集されてもかなり人気になりそうです。
出資しておいて良かったと思いましたね。
意外なところでは、ヘニーヒューズ産駒が人気が高いです。
アジアエキスプレスやモーニンの活躍があるからでしょうね。
価格がものすごいいくわけではありませんが、セリの勢いがある種牡馬でした。
ブラックタイド産駒なんかも6000万とか4000万いく馬もいてキタサンブラック効果を感じます。
やっぱり1頭でも活躍馬が出ると印象がガラっと変わるんでしょうね。

ここでセレクトセールに対する私なりの流れを書いてみたいと思います。
セレクトセールはディープインパクトやキングカメハメハなど超一流馬をセリで買える大事な手段でした。
しかし、その流れを変える出来事がありました。
アドマイヤムーンがいきなり海外のゴドルフィンに売却されたのです。
活躍したら海外に売られるようなことが頻繁に起こっては社台ノーザン側としても困るわけです。
なので、期待の高い馬はみんなクラブに回されるようになりました。
それが今のサンデーやキャロットの馬の大活躍に繋がります。
クラブの馬はこちらが自由にできますし、引退後どうするかも決めることができ勝手に売られる心配もありません。
ただ、それには当然馬主さんから不満も出てきます。
金子さんは一時あまり高額馬を買わなくなりましたし、山本さんがセレクトセールで買わなくなったのもこれが一因かもしれません。
島川さんが当歳しか買わないのも、まだ馬体で良し悪しの判別のつきにくい当歳なら逆にノーザン側も見抜けないので大物がいるかもという考えかもしれません。
ただ、今年は過去最高の売却額になったそうです。
金子さんも高額馬をバンバン買っていました。
そういう意味では、一時期の不信感を脱却し、またセールに良い馬が出てくるようになったのかもしれません。
もしくは、単にお金持ちのみなさんの景気がいいだけなのかもしれませんけどね。
まぁ、このようにクラブ馬の活躍とセレクトセールにも関わりがあるのです。

このように単なる馬のセリですが、価格面の楽しみもありますが、それ以外の背景もちょっと考えると面白いかなと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/07/12 20:07 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(2)
セレクトセールの中継
まーくさん、こんばんは。

セレクトセールの中継があるんですね!知りませんでした。
貴重な情報ありがとうございます。

ジャスタウェイは好きな方だったので、産駒1頭は欲しいです。
ヘニーヒューズ産駒は、 ロード 2016募集、フェリス'16 を1次で行きました(10%還元ポイント欲しかったので)。余裕で余ると思います(笑)

フランケル産駒は、欧州で凄いみたいですね! 新馬7頭出走で6頭勝ち上がり、1頭が2着。日本じゃ考えられないファーストサイヤー成績です。
[ 2016/07/17 22:03 ] [ 編集 ]
ロンリーロードさん
こんばんは~
セレクトセールや明日あすセレクションセールも中継がありますよ。意外と見てて面白いです。
ヘニーヒューズは結構人気出そうですね。芝でもダートでもいけそうですし。
フランケルは日本ではどうでしょうかね?欧州血統な気がします。
[ 2016/07/18 23:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ