まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ジュメイラリーフは一発勝負に賭ける大決断!

2016/08/26 <調教タイム>
ジュメイラリーフ  
調教師 8.26栗坂良 64.4- 46.0- 29.2- 13.9 馬なり余力   
メイクグローリー(二未勝)馬なりを0.1秒追走0.1秒先着

2016/08/25 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 24日にCWコースで追い切り
次走予定:阪神9月10,11日 ダート1800mの番組

西村調教師「自ら跨って角馬場で感触を確かめてみましたが、前輪駆動の走りが強く、突っ張ったようにドタドタと走っていますから、正直芝よりはダートでこその馬だと感じました。芝2600mだと中谷騎手が乗れないようですし、違う騎手で未知な番組に出走させるより、ここに来て気持ちが走る方に向きつつあるので、もう少し時間を掛けてフォーム修正を行っていきたい気持ちがあります。出走回数はこれまで5走しかしておらず、次開催のスーパー未勝利に出走する権利がありますから、ここは覚悟を決めて1本で行きたいと思います。その間にフォーム修正・ゲート練習など時間もしっかり取れますので、何とか結果を出せるように頑張りたいと思います」




先日、大絶賛した西村調教師ですが、褒めた1つの理由だった芝を試すのをやめて、なんとレースそのものを2週も遅らせるという大決断をしました。
つまり、スーパー未勝利の一発勝負に賭けることになったのです。
確かにこの時期に最後、未知の部分に賭けるというのはかなり冒険でもあります。
スペリオルラスターなんかも、この時期になってダートを初めて試してみて惨敗し、そのまま終わってしまいました。
芝だったらまだまだ可能性があったかもしれませんが、その時はダートを試してみるのも良いと思ったし向いているとさえ思っていました。
そういう意味で、今まで3着という結果のあるダートで勝負することを選択し、そのレースを万全にするために一発勝負になってもレースを遅らせて調整するというのは肝がすわっていますね。
何より気になったのが、調教タイムの情報の騎乗者のところに「調教師」とかかれていることです。
大抵は、助手か騎手名が書かれています。
調教師自ら調教をつけている証であり、滅多にみない記載です。
試しに調べてみましたが、グランドサッシュの調教で調教師という文字があったくらいで、後は見当たりませんでした。
自分で乗って調教をつけて、適正を判断し、その上でまだレースに出すには修正点があるので遅らせるという、ここまでやってくれたら何の文句もありません。
こんな時期にいきなり転厩してきて、もしかしたら一戦こっきりの付き合いになるかもしれないような馬にここまで情熱を捧げてくれるなら感謝しかありません。
そして、もし勝てなくても、2着3着で惜しかったら地方から出直しもありうるような気もしています。
転厩させたということはシルクとしても能力は感じているんでしょうし、先生もやる気があるので、地方から出直しも含めた転厩だとすれば、これだけやる気を見せてくれることにも繋がってるかもしれません。
とにかく西村先生にすべてお任せするしかありませんのでよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ