まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

今週末の重賞予想(函館記念)

・函館記念
◎レッドレイヴン・・・前走巴賞を完勝し、ここでも文句なしで上位。同じローテで去年は5着だったが、今年は3着は外さないだろう。
○トーセンレーヴ・・・ここでは実績上位。近走負けてるが距離が不適だったし戦ってる相手が違いすぎる。
▲ネオリアリズム・・・前走負けたアルバートドッグ、ダコールは先週も重賞勝ち負け。そうなればこの馬の力は信頼できる。
△マテンロウボス・・・巴賞2着でまだ余裕があったので上位に評価。
×4,6,10,11,15,16
函館(日) 11R 3連複 フォーメーション
馬1:03
馬2:02,03,05,12
馬3:02,03,04,05,06,10,11,12,15,16

毎年だけど難解なレース。ヒモまで考えると3着以内ならなんだってありえそうに思えるので広く買った。
巴賞の勝ち馬は成績が良くないというデータもあるらしいが、ではなぜなのか?と言われると根拠が薄い。
中1週が厳しいと言うわりに、勝ち馬以外の巴賞組の成績は良かったりする。
そういう、よくわからない根拠の薄いデータは採用しない。
大事にしたいのは洋芝適正と格。
例えばダービーフィズなんか近走見ればとてもじゃないが買えたもんじゃないが、去年の勝ち馬で札幌記念も3着だったことを考えるとここでいきなり好走もあるので絶対に切れない。
トーセンレーヴなんて前走最下位だけど、そもそも有馬2500とか春天3200になぜ出してるのかわからないくらい距離が合わない。少し前までマイルばっかり出てたわけで、今回の2000ならぎりぎり適正距離に戻ったと言える。
トップハンデだが、4走前のディセンバーSは59キロでも勝ってるので57,5なら問題無し。
レッドレイヴン以外の巴賞組だけど2着マテンロウボス、3着ツクバアズマオー、4着フェイマスエンドはレース内容、着差、格的にも同じレベルの馬。
この3頭は消すなら3頭とも、入れるなら3頭とも入れなければ辻褄が合わない。なので、今回は3頭とも入れた。
人気の一角バイガエシはあまり評価しなかった。確かに前走強かったがしょせん1000万条件である。
これが1600万条件勝ったならまだ少し考えるがここまで飛び級して通用するほどだとは思えないので押さえまで。
マイネルミラノは、力はあるが逃げ馬なので信頼できる馬ではないのでこちらも押さえまで。
また、消した馬でも怖いのはいる。
マイネルフロストだって力的には来てもおかしくないし、トゥインクルなんかもスタミナ勝負になれば一発ありうるかもしれない。
どちらにしても、難解で人気も割れてるので当たるかどうかはわからないけど三連複は万馬券になる気がします。
当たれば万馬券だと思って広めに買うのがいいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/07/17 06:43 ] 今週末の重賞予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ