まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

キープシークレット新馬戦、心配が的中

2017/07/03 <レース結果>

 7/2(日)中京5R メイクデビュー中京〔芝1,600m・15頭〕8着[4人気]

好スタートを決めましたが、行き脚が付かず中団あたりでレースを運びます。3コーナー手前から徐々に前を窺いに行きますが、終始周りを気にしながら走っていたことも影響し、ジリジリとしか伸び切れず8着でゴールしています。

武豊騎手「返し馬の段階から周りの馬に気を使って走っていましたし、レースでも終始同じような感じでした。スタートが良かったので、もう少しポジションを取りに行きたかったのですが、全く進んでいく感じではなかったので、出来るだけ集中力を切らさないように追走していきました。最後もジリジリと脚を伸ばしてくれましたが、フォームがグッと沈んでこなかったこともあり、あれ以上いい脚を使えませんでした。ただ乗り味は良かったですし、柔らかいキャンターをする馬なので、使いつつ集中が出てくるようになれば、いい競馬をしてくれると思いますよ」

矢作芳人調教師「周りを気にしやすい馬なので、これが競馬に行ってどう出るか心配していましたが、確かに集中力のない走りだったものの、ジョッキーも少し構え過ぎた感じがありましたね。次のレースに活かすためにも、もう少し競馬を教えてほしかったというのが本音です。レース後は疲れることなくケロッとしていたようですし、ダメージはおそらくないと思います。残念な結果になってしまいましたが、調教の動きからここまで負けるような馬ではありません。この後はトレセンに戻って状態を確認した上で、次走の予定を検討したいと思います」


私の2歳馬の中で2頭目のデビューとなりました。
デビュー前にはメジャーエンブレム級という取り上げ方もされた馬です。
ただ、調教では坂路は動くのですが、ウッドになるとぱっとしません。
慣れが必要という話でしたが、そこが心配の種でしたね。
レースはやっぱりかという感想で、何度かレースに出して慣れさせることが必要かもしれません。
また、坂路では動くのでダートのほうがいいということもあるかもしれませんね。
武豊騎手でのデビュー戦ということで、個人的には最高だったのですが、武騎手は無理だとわかったら無理させないタイプなので今回も最後は流し気味でしたね。
これで期待のダイワメジャー産駒の2頭がどちらもいまいちなスタートになってしまいました。
ダイワメジャーの牝馬にしては高額だったのですが、どちらも期待できると思ったので両取りしたんですが現時点では失敗だったのかもしれません。
まだまだ期待はしているので、天下の矢作先生ですから建て直しを楽しみにしています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ