まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

クードラパンの13戦目は馬も人も心臓に悪いレース

2017/02/27 <レース結果>
クードラパン
 2/25(土)中山10R アクアマリンステークス〔芝1,200m・16頭〕16着[3人気]

まずまずのスタートからスッと行き脚を付けて、道中は逃げてレースを先導、3コーナー過ぎから急に手応えが怪しくなり後方に下がってしまうと、直線でも巻き返すことができず、最後方に敗れています。なお競走中に心房細動を発症したため、タイムオーバーによる出走制限の適用は除外されています。

木幡巧也騎手「ゲート内でモコモコしていましたが、扉が開くとスッと反応してすぐに行き脚も付きました。道中の手応えは凄く良かったのですし、前半それほど無理したわけではなかったのですが、3コーナー過ぎくらいでスカッと手応えがなくなってしまいました」

久保田貴士調教師「前半いい感じに進められていたのに、急に下がっていってしまったのでおかしいなと思っていたのですが、レース後すぐに獣医に診てもらったところ、心房細動を発症していたことが分かりました。状態は凄く良かったですし、ブリンカー効果でどんな走りを見せてくれるか期待していたのですが、このような結果になってしまい残念です。この後は厩舎で様子を見て、馬体に問題が見られなければ、一旦放牧に出させていただきたいと思います」



正直、こちらの心臓も止まるかと思いました。
3コーナーくらいから急に失速して直線ではもう歩くんじゃないかっていうくらいのスピードになってしまって故障してしまったと覚悟しました。
それでも、騎手は少し追うような動作もしていたので、骨折とかそういう怪我でもないようにも感じていました。
結果は、心房細動でした。
そんなにしょっちゅう見かける症状でもありませんが、つい先日同じシルクのサムソンズプライドがなったばかりだったので、その時結構調べたので知識としてはしっかりありました。
基本的には、一時的なものなのでその後回復すれば競走馬として問題ありません。
ただ、再度なるようだと厳しくなってしまうのでおそらく結構しっかり休ませると思います。
原因はわかっていませんが、やっぱり寒さが関係していると思います。
寒い中で全力で走れば人間でも心臓に負担がかなりかかりますよね。
春はしっかり休んでもらって夏くらいにゆっくり復帰してくれたらと思います。
ここまで頑張り続けてくれた馬なのでたっぷり休んでほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ