まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク馬(ナイトバナレット)、注目馬のデビュー戦レビュー

シルクの募集馬選びやツアーなど色々あったせいか、先々週のデビュー戦を振り返っていないことに気づきました。
もう結構忘れちゃってますので、簡単にします。
先週は逆にシルク馬のデビューもなく、注目馬もサトノアーサーくらいだったので省略します。

【シルク馬】
・ナイトバナレット・・3人4着
こんなすごいメンバーが揃ったレースにわざわざ出すのはどうかなぁと思っていましたが、そんなメンバーのレースで出遅れたら万事休すですね。
それでもコーナーでエアに並びかけたあたりは、おっと思われる見せ場もありました。
最後は自力の差が出て4着でしたが、勝ち上がりなどを心配するレベルの馬ではありませんね。
早めに勝ち上がって上を目指したい一頭です。

【注目馬】
・エアウィンザー・・1人2着
かなり期待していたPOGでも指名しましたが、やっぱり兄のエアスピネルを思わせる内容でした。
やっぱり、ディープ産駒には1歩及ばないのか・・・と感じさせる最後の負け方。
能力はあるし重賞は取るかもしれませんが、G1では何か足りないという感じになりそうです。

・ムーヴザワールド・・2人1着
私のような貧乏人には、こういうサンデーの高額馬って絶対手が届かない存在だし、反骨精神みたいなものもあって負けたら気分がすっきりするみたいなところがあるのが正直な気持ちです。
それでも、やっぱり勝つんですよね。
仕上げ途上でもしっかり勝ちきるんです。
来年のクラシックにも出てきそうな一頭です。

・ミスエルテ・・1人1着
もったままの圧勝でした。
先日、凱旋門賞でマカヒキが惨敗しました。
そして、日本で種牡馬入りしている凱旋門賞馬の成績はいまいち結果が出ていません。
それを見てもやっぱり適正が全然違うんだと思います。
そういう意味で、1,2,3着を達成したガリレオ産駒でもあるフランケル。
そのフランケル産駒であるこのミスエルテなんかが将来、凱旋門賞に挑戦するなんてのが1番可能性があるのかもしれません。
ただ、それで勝っても日本馬の名誉になるのかはわかりませんけどね。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ