まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

もしシルクがキャロットのような最優先制度だったら

シルクの制度に色々な不満があるのは確かですし、シルクの運営もわかっているようです。
ツアーの2次会のレポなどでそういう話をしたという記事も見かけました。
ただ、キャロットの制度が最高かと言えば私はそうとも思えません。
キャロットは、1~2年かけてでも絶対に欲しい1頭を確実に手に入れる制度です。
逆に言えば、あれもこれも欲しいなぁということができません。
シルクは、実績を積めばある程度取れるが、後は抽選の運頼みな制度です。
実績がなければ運だけの勝負で抽選で0頭になる可能性も十分にあります。
0頭もあるけど、2~3頭とれる可能性もありうまくいけば欲しい馬が複数取れます。

では、キャロットの最優先制度をシルクでやったらどうなるでしょうか?
わかりやすく母親優先制度、実績制度は無くします。
ただ、あくまで仮定であり、どの馬に最優先はどれくらいいくかなどわかるわけもないので申込み数から想像します。

まずは、私の今年の申込み結果はどうなったでしょうか?
○出資確定、△抽選次第、×出資できず

・今年のシルクの実際の結果(実績約80万)
○キラーグレイシスの15・・・満口にならず確定
×プリティカリーナの15・・・抽選落選
×サマーハの15・・・抽選落選
○バグダッドカフェの15・・・満口ならず確定
×ピラミマの15・・・抽選落選
○ウーマンシークレットの15・・・実績により確定
○ウインフロレゾンの15・・・実績により確定
○ラッドルチェンドの15・・・抽選で当選

・これがキャロットだったら(×無し最優先しかない、最優先はプリティカリーナに使用)
○キラーグレイシスの15・・・満口にならず確定
○プリティカリーナの15・・・最優先使用で出資確定
×サマーハの15・・・最優先内での抽選により参加できず
○バグダッドカフェの15・・・満口ならず確定
×ピラミマの15・・・最優先×2内での抽選により参加できず
△ウーマンシークレットの15・・・最優先確定、一般で抽選
△ウインフロレゾンの15・・・最優先確定、一般で抽選
×ラッドルチェンドの15・・・最優先内での抽選により参加できず

こんな感じになるでしょうね。
違いをまとめると、サマーハ、ピラミマ、ラッドルは最優先を使っていないので最初から当選確率は0になります。
その代わり、最優先を使ったプリティカリーナに確実に出資できました。
後は、実績制度はないので、実績で取れた2頭も抽選になり不確定になりました。


次の例を考えます。
実績はないが運よく抽選でたくさん当選した場合。
ある方の実際の当落の結果を少し修正してわかりやすくしてあります。
・シルクの制度の場合(実績0円とします)
○モシーンの15・・・抽選で当選
○ユキチャンの15・・・抽選で当選
○ルシルクの15・・・抽選で当選
○メジロフランシスの15・・・抽選で当選
×トゥハーモニーの15・・・抽選で落選
×サロミナの15・・・抽選で落選
×ピラミマの15・・・抽選で落選

・これがキャロットだったら(×無し最優先しかない、最優先はユキチャンに使用)
×モシーンの15・・・最優先内での抽選により参加できず
○ユキチャンの15・・・最優先使用で出資確定
△ルシルクの15・・・最優先確定、一般で抽選
△メジロフランシスの15・・・最優先確定、一般で抽選
×トゥハーモニーの15・・・最優先内での抽選により参加できず
×サロミナの15・・・最優先×1内での抽選により参加できず
×ピラミマの15・・・最優先×2内での抽選により参加できず

シルクの制度では幸運にも人気どころを抽選で複数ゲットできました。
しかし、キャロットの制度だと最優先のユキチャンは確実にゲットできたものの他はほぼチャンスすらありませんでした。


次の例を考えます。
なかなかの高い実績があったので実績でたくさん確保した場合。
ある方の実際の当落の結果を少し修正してわかりやすくしてあります。
・シルクの制度の場合(実績200万円とします)
○プリティカリーナの15・・・実績により確定
○サマーハの15・・・抽選で当選
○ユキチャンの15・・・実績により確定
○プチノワールの15・・・実績により確定
○サロミマの15・・・抽選で当選
×ピラミマの15・・・抽選で落選
○ウーマンシークレットの15・・・実績により確定
○マザーロシアの15・・・満口ならず確定

・これがキャロットだったら(×2最優先所持、最優先はピラミマに使用)
△プリティカリーナの15・・・最優先確定、一般で抽選
×サマーハの15・・・最優先内での抽選により参加できず
△ユキチャンの15・・・最優先確定、一般で抽選
△プチノワールの15・・・最優先確定、一般で抽選
×サロミマの15・・・最優先内での抽選により参加できず
△ピラミマの15・・・最優先×2内での抽選
△ウーマンシークレットの15・・・最優先確定、一般で抽選
○マザーロシアの15・・・満口ならず確定

×2の最優先を使ってやっとピラミマの争奪戦に参加できましたが、抽選次第ばかりになりました。
実績制度の強さを感じます。


最後の例を考えます。
実績もあまりなく抽選でも全部落選した場合。
ある方の実際の当落の結果を少し修正してわかりやすくしてあります。
・シルクの制度の場合(実績30万円とします)
×ブラックエンブレムの15・・・抽選で落選
×サマーハの15・・・抽選で落選
×ピラミマの15・・・抽選で落選
×レーヴドスカーの15・・・抽選で落選
×モシーンの15・・・抽選で落選
×リビアーモの15・・・抽選で落選

・これがキャロットだったら(×無し最優先しかない、最優先はブラックエンブレムに使用)
○ブラックエンブレムの15・・・最優先確定、一般で抽選
×サマーハの15・・・最優先内での抽選により参加できず
×ピラミマの15・・・最優先内での抽選により参加できず
×レーヴドスカーの15・・・最優先内での抽選により参加できず
×モシーンの15・・・最優先内での抽選により参加できず
×リビアーモの15・・・最優先内での抽選により参加できず

このパターンは結構いそうな気がします。
まだ実績があまりないので、人気どころをたくさん申し込んでどれか抽選で当たれ!と思ったけど全部外れたというケース。
もちろん、このパターンで抽選でどれかに当たったという人も多いとは思います。
これが、キャロットなら最優先でどれかにチャンスが生まれます。
ただ、今回はブラックエンブレムにしたので確定にしましたが、他ですと最優先内で抽選ということになり、結局全滅もありえます。


どうでしょうか?
色々なケースで最優先を導入したらどうなるかをやってみました。
どちらも一長一短があり、どちらが優れているとも思いませんし、劣っているとも思いません。
その人の予算とスタイルによるのかなと思います。
私は、それなりに頭数が欲しいタイプなのでキャロットでは厳しいです。
欲しい馬を複数取れるチャンスがないからです。
逆に、1頭でもいいから欲しい馬を確実に取りたいならやはりキャロットになります。
それでも、キャロットに比べてシルクに不満が多い気がします。
その大きな理由はシルクにはチャンスがありすぎるからだと思います。

シルクは全頭チャンスがあるだけに、申込みが多くなり、その分落選も増えて不満が大きくなるのです。
すごくいっぱい落選した気分になりますので腹が立ちます。
キャロットは最優先があり母親優先もあるので、もう中間発表くらいの段階で無理な馬がたくさん出てきます。
無理な馬には申し込みませんので、落選も減ります。
でも、実際は申込みすらしても無駄な時点で落選と同じなのです。
結果は同じでも気分が違うのです。

そして、最後にシルクには抽選の公平性の問題があります。
新規優遇などの問題もあり、信頼感がありません。
すべての根源はこの信頼性なのかもしれません。
新規を優遇するのは、まだまだ会員のほしいクラブとして理解できます。
そうであるなら、抽選200口のうち30口は新規にあてますなど明言してしまえばいいのです。
そのあたりに改善点があるかもしれません。

どちらにしても制度の問題、信頼の問題あると思いますが、完璧で誰の不満もないやり方って難しいなぁと思います。
あとは、少しでも不満の少ない自分にあったクラブに加入するということしかないのかもしれません。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが今後の励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト
出資金額が少額でも出資可能なのは?
いつも興味深い記事をありがとうございます。

さて、今回私が応募したシルクの募集馬ですが、予想通り、抽選になった馬は全部✖️でした。

実績とやらがないので仕方ありません。
キャロットでは実績無くてもディープ牡馬に出資出来ました。シルクの変なディープ牡馬とは違います(失礼)

この実績についてですが、実績が無いと落とされたのだは、いつまでも実績を上げることが出来ません。

これは大きな矛盾点だと思います。

欲しくもない馬にたくさん申し込めば実績があがって次の年は好きな馬に出資出来るかも知れませんが、私はそんなことは出来ません。

ノーザンファームの最後の処分場と言われているこのクラブで、今年は一頭出資しましたが、もう出資はしないでしょう。
[ 2016/10/14 21:25 ] [ 編集 ]
落選数が不満に繋がるというのはなるほどと思いました。
いっぱいxが並ぶと1個くらい○くれたっていいじゃないか!ってなりますもんね。

ちなみにキャロットですが、4年連続最優先で取れなかった実質x4の人を知ってます。
そんな人もいるのに、例えばピラミマにだけ申し込んで落選してクラブに対して文句を言ってる人を見るとさすがにワガママだなと感じます。

ま、思い通りにならず不満が出るのは仕方ないですよね。
僕も実績枠が縮小された時は悔しくて愚痴りましたしw
[ 2016/10/14 22:51 ] [ 編集 ]
最後の例は多分私がモデルだと思いますが、
客観的に見るとやっぱり全落は滑稽ですね。

なるべく全落をなくすのは抽選アルゴリズムの改善だけで行けると思うので、シルクさんには来年に不満をあげる人が少なくなるような改善を期待しています。
[ 2016/10/14 23:07 ] [ 編集 ]
こんばんは^^

昨年度(実質今年)シルクとキャロでデビューした私にはタイムリー
な話題ですね。

私はキャロで欲しい馬を出来るだけ取って、シルクで足りない馬
(芝やダート、雄やメス)を補填する様にしました。

補填ってシルクを蔑ろにしてる訳ではありません。
キャロの募集、結果が先だから仕方ないんですよね・・

個人的にはシルクの募集が先の方がいいんですがねぇ・・
シルクの結果次第で、キャロでどこに最優先を使うか目標が明確になります。
一口馬主初心者の戯言ですいません・・

(業務連絡、キャロのアドマイヤキラメキの15は落選しましたw)

[ 2016/10/14 23:58 ] [ 編集 ]
興味深く拝見しましたが
キャロットは会員数が多すぎるのですが、シルクはまだ少ないと思います。
制度に問題があると思うのは、全取り出来るという所だと思ってます。
極端な例えですが、今後1000万円クラスの実績を持つ会員が増えて多くなってきた場合、どういう事態になるかを考えていただければ不備がわかるはずです。
30人で実績枠は埋まるわけで、相対的に500万円クラスの会員でも実績では太刀打ち出来なくなり、抽選枠に流れることになります。
そんな会員が5口で複数頭にいった場合、一頭一口で楽しんでいる会員が
取れる馬がいなくなるのではないでしょうか?
今年のボーダー発表のように実績を煽っているのはズレていると思います。
抽選は平等なのかもしれませんが、今後、確率的にも抽選枠に押し出される会員が増え、どんどん厳しくなってくると思います。
実績ボーダーが上がってきたとき、果たして自分は続けているのかと考えると、退会を視野に動いた方が良いのかなと考えています。
極端な例ではありますが、キャロットは一頭一口の会員を大切にし、既存会員には母馬優先があったりと優遇措置があるので、シルクの運営力に期待したいところではありますね。

長々とすいませんでした。
[ 2016/10/15 01:17 ] [ 編集 ]
実績制はいろいろ言いたいことはありますが
企業としては一番良い方法だと思うので会社としてはこれ以上はないと思います
最初に試みた当年実績ありは企業としても???でしたが
シルクがデカくなれば会員にもなにかしら恩恵があると思うので良いのでは?と最近はそう思ってます

実績積むぞー!
で出資される方も沢山いると思うので

あと求めるのは母馬優先ですね

ローブティサージュ持ってたので出資できなかったら悲しい

なので牝馬に出資する気に全くなれないのが現状です
[ 2016/10/15 08:47 ] [ 編集 ]
とらじろうさん
こんにちは~
シルクも変かは別にしてディープ牡馬なら出資しやすかったですよね。キャロットもそうですけど、値段が高すぎていける人が限られますから。
確かに実績にために欲しくもない馬に出資するのはちょっと違いますね。もう退会を決められてるようですが、出資してしまうとすぐに辞めれないのが一口馬主の辛いところですね。
[ 2016/10/15 09:52 ] [ 編集 ]
ぬっきーさん
そうなんですよね。キャロットだと母親優先と最優先で埋まってもう100%可能性がない馬が多数いるので申し込みません。でもシルクでは応募数2000以上でも一応抽選で可能性はあるので申し込むから落選数が増えるんですよね。
キャロットはもうかなり飽和状態できついですよね。会員が増えるほど最優先数も増えるのでどんどん厳しくなります。
結局は、自分が1番欲しい馬がとれる制度が最高なんですよね。
[ 2016/10/15 09:56 ] [ 編集 ]
みゅうげさん
すいません、別の方の当落に2頭ほど足しました。
でも、こういう方はかなり多かったように感じます。
全落が滑稽ということはありませんが、悲しい気持ちにはなります。
全落をなくす方法はありそうですけど、そうなると1次は人気馬のみ申し込むほうがいいということにもなって難しいんでしょうね
[ 2016/10/15 09:59 ] [ 編集 ]
キャロルさん
確かに今は一つのクラブというよりは複数入って、それぞれでその制度でとれる欲しい馬を取るのが主流かもしれませんね。キャロットで2年我慢して欲しい馬を1頭とり、シルクや東サラ、ノルマンで頭数を確保するって人が多いようですね。
募集時期も関係ありますよね、予算も限られてますから後になればなるほど不利な気がしますが、ノーザンの住み分けで決まってるんでしょうね。
[ 2016/10/15 10:03 ] [ 編集 ]
ショホホさん
確かに、現在の実績制は強すぎるんすよね。高実績者が根こそぎ取れるのは問題です。実績ボーダーも上がっていくと思います。馬の値段が上がってますので必然ですよね。
ただ、キャロットもかなり厳しいと思いますよ。
会員が飽和状態で馬の頭数は増やせないのに会員だけがどんどん増えてますからね。
実際問題、1次募集終わってまだ少ししかたってませんがもう10頭くらいしか残ってません。
今年は×4なんて人も出たようですしね。
どこも一長一短かと思います。
[ 2016/10/15 10:07 ] [ 編集 ]
クリアアサヒさん
母親優先と実績制をどう組み合わせるのかも難しいですよね。
いっそ、母親優先対象は実績制をなくして、実績300口分を母親対象にするとかでしょうか。
私も牝馬の活躍馬に出資することが多いので、そういう制度なら歓迎ですけど母親優先と実績と抽選のバランスの構築が難しそうですね。
[ 2016/10/15 10:12 ] [ 編集 ]
まーくさん、こんばんは^^

僕も今回の結果を受けて、シルクが提供してくれたデータを元に分析しようと試みたのですが、なかなか難しいです(*´з`)
このシミュレーションは面白いですね。
シルクでは高額のディープ牡馬が満口ならず、あるいはボーダーが意外に高くないのを見てもらってもわかるように、やはりそんなに大金持ちの会員がたくさんいるわけではないということですよね( 一一)
それならば、やはり大半を占める一般会員に向けた制度を設けていかないと、直に500口の意味がないクラブになってしまうと思います(*´Д`)
実績のない会員はとりあえず抽選頼みになるのですが、おっしゃるように可能性があるから、とりあえず片っ端から応募して落ちては腹が立つという流れができ上がってしまってますよね( ゚Д゚)
それをもっと300と200だけでなく、明確化してもらいたいですよね。実績制は3頭まで、1頭につき5口まで、など。
明確な抽選制だとわかれば不満も減ると思いますが、来年はまた何か変わるような気がしますので、期待したいですね(一人一)
[ 2016/10/15 21:51 ] [ 編集 ]
ユキチャン最優先を見抜かれていたッ?!( ゚д゚)
抽選に参加し始めて3年。
一昨年は全滅
昨年は1頭
今年は出木杉君の4頭となりました。
自分にとっては最高の結果になりました。
以前友人に言われてハッとした言葉が「自分は絶対出資したい馬にしか行かないし絶対当たると信じる。外れそうな時の保険なんてダメだ。本当に欲しがっている人に失礼だから。」というものでした。
彼は実績枠以外では全頭落選(7頭)しましたが、それでも仕方ない抽選だからと言っていました。
格好良いな、と。
現状この制度が最高だという人は少ないのは間違いです。
その中で選択をし続けなければいけないのも事実。

掛かって暴走するのではなく折り合いをつける心を身に付けたいなと思うドラフトでした。

ただラッドルチェンドに外れたことだけは悔しいとまだ言ってますw

[ 2016/10/16 12:14 ] [ 編集 ]
レプティリアさん
こんばんは~
ちょっと遊び心でやってみたのですが、結構色々なご意見をいただいております。
もうシルクらしく、得意のユーストリームで抽選の生放送でもすればいいんですよね。
今っぽいし、シルクらしくて面白いと思いますけどね。
[ 2016/10/16 20:56 ] [ 編集 ]
まつりさん
勝手に参考にさせてもらってすいません。ご友人の言葉はすごくカッコいいですね。
ただ、私はまだそこまで自分の目に自信がないので、大まかに良さそうなのに申し込んで当たったのが運命だったという感じですね。
たぶんカタログ段階でわかってる情報での判断はそれくらいでしょうがないと思っています。
あとは、様子見の力を磨けばなんとかなるかなと。
[ 2016/10/16 20:59 ] [ 編集 ]
あ!!
>間違いです
じゃなくて
>間違いないです
ですw

とんでもねぇ打ち間違いをしてしまいましたw
申し訳ありません。
[ 2016/10/16 21:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ