まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ジュメイラリーフの5戦目の闘い

2016/07/25 <レース結果>
ジュメイラリーフ  
7/23(土)中京6R 3歳未勝利[D1,900m・14頭]10着[7人気]
外に寄れ気味のスタートとなり、行き脚も一息で道中は後方3番手あたりを追走、3コーナー手前から促して前を窺い、直線では外目からこの馬なりに差を詰めましたが、中団まで押し上げたところでゴールしています。

松田大作騎手「追い切りに跨らせていただき、22日にもゲート練習で感触を確認していたのですが、実際競馬に向かうとかなり気の悪いところを見せてしまいました。返し馬の段階からハミを嫌ってスムーズに行えませんでしたし、ゲート内からソワソワして集中力を欠いていました。出は悪くなかったものの、前に進んで行く気持ちがなく、こちらが促して気持ちを乗せようとしても全くハミを取ってくれませんでした。こちらが必死に気持ちを引き出そうとしても、嫌なことを覚えてしまったことで、前向きさが無くなってしまっていますから、そのあたりが改善しないと厳しいですね。上手く乗ることが出来ず申し訳ありませんでした」

松田国英調教師「追い切りであれだけしっかり走れるのに、実戦に行くと気の悪いところを見せてしまいます。今回は少しでも気持ちが前向きになるようにチークピーシズを着用してレースに臨みましたが、全く良いところがありませんでした。乗り役の話でも、気持ちが完全に止めてしまう方に向いていますから、このまま厩舎で調整するよりは短期でもリフレッシュさせないと同じ結果になってしまいますので、一旦放牧に出して小倉開催に間に合う様に立て直してもらおうと思います。ただ立て直すだけでは同じ結果になってしまうでしょうから、次走はブリンカーを試すことを検討しています。トレセンに戻って状態を確認してからノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきます」



正直困ってしまいました。
競馬って馬の能力だけじゃなくて馬の内面も重要なんだと改めて思い知らされます。
調教ではこんなところで二桁着順をとるような馬ではありません。
しかし、レースになるとやる気がなくなってしまうようです。
まぁ、実際は能力不足での大敗だけど、コメントでは気持ちの面が敗因と言ったりすることはあるのですが、この馬に関してはハミを取ってくれないという事実があるので間違いなく内面の問題でしょうね。
もう時間がありません。
これが2歳馬のこの時期なら、こっからじっくり立て直したいところですが3歳馬ですからあと1ヶ月の勝負です。
レースに出れるのはあと1回。
そこで入着できればもう1回。
個人的には、そこで無理でも諦めたくない馬です。
地方に出してもダートでいけるので戻ってこれるでしょうし、個人的には障害なんかもチャレンジさせてみたい馬です。
そういう方向になるためにも次が勝負。
芝ももっかい試してもらいたいですが、芝もなかなか出れませんし、本当に困りました。
この馬がこんなに未勝利で苦しむとは思いませんでした。
スペリオルラスターの時を思い出します。
勝ち上がってくれさえすれば、じっくり体も心も鍛えて絶対に少しづつでも上に上がっていける馬です。
なんとか松国先生お願いします!
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ