まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

日本ナンバー1厩舎の無駄使い

シルクは本当に重賞が勝てません。
先週も東西メイン重賞に3頭でて、アストラエンブレムは1番人気にもなりましたが勝てませんでした。
重賞を勝つような馬は、基本的にトップに位置する何個かの厩舎で占めています。
それは、良い馬が入るから結果も出るし、結果も出るから良い馬が入るという好循環になっているからなのです。
今、日本で1番の厩舎はどこか?と聞けばかなりの人は堀厩舎と答えるのではないでしょうか?
もちろん、他にも矢作厩舎、藤沢厩舎、池江厩舎、角居厩舎などなど名前が出てくるとは思いますが、その中でも上位にくるのは間違いありません。
最近でもモーリス、ドゥラメンテ、サトノクラウン、ネオリアリズムなどG1馬も多数出ています。
もちろん、クラブ馬でも結果を出しており、サンデーではドゥラメンテ、キャロットではリアルインパクト、ネオリアリズムなどが出ています。
じゃあ、シルクではどうでしょうか?
ずっと調べてみても全然名前が出てきません。
やっと出てくるのがシルクエルドールという1勝馬です。
堀厩舎で、1番結果の出た馬でこのレベルなのです。
(訂正)すいません。インプロヴァイズがいました。地方に移籍して馬主も厩舎も変わったので気づきませんでした。

クラブ馬は、基本的に同じ厩舎に1~3頭くらい割り当てられます。
トップの厩舎には1クラブ1頭くらいになることが多いです。
つまり、堀厩舎に預けられる馬はその世代で1頭だとすると、とりわけ期待の高い1、2番馬を預けるというのがセオリーなはずです。
しかし、シルクが堀厩舎に預けた馬をここ数年見てみても世代1,2番という馬には思えません。
3年前は、誰もがこれは危険だと思って出資を躊躇したカリの13(カイザークルト)で、やっぱり足元に不安が出てやっと入厩したと思ったら骨折で走ることなく引退しました。
一昨年は、シーズライクリオの14(リオノキセキ)を預かりましたが、ずっと足元に不安があり、こちらもやっと入厩したのですが今日骨折や繋靭帯の損傷などがあり引退が発表されました。
なんと、2年連続で走ることなく引退したのです。
しかも、厩舎に入厩して力を発揮してもらう段階にもいかずに終わってしまっているのです。
この2頭とも、堀厩舎というトップの厩舎にたった1頭しか預けられないという中で、期待がトップクラスだった馬だとは思えません。
まぁ、リオノキセキは確かに悪い馬ではなく、私も1次申込みしたくらいでしたが、キンシャサノキセキ産駒の一口4万円の牡馬が世代トップの期待のはずはなく、だからこそ、堀厩舎でこの価格ならと人気になった側面があります。
つまり、この2頭とも、世代トップの素質馬を堀厩舎に入れて重賞を取ってもらおうというよりも、堀厩舎の人気で馬を売ってやろうという感じがものすごいするのです。
そんなんじゃ、当然このクラブから重賞馬なんて出るわけないですよね。
結果的に、日本ナンバー1の堀厩舎の預かってくれる1枠を2年連続で無駄使いしてしまったのです。
まぁ、去年はモーリスの弟ルーカスを入れていますので、この世代トップクラスの馬を入れたといっていいと思います。
期待したいと思います。
今後は馬の販促を含めた厩舎選びはせずに、素質の高い馬を良い厩舎に入れるという当たり前のことを徹底してほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/06/15 21:58 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(16)
過去にインプロヴァイズというシルク馬がおりまして...

世間的に一流と呼ばれる厩舎に預託されてないという意見は同意
関東の厩舎は段々と募集馬と成績を残している厩舎とのバランスが釣り合ってきたかなと思いますが、関西はまだまだですかねー
クラブの都合と言うよりは牧場の意向が強い気もします(一極集中での使い分けを避ける)が、是非ともクラブには喧嘩をして欲しいところ

納得のいく厩舎選択をしてくれればストレスは確実に減りますね
[ 2017/06/15 23:03 ] [ 編集 ]
まあシルクの現状を見ると一番馬のレベルなんてたかが知れていますから、本当の意味での一流厩舎に預けたりしたら放置確実な気もしますけどねw
[ 2017/06/15 23:17 ] [ 編集 ]
まつりさん
すいません、インプロヴァイズがいましたね。
地方に移籍して馬主も厩舎も変わってたので検索に出てきませんでした。
預ける厩舎ってどうやって決まってるんでしょうかね。
縁のある馬はそのままって感じはしますけど、なんでこの馬がここっていうのは多いですよね。
まぁ、良い馬が良い厩舎ってばかりになるとますます人気が集中しちゃうというのもあるんでしょうかね?
[ 2017/06/15 23:39 ] [ 編集 ]
名無しさん
確かに1番高額馬が1番活躍してるかっていわれると全然違いますからね。
シルクの場合は、むしろ逆の傾向がありますし。
何が正解かは難しいですけど、少なくとも堀厩舎に関しては結果がうまくいってないことが多いですね。もったいないです。
[ 2017/06/15 23:41 ] [ 編集 ]
また良い議題ですね(笑)

インプロヴァイズもリオノキセキも持ってましたが、リオノキセキはスタートラインに立つ事無く終了してしまったのでわかりませんが
インプロヴァイズの扱いには感謝して感心もしました

結構スパルタでした
じゃなかった

たしかに一流厩舎に預けられるのには何か理由があると思ってしまいますね

おっしゃる通り売れない馬を売るためもあると思ってます

でも、僕は素直に信じる派です
流石にカリにはいかなかったですけど


ま、シルクの馬が一流厩舎で成績悪いのが一番もやもやするとこですけどね
[ 2017/06/16 10:02 ] [ 編集 ]
シルクの高額馬に地雷が多いのは早田時代からの伝統ですねw
当時は「高額馬より1500~2500万円の馬の方がよく走る」とか言われていました。
提携牧場も変わってそれなりに時間も経ったのですし、そろそろ方針転換して欲しいものです。

最近のシルクは若手の有望そうな厩舎に有力馬を回そうとしているように感じていますが、それがイマイチうまくかみ合っていないような気がします。
まあシルクの意向なのかノーザンの意向なのかはよくわかりませんけど。
[ 2017/06/16 11:35 ] [ 編集 ]
ひっそりと厩舎が発表されてる!
[ 2017/06/16 13:41 ] [ 編集 ]
今年の堀厩舎はメジロフランシス16で募集価格は3500万円です。
牝馬とはいえ昨年の募集価格とずいぶん違いますね。

最高価格は1億円のサロミナ16で池添学厩舎です。
[ 2017/06/16 14:01 ] [ 編集 ]
厩舎
毎度面白いテーマですね(^.^)
シルクは厩舎で活躍馬を選べないので、本当の意味で相馬眼(この言葉嫌いですけど)がないと難しいんでしょうね。
キャロットなら一流厩舎に必ず活躍馬や血統の良い馬が振り当てられています。
でももちろん全てが活躍するとは限らず、体質の弱い馬も多数。
東京TCならやはり藤沢厩舎に一番馬が入る確率が高いでしょう。
ロードは・・・ここもまた難しい(^^;;

シルクはおっしゃるように堀厩舎には期待馬というより、体質の弱い馬が当てられているように思います。
これまで私自身も堀厩舎には沢山お世話になりましたが、印象は微妙でしたね。
インプロヴァイズはまずまず納得出来ましたが、あとは。。。
特にキャロットのお馬さんで、東北の震災時天栄に放置されていた馬で残念な思いをしました。
活躍馬は全て信楽へ移動でしたからね。
当時は随分冷たいなあと思いましたが、今ではわからないこともない。
ルーカスにも出資していますが、もともと足元が微妙なのは承知で、それでも数%の確率にかけてみました。
全く走らずゼロの結果も想定内。
それでもリスクを負っても出資してみたいと思える馬&信頼出来る厩舎なのかもしれません。

シルクはクラブとしてもっともっと勉強して欲しいですね。
長年居ますが、今は会員の不満マックスな気がします。
[ 2017/06/16 14:23 ] [ 編集 ]
まーくさん、こんばんは。
リオノキセキは出資馬ジスターキの半弟で、興味の有ったキンシャサノキセキ産駒なので、自分の場合は堀厩舎じゃなくても出資していたと思います。
ただ、堀厩舎を経験したくて出資したのは確かです。

状況の悪さに気付いていましたが、わずかな奇跡を願っていました。
残念な結果に終わってしまいましたが、カリの13のことがありましたから、リスクをある程度は覚悟していました。
でも、堀厩舎に期待する気持ちがありましたから複雑です。

今後はさすがに、堀厩舎に良い馬を振り分けるんじゃないかと思いますので、自分が出資できるチャンスは無いかもしれません。
[ 2017/06/17 01:00 ] [ 編集 ]
クリアアサヒさん
実際に堀厩舎に愛馬がお世話になったことがある方の意見は貴重ですね。
ただ、ブログにこう書いて言うのも何ですが個人的にはそんなに好きな厩舎じゃないんですよね。
理由は単純に外国人騎手ばっかり使うからです。
本当にここまで外人偏重なのもすごいです。
週の出走馬全部外人とか当たり前にありますからね。
[ 2017/06/19 03:39 ] [ 編集 ]
まささん
厩舎はクラブと牧場のどっちが決めてるんでしょうね?
まぁ、普通に考えてもノーザンですかね。
ノーザンがよく使う厩舎とシルクの厩舎はイコールでしからね。
木村、吉田、高野、池添あたりの厩舎がノーザン御用達でシルクも多いですね。
メジロフランシスは結構安いと思いました。
スクリーンヒーロー産駒の牝馬がいまいちなのが気になりますけどね。
[ 2017/06/19 03:43 ] [ 編集 ]
ぼんちゃんさん
確かに厩舎と期待馬が一致しないからこそ、馬選びが試されるという面はあるかもしれませんね。
堀厩舎は基本的には数を使わないですよね。
私は個人的には愛馬のレースをいっぱい見たいので矢作厩舎のように数を使ってくれる厩舎のほうが好きですね。
まぁ、その分、体質が弱くてもうまく育てられるのかもしれませんし、だからそういう馬を預けてるのかもしれません。
[ 2017/06/19 03:48 ] [ 編集 ]
ノーマンさん
お久しぶりです。
リオノキセキは私も良い馬だと思って申し込んだくらいなので、一戦もできずに終わるとは思いませんでした。
そういう結果を見抜けるかと言われたら難しいわけで、やっぱり運もあると思います。
募集時段階でも何か足元の問題など指摘されてた馬でもなかった記憶がありますし。
まぁ、確かに良い馬が堀厩舎に入ればますます倍率上がるだけでチャンスは無くなりそうですね。
[ 2017/06/19 03:53 ] [ 編集 ]
ケースバイケース
堀厩舎の外人JK好きは凄いですよね
インプロヴァイズは外人ジョッキーで更に気性が変になったタイプで、一度ムーア騎手で勝てた事はありましたが、後は外人JKの時は散々でした★
基本は日本人騎手で馬の気持ち重視でそっと乗ってくれる人と相性がよかったです。
堀厩舎でも育てきれなかった馬(ウォーな狂気の血?)じゃないかな。

それでも厩舎はあまり固定観念で見ない方がいいですよ。
この馬はいいけど、使ってくれない厩舎だから避けるとか。
馬によって全く違う使い方される厩舎も多いですし一概には言えません。
一流厩舎になったら使える馬は使う、使えない馬は使わない。
状態の把握はしっかりされてます。
藤原厩舎、藤沢和厩舎でガンガンに使われている出資馬もいます。

シルクは使って欲しい会員が多いと思われるので、どうしても使ってくれそうな厩舎に馬が回るんでしょうね。
でも明らかに良い馬は、一流厩舎に回ってこそだと思います。
自分の思惑と外れたら、それはそれでしょうがない自分の負けです。
これまでも散々厩舎で苦い思いもしてきましたが、今ではその理由もわかるようになりストレスは少し減ってきました。
[ 2017/06/19 20:43 ] [ 編集 ]
ぼんちゃんさん
私は、基本的には厩舎の好き嫌いはしないようにしています。
厩舎と馬の相性が1番大事でそれはやってみないとわからないからです。
ただ、そうは言っても大まかな傾向はあるので自分の出資スタイルと合うかどうかは大事でしょうね。
そうじゃないとストレスだけたまって楽しめませんからね。
[ 2017/06/22 05:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ