まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク第2回追加募集馬レビュー後編

・スルーレートの15
一口出資額 44,000円
性別 牡
毛色 栗毛
生年月日 2015年1月23日
厩舎 関西 斉藤崇史 厩舎
生産 ノーザンファーム
父 ダイワメジャー
母の父 (フレンチデピュティ)
体高:156.0cm 胸囲:176.0cm 管囲:18.0cm 体重:443kg
調教タイム46.4 15.7-15.3-15.4

母はキャロットの馬で2勝しています。
フラワーC2着、クイーン賞3着など重賞でも活躍してますね。
産駒は5頭走っており、ハイアーレートとビットレートが2勝しています。
血統的には牝系よりもダイワメジャー産駒というところに魅力を感じます。
馬体は、そのダイワメジャー産駒らしく筋肉豊富でガッチリしてて胴は短めで短距離タイプでしょうね。
ただ、誰もが気になるのは即尺の管囲18という部分でしょうね。
馬体重はそこまでありませんが、ガッシリした体を支える足なのでやっぱり細いのは心配ですね。
歩様は特に気になりません。
調教は、走りっぷりは良いですし、なかなか3頭の真ん中でガシガシ追っててなかなか良い内容です。
マイナスは管囲のみという感じですが、この時期の追加募集になったことも含めて足元に不安はありますね。
総合評価:C

・アンナヴァンの15
一口出資額 50,000円
性別 牡
毛色 鹿毛
生年月日 2015年3月30日
厩舎 関西 池添兼雄 厩舎
生産 ノーザンファーム
父 ロードカナロア
母の父 (エンドスウィープ)
体高:163.0cm 胸囲:190.0cm 管囲:21.5cm 体重:506kg
調教タイム47.5 16.3-16.0-15.2

母はサンデーRの馬で1勝馬ですね。
産駒には、サトノネプチューンやアナザーバージョンなど3勝馬がいますね。
血統的にはあのバレークイーン一族です。
馬体は筋肉も豊富でバランスも良く、トモも大きく良いですね。
測尺も文句ありません。
歩様も気になりません。
調教は、まだ迫力不足という感じでもう少し速い時計になってどうなるか見たいところです。
馬は良いと思いますが、この時期の追加募集にしては価格がちょっと高く感じます。
カナロア産駒の牡馬なので1次で出てきたらこんなもんでしょうけどね。
総合評価:C

・アーデルハイトの15
一口出資額 36,000円
性別 メス
毛色 青鹿毛
生年月日 2015年3月19日
厩舎 関西 池添学 厩舎
生産 ノーザンファーム
父 エイシンフラッシュ
母の父 (アグネスタキオン)
体高:159.0cm 胸囲:184.0cm 管囲:18.5cm 体重:450kg
調教タイム45.2 15.1-14.6-15.5

みんなお待ちかねの馬が追加募集できましたね。
祖母は日本は誇る名繁殖ビワハイジ、近親にはブエナビスタを始め名馬がたくさんいます。
母アーデルハイトは、1戦で引退するもその子は2頭ともシルクで募集されています。
ラダームブランシェは人気薄で芝変わりで勝ちあがるも骨折で引退。
ロッテンマイヤーも骨折でデビューが遅れるも、OP忘れな草賞で勝ちオークスにも出走しましたが、屈腱炎で現在お休み中です。
馬体は、追加募集馬の中でも少し物足りなく全体的に寂しいです。
測尺も管囲は少し細いですね。
歩様は特に気になりません。
調教は、なんかドタバタした走りで前脚が近い感じがして少し怖いです。
ロッテンマイヤーに出資してる私としては、募集馬の字面だけでもう出資する気まんまんでした。
ただ、足元の不安がかなりあります。
まず、母自身は骨折など足元に不安があり、産駒の2頭とも脚を故障しています。
タキオンの血なのかもしれません。
それに加えて、管囲が細めで、走り方も少しリスキー、そして元々募集馬リストにいたのに消えて今回追加できたという経緯なども気になります。
どれか一つか二つならまだしも、これだけ色々不安要素が重なるとさすがに今回私はパスすることにしました。
ただ、調教はかなり進んでいますし、スピードはやっぱりありそうです。
血統的な能力を買うか、足元の不安をとるか、人それぞれだと思います。
総合評価:D


以上で追加募集馬6頭のレビューを終わります。
アーデルハイトの15に出資する気だったのですが、馬体、測尺、動画を見て今回はやめることにしました。
足元さえ問題なければ能力は十分ありそうですが、この時期の追加で不安のある馬にわざわざ行くのは厳しいです。
お金がある方やリスクはあっても夢を見たい人には勝負してよい馬だとは思います。
この6頭でいくならストラスペイの15でしょうか。
ただ、忘れてはならないのは通常募集の残口馬たちです。
追加募集の6頭だけで比較しがちですが、残口馬ともしっかり比較してから決めるべきです。
しばらく見てなかったけどずいぶん良くなったという馬がいるかもしれません。
個人的に気になっているのは最近好調はハービンジャー産駒ですね。
ヴェロニカグレースなんかは価格的にも安いですし、追加募集馬と比較すべき馬だと思います。
ただ、ハービンジャー産駒は芝では良いのですがダートで潰しが効かないのが痛いんですよね。
まぁ、これからも色々検討してじっくり考えましょう。
大事なのは、追加募集馬のみで比較しないで残口馬とも比較することと、あと2ヶ月くらいで始まってしまう次の1歳馬たちの予算配分との相談でしょうね。
関連記事
スポンサーサイト
まーくさん、いつもブログ更新を楽しみにしてます^^

今回のシルク追加募集は、自分もパスしました。
アーデルハイト15の募集は嬉しかったですが、管囲を見た瞬間に別の残口馬に出資してしまいました^^;

追加募集は何かしらリスクがあるようですし、これまでの成長課程を見ている分、残口馬のほうが多少安心して出資できますね^^
あくまで自己責任ですけど(笑)
[ 2017/04/29 11:07 ] [ 編集 ]
もっちりさん
ありがとうございます!
今回の追加募集は管囲が気になる馬が多いですよね。
故障とどこまで関連があるかわからない部分もありますが、プラスではないことはわかります。
残口馬は、半年前から募集されてるわけでその時から募集するのに問題はなかった証拠ではありますから、安心感はありますね。
[ 2017/04/30 14:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ