まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ポールヴァンドルの5戦目は勝ちにいって勝ちきった

2017/03/21 <レース結果>
ポールヴァンドル
 3/19(日)中山6R 3歳500万下〔芝1,600m・13頭〕優勝[1人気]

好スタートを決めると、道中は好位の2番手を追走、直線入り口で先頭に立ち、脚を伸ばして抜け出すと、そのまま後続の追撃を凌ぎ切って、見事に連勝を飾っています。

戸崎圭太騎手「できればもう一列くらい後ろで競馬がしたいと思っていましたが、スタートが速かったですし、あの位置からのレースになりました。道中は特に問題なく運ぶことができましたし、最後はしっかりと脚を使ってくれました。距離に関してはマイルが良いのか、もう少し長い方が良いのか何とも言えませんが、芝・ダートで言えば芝の方が合っていると思います。今日のレースは完勝でしたが、これからクラスが上がって同じ競馬をしていても通用するほど簡単ではないと思いますし、今後のためにも中団で脚を溜める競馬を覚えていった方が良いと思います」

上原博之調教師「体が引き締まってだいぶ動けるようになっていましたし、スタートも決まっていいポジションで競馬を進めてくれました。距離を短くしたことで終いも追ってからの反応が良く、完勝の内容でしたね。中2週で同じ舞台の重賞がありますが、今回の勝利だけでいきいなり通じるほどのメンバーになるとは思えませんし、牝馬限定戦の方が遥かにメンバーも戦いやすくなるでしょうから、距離はまた延びますがスイートピーステークスを目指したいと思います」



緑8

こちらもレース後すぐに回顧したので、ちゃんとした回顧を忘れてました。
フラワーCも見据えて出走予定でしたが、自己条件に回って勝ちにいったレースです。
好スタートから前目につけて、直線で先頭に立ってそのまま押し切るというもうお手本のようなレースでしたね。
その後、出走も検討していたフラワーCがありましたが正直回避して正解でしたね。
2着はあったかもしれませんが、ひいき目に見てもファンディーナには現時点ではかないません。
これで成績は芝2000で2着3着2着、ダート1800で勝利、芝1600で勝利と適正全くわからないくらいどこいっても堅実に走ります。
次走どうするのか注目でしたがスイートピーSになったようです。
桜花賞は賞金が足りませんし、NHKマイル路線もさすがに牡馬相手ですから厳しいです。
個人的にはベストかはわかりませんが、良い選択かなと思います。
この距離なら対応できますし、そこで権利とってオークスなんて夢もあります。
ダイワメジャー産駒なんで芝2400はどうかと思いますが、この馬は適正よくわかりませんからね。
芝2000での走りを見るに十分こなせる可能性があります。
この馬は、全く人気もなく1次満口になりそうもなかったのに1次から申し込んだくらい自信のあった馬で、幸運にも命名者にもなれました。
こういう馬が活躍してくれると本当に一口馬主冥利につきますよね。
大型馬なので脚元だけは注意して、今後も夢を見させてほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト
おめでとうございます
まーくさん、こんにちは

遅ればせながら、ポールヴァンドル、勝利おめでとうございます。
スタートもよく番手からの競馬で直線でも追撃を振り切り、いい競馬ですね。

岡部スタイルの強いレースでした。これからも楽しみですね。
[ 2017/04/01 08:09 ] [ 編集 ]
ロンリーロードさん
こんにちは~
ありがとうございます。
岡部スタイルは安心してレースを見ていられますね。
今日のキタサンブラックみたいなレースは理想的です。
展開面や不利の影響が少ないですからね。
[ 2017/04/03 02:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ