まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

最も残念な結末

最後のスーパー未勝利戦で一変して過去最高の走りで3着に入ってくれたジュメイラリーフですが、続戦の方向にいくと思いきや急転直下の引退となってしまいました。
そろそろ、地方移籍からの再出発の近況でも出るかなとワクワクして見ていたのですが、そこにあったのは非常な引退の文字。
なんと、レース後の脚元の疲れが屈腱炎とのことで、さすがにそれが完治するまでは待ってくれるはずもなく引退となりました。
あんなに人も馬も頑張って繋がった未来がこんなにあっけなく閉じてしまうなんて本当に残念です。

2016/09/14 <近況>
ジュメイラリーフ
在厩場所:栗東トレセン 
15日に競走馬登録を抹消
調教内容:軽め調整
次走予定:未定

西村調教師「レース内容から500万クラスでも十分やれると思っていたのですが、トレセンに戻って状態を確認したところ、右前の裏筋がモヤっとしていたので、改めて14日にエコー検査を撮ってもらった結果、残念ながら浅屈腱炎の診断でした。この短期間でやれることはやったつもりでしたが、馬自身もそれに応えてくれて本当に最後まで諦めずによく頑張ってくれたと思います。結果を出すことが出来ず申し訳ありませんでした」

屈腱炎の状態が良化するにはかなりの時間を要する可能性が高く、再発の可能性も高いことから、これまでの経緯も踏まえ、今後について協議した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。15日に抹消の手続きが取られ、今後は乗馬となる予定です。



ここ最近、出資馬の連勝もあり、2歳馬もまずまずの滑り出しと良いことが続いていましたが、それをすべて帳消しにするくらいのショックです。
地方で勝ち上がって戻ってきたことのことばかり考えていました。
ダートはもちろんですが、戻ってきたら芝を試す機会も十分ありますし、障害に挑戦することだって可能でした。
私の1番の期待馬のロッテンマイヤーも屈腱炎になってしまい、今度はやっとのことでチャンスを掴んだジュメイラリーフまでも屈腱炎とは本当に落ち込みます。
ってゆうかくっけんえんの文字が変換で出なくて辞書登録なんてしたい言葉じゃないのに、しなきゃならないことにすらイライラしています。
せっかく幸運にも良い馬に出資できたり、せっかくみんなが頑張ってくれて報われるかと思ったりしても、一気に真っ暗になってしまう一口馬主はほんとうに厳しい趣味ですね。
正直モチベーションがかなり下がりました。
本当に一口馬主は良いことが続きません。
シルクの募集開始も近いですが、正直新規の方には一口馬主はおすすめしませんよ。
大半の方のブログが良い話が3割、悪い話が7割くらいだと思いますよ。
それくらい順調にいかないし、思うようにならないのが競馬なんでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ