FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク2017年度募集馬レビュー(関東21~33)

いやぁきついね。
今年はなんか募集期間がすごいタイトな気がする。
ツアーまでもう5日くらいしかないですよ。
ってことはあと40頭くらい残ってるので毎日10頭はレビュー書かないと間に合わない。
1頭当たりの文章量少し減らしますのでご了承ください。
また、評価は当然ながら現時点でのものです。
つまり、1次申込みするのにどうするかという話なので、D評価でも今後成長次第で出資候補になることは当然あります。


21 リュナティクの16 牡 鹿毛 4月7日 新規開業予定
ダノンシャンティ ノーザンファーム 1,500万 30,000
体 高:150.0cm
胸 囲:165.5cm
管 囲:21.2cm
馬体重:378kg

母は未出走で初仔になります。
特に活躍馬の出ている血統でもないようです。
父ダノンシャンティは個人的には大好きな種牡馬で3頭も出資しています。
ガチムチな筋肉もりもりの馬体の子が多いのが特徴です。
ただ、この馬に関してはそういう特徴は出ていませんね。
むしろ細くてダノンシャンティ産駒の魅力が全く出ていません。
歩様も前脚は外向きです。
全体としては、母も未知数、父の良さも出ていない、厩舎も新規と買い材料はありません。
【総合評価】E


22 ウィストラムの16 メス 栗毛 5月1日 和田 正一郎
ダノンシャンティ レイクヴィラファーム 1,400万 28,000
体 高:150.5cm
胸 囲:174.0cm
管 囲:19.4cm
馬体重:402kg

母は3勝馬。
産駒は、大物はいませんが堅実に走る感じですね。
今年のスプリングS2着で春のG1戦線も出てきたアウトライアーズは私もNHKマイルで本命にした馬です。
馬体は5月生まれなので馬体重はまだ小さいですが、厚みがありダノンシャンティって感じの体で好みですね。
先ほどの21番の子と比べたら一目瞭然です。
歩様も問題なさそうです。
全体としては、大好きなダノンシャンティ産駒で今年いくならこれですね。二つ上が重賞2着したばかりで、この馬体でこの価格なら出資候補です。
【総合評価】B+


23 ムスタパルタの16 牡 栗毛 2月9日 宗像 義忠
トーセンホマレボシ ノーザンファーム 1,500万 30,000
体 高:156.0cm
胸 囲:172.5cm
管 囲:20.0cm
馬体重:444kg

母は未出走で産駒はまだデビューしていません。
活躍馬の出ている血統でもないようです。
今年はトーセンホマレボシ産駒が多いので、とりあえずここで産駒傾向を書いておきます。
現時点でトーセンホマレボシは種牡馬としては失敗の部類で勝馬率は16%くらいしかありません。
同時期の種牡馬ルーラーシップが33%、ディープブリランテが24%と比べてもかなり劣ります。
そもそもG2一つ勝っただけの馬なので能力的にどうだったのかも疑問です。
なので、トーセンホマレボシ産駒というだけで評価は一つか二つ落としてもいいと思います。
この馬の馬体ですが、ずいぶんとがっしりしていてパワー型です。
ダート傾向が強そうですね。
歩様は普通ですが活気がないですね。
全体としては、何が悪いという馬ではないのですが、買い材料が乏しいです。調教が始まって目覚しい動きを見せるとかしない限りは買い要素はないかもしれません。
【総合評価】D


24 リングレットの16 メス 黒鹿毛 4月22日 大和田 成
トーセンホマレボシ ノーザンファーム 1,000万 20,000
体 高:155.0cm
胸 囲:165.0cm
管 囲:19.5cm
馬体重:382kg

母は2勝で産駒は8頭がデビューして勝ったのは1勝のみと悲惨な結果。
それでなんでノーザンファームにいられるのかと思ったら祖母がダイナカールなんですね。
それだけの理由でここまで繫殖としてやっていけてる感じです。
こちらもホマレボシなので評価はダウン。
馬体も小さくて良く見えません。
歩様もなんか頼りないです。
全体として、繫殖成績悪い、ホマレボシ産駒、馬体も小さい、母高齢などなど良いところがありません。
【総合評価】E


25 ユキチャンの16 牡 白毛 3月1日 加藤 征弘
ヨハネスブルグ ノーザンファーム 2,800万 56,000
体 高:154.0cm
胸 囲:180.0cm
管 囲:20.5cm
馬体重:490kg

母はダートの重賞勝ち馬で白毛で話題を集めました。
産駒も白毛が多く、シルクで募集が続いています。
産駒成績はいまいち良くありません。
毎年のことですが、この馬は白毛の付加価値が重要なので白毛が欲しいかどうかだけでしょうね。
ヨハネスブルグ産駒は早熟傾向が強いので早めに仕上がれば1勝はできるかもしれません。
馬体は、この繫殖の子らしく大型でダート馬になりそうですね。
歩様はのっしのっしという感じで重いです。
とてもポイントに書いてある軽快な歩様には見えません。
全体としては、白毛に出資したいかどうかだけ。牡馬は初めてなのでパワーがうまく出れば一発も?
【総合評価】D


26 フサイチパンドラの16 メス 栗毛 3月13日 木村 哲也
ヨハネスブルグ ノーザンファーム 2,000万 40,000
体 高:153.0cm
胸 囲:171.0cm
管 囲:19.7cm
馬体重:429kg

母はエリ女を勝ったG1馬で重賞で大活躍。
その活躍のわりには産駒の成績はぱっとしません。
勝っても1勝、2勝くらいなので大物は期待できないかもしれません。
ただ、今回の子は馬体はかなりバランスも良く悪くありません。
もしかしたら、そろそろ大物でるのか?と思わせる一頭ではあります。
歩様も問題ありません。
全体としては、産駒成績を見ると強気にはなれないが、母のポテンシャルや馬体を見れば一発もありそう。
【総合評価】C


27 レアクラシックの16 牡 鹿毛 3月3日 高橋 文雅
ワークフォース ノーザンファーム 1,400万 28,000
体 高:160.0cm
胸 囲:177.0cm
管 囲:21.5cm
馬体重:484kg

母は未勝利、産駒も5頭走って全部未勝利。
繫殖牝馬として能力が低いと言わざるをえません。
父ワークフォースは、日本でぱっとせずに買い戻されて海外に戻っていきました。
ただ、そこまで悪すぎるというわけでもなく、重賞馬はいませんがそこそこの馬は結構出ています。
馬体は既にかなりの大型ですね。
そのわりには筋力不足という感じで芝の長距離という感じでしょうか。
歩様は普通です。
全体としては、繫殖能力を重視する私にとってこの産駒成績を見ただけで出資可能性は0です。
【総合評価】E


28 ヒカルアマランサスの16 メス 鹿毛 2月28日 栗田 徹
ワークフォース ノーザンファーム 1,500万 30,000
体 高:154.0cm
胸 囲:170.5cm
管 囲:19.1cm
馬体重:404kg

母は重賞勝ち馬です。
産駒はギモーヴが3勝で重賞にも出てますし、シルクのクインアマランサスも勝ちあがっています。
個人的にはハービンジャーで結果の出た繫殖はワークフォースでも結果が出てる気がするので、ハービンジャー産駒のギモーヴが活躍していることを考えるとこの馬も悪くありません。
馬体は少し小さい気がしますがバランスは悪くありません。
歩様も問題ありません。
全体として、おそらく人気は無さそうなので様子見したい1頭です。個人的には成長次第では十分出資候補になりうる存在かなと思っています。
【総合評価】B


29 レースパイロットの16 牡 黒鹿毛 5月9日 高柳 瑞樹
タートルボウル ノーザンファーム 1,500万 30,000
体 高:155.0cm
胸 囲:161.5cm
管 囲:20.4cm
馬体重:373kg

母は2勝馬でG2も2着があります。
産駒は4頭走って1勝のみです。
繁殖能力に疑問があります。
父タートルボウルもいまいちぱっとしません。
馬体は5月生まれということもありますが貧弱です。
体高や管囲を見てもそれなりのサイズまではいきそうなので小さい心配はないかもしれません。
歩様はそこそこです。
全体として、こちらも繫殖成績が良くないし、父も馬体も強調できないので現時点でいく必要はないでしょう。
【総合評価】E


30 ショアーの16 メス 鹿毛 2月19日 鹿戸 雄一
ブラックタイド ノーザンファーム 2,000万 40,000
体 高:155.5cm
胸 囲:171.5cm
管 囲:20.1cm
馬体重:415kg

母は欧州2勝。
産駒には3歳重賞戦線で活躍したイモータル、5勝のエックスマーク、4勝のショウナンバーズ、3勝のアドマイヤシーマと活躍馬多数です。
繫殖能力は間違いなく高いです。
父ブラックタイドは、キタサンブラックを出していますが繫殖相手が今までそこまでレベルが高くないこともあり成績は安定しません。
特に牝馬の活躍馬があまりいないのが心配です。
馬体は特にこれが素晴らしいというものは感じませんが悪くもないので普通ですね。
歩様も普通です。
全体としては、繁殖能力は間違いなくハズレも出さないタイプでほぼ勝ちあがっています。この馬も勝ちあがりは問題ないのではないでしょうか。価格的にも高すぎないので穴人気しそうですね。
【総合評価】B


31 ディフィカルトの16 メス 栗毛 5月6日 久保田 貴士
ヘニーヒューズ ノーザンファーム 1,800万 36,000
体 高:150.0cm
胸 囲:169.0cm
管 囲:18.9cm
馬体重:408kg

母はアメリカ1勝。
産駒にはG1馬テスタマッタがいます。
他にも4勝馬もいて繁殖能力は高そうです。
ただ、シルク馬で期待されたセカンドエフォートはまだ1勝で期待ほどは活躍できていません。
今回はヘニーヒューズとの配合ということでダート専門を意識していますね。
そうなると、ダート専門の牝馬はマイナス材料。
馬体は、5月生まれということもあり、厚みはありますがこじんまりとしています。
管囲の細さも気になります。
歩様は普通です。
全体としては、母も高齢になってきましたし、ダート牝馬ということで1次からいく馬ではなさそうです。様子見してから判断したいですね。
【総合評価】D


32 ゴールドティアラの16 メス 栗毛 4月2日 大竹 正博
スマートファルコン 白老ファーム 1,400万 28,000
体 高:153.5cm
胸 囲:172.0cm
管 囲:19.9cm
馬体重:426kg

母はダートで大活躍の名牝。
産駒も6勝のゴールデンハインド含め5勝馬、3勝馬など堅実に活躍馬を出しています。
ただ、かなり高齢でこの子は20歳の時の子になります。
それでも、私は一つ上のロイヤルアフェアに出資し順調にきており、高齢の弊害は感じません。
それより気になるのはスマートファルコンのほうですね。
現時点でいまいち活躍馬が出ていません。
それでもダートで未勝利、500万くらいなら結構勝ちますので大物狙いじゃなければ問題ないかもしれませんね。
馬体は立派でこれぞダート馬って感じです。
牝馬のダート馬なので評価は少し下げますがこの価格なら十分でしょう。
歩様もまずまず。
全体としては、価格を考えると面白い存在。重賞勝ちを狙うなら難しいかもしれないけど、勝ちあがりが目標なら十分出資候補。
【総合評価】B


33 ウイングステルスの16 牡 栗毛 4月9日 中川 公成
Rio de La Plata ノーザンファーム 2,800万 56,000
体 高:157.0cm
胸 囲:178.0cm
管 囲:21.5cm
馬体重:492kg

母は海外馬。
産駒には欧州でG1馬がいるようです。
父はよくわかりません。
馬体は既にかなり大きく立派です。
まだまだ大きくなりそうなので500キロは軽く越えてくると思います。
歩様は悪くありません。
全体として、こういうよくわからない海外輸入馬には興味がありませんが、馬体は立派なので大きくなりすぎなければ楽しみはあるかもしれません。
【総合評価】D
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ