まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ゴールドティアラの15に出資した理由

今日はこの馬の出資理由を語りたいと思います。
思ってたより早く満口になって少し驚いています。
まずは、カタログ段階でのレビューを振り返ってみます。

27 ゴールドティアラの15 牡 栗 3月2日 古賀 慎明
ネオユニヴァース Seeking the Gold 白老ファーム 2,500万 50,000
157.0 173.0 21.1 469

母はダート重賞5勝で交流G1勝ちもある名馬です。
産駒にもオープン馬2頭出していますし、孫には重賞馬でG1も2着のステファノスも出ています。
産駒も吉田一族で大事にされてきましたが、去年いきなりシルクで募集されるようになりました。
上のクロンヌは意外にもずっと売れ残っていましたが、特に何が悪いでもなかったので不思議でしたね。
確かに高齢になってきましたので、そこが嫌われているのかもしれません。
父ネオユニヴァースは、社台SSからは出されてしまいましたが、今年もシルクのグレンツェント、キャロットのネオリアリズムなど重賞を勝っています。
そして、この種牡馬の特徴として牡馬が圧倒的に成績が良いということです。
馬体は、馬格もありもう少し後ろに筋肉がついてきたら理想的でしょうか。
歩様も問題ありません。
総合評価:B



このように私は当初より評価は高めでした。
この価格帯で総合評価Bはそんなにいませんしね。
私は、このブログのプロフィールにもあるように一口馬主にはロマンを求めています。
初年度には、あのメジロドーベルの娘であるレーヌドブリエや、ポップロックの弟であるジェイポップ、ナリタブライアンの近親でラストインパクトの弟であるスペリオルラスター、エンゼルカロの娘であるアンジュデトワールなどロマンを重視して出資しました。
ただ、結果はいまいちよくありませんでした。
翌年、当初いこうと思っていたフサイチエアデールの13が募集中止になり、リーチザクラウンの妹のシンシアズブレスも抽選で落ち、ビワハイジの孫にあたるロッテンマイヤーくらいしかロマンがある馬はいませんでした。
馬体や調教の動きなどロマンだけじゃなく、現実的に選んだといってもいいかもしれません。
そのおかげが成績は一気に向上しましたが、多少ロマン不足ではありました。
そして、去年ロマンと馬体を兼ね備えたフサイチエアデールの娘であるインヘリットデールをドラフト1位で抽選で獲得でき、ラインクラフトの妹のダーリンガールにも出資できロマンは十分に満たされました。
どちらもまだデビューはしていませんが楽しみにしています。

そして今年、1次で確保できた中でロマンがあるとすれば、ラッドルチェンドの15とウーマンシークレットの15でしょうか。
この2頭はどちらも同じ一族でかぶってしまったのですが、ミエスクに繋がる血統で大種牡馬キングマンボの近親です。
日本でもリアルスティールやプロディガルサンなどと親戚になります。
ただ、ちょっと間接的というかもっと直球のロマンが欲しいわけです。
そうなると、もうダート界の名牝だったゴールドティアラの15なんてロマン感じるわけです。
そして、ロマンだけじゃなく馬体的にも文句なく、一度いってみたかったネオユニヴァースの牡馬ということで決まりです。

カタログ段階ではずっとシルクユニバーサルの15を考えていました。
ただ、この馬は確かに馬体は素晴らしいのですが気になる点がいくつかあるわけです。
まず確かにモンドインテロは活躍中ですが、ディープ産駒ということです。
母の手柄というよりディープのおかげなのではないか?という疑問。
それ以外に活躍馬が出ていないのが気になります。
また、スマートファルコンの種牡馬の成績が現時点ではまだいまいちぱっとしないこと。
まだ数自体が少ないのでわからないのですが、正直微妙なところです。
それなら、同じ価格帯で同じダートが主戦場になるであろうゴールドティアラの15のほうが良いのではないか?
というのが私の結論でした。
こちらは産駒実績もまずまずで、ネオユニヴァースはちょうどシルクのグレンツェントがダートで重賞を勝ちました。
確かに社台SSからは出されてしまいましたが、まだまだ活躍馬も多数います。
種牡馬の中には、晩年になってくるとダートで活躍馬を出すようになることが結構あります。
ブライアンズタイムなんかも晩年はダート馬が多かったですよね。
そういう意味でも、芝でのG1馬を何頭も出してるネオユニヴァースですがダート傾向が強くなってきた可能性があります。
ピオネロなんかもダートで走らせてみたらすごい適正がありました。
つまり、ダートの女王だったゴールドティアラとダート適正の上がってきたネオユニヴァースの組み合わせは魅力なのです。
ただ、ダート専門のごっついムキムキタイプでもないので芝もいけるかもしれません。
その辺はまだわかりません。
気性はネオユニらしくかなり荒めで、いじめっこだったようです。
競走馬なのでそれくらいのほうがいいでしょう。
特にネオユニは牝馬が走らないと言われていてこれが牝馬なら問題ですが、牡馬なので大丈夫でしょう。
私のロマンを満たしてくれて、配合、血統、馬体と文句がないこの馬に惹かれて出資しました。
まずは勝ちあがってもらって、8歳、9歳と末永く活躍を見守っていける馬になってくれたらと思っています。
ご一緒の方よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
追加出資は最後まで悩んだのですが止めときました
予算の問題です

今年の募集馬を見てこの馬だけ即決めでした

大丈夫!走る下地は揃ってるじゃないですか!

やってくれると信じましょう

ロマン枠は僕も設けてるのですが
今年は
ゴールドティアラ
レーヴドスカー
に使いました

あ~予算がほしい
[ 2016/10/25 08:45 ] [ 編集 ]
こんにちは^^

このお馬さんはいいですね。
姉のクロンヌに出資してるのもあって、カタログが来る前から
よほどひどい馬体でなければ出資しようと思ってました。

馬体もいいですし、顔もハンサムです。
栗毛ってのもかっこいいし走りそうw
追加も含めて二口いってしまいました・・

まーくさんとは昨年度のインハーフェイバーに続き
ご一緒のお馬さん持てました^^

よろしくお願いします♪
[ 2016/10/25 16:39 ] [ 編集 ]
クリアアサヒさん
レーヴドスカーは確かにロマンありますね。ゴールドティアラは楽しみですよね。堅実タイプというよりかなり大物になりそうな一発を感じます。順調にいってほしいですね
[ 2016/10/26 02:42 ] [ 編集 ]
キャロルさん
こんにちは~
クロンヌもなぜか人気ありませんでしたが、こちらはそれなりに人気して満口なりましたね。
インハーフェイバーも調教もまずまずですし、ダートがどうかはわかりませんがやってくれそうですね。
どちらも楽しみです。よろしくお願いします
[ 2016/10/26 02:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ