FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク2017年度募集馬レビュー(関西46~56)

昨日のブログでは読んでくれた人に拍手をお願いしたのですが、半日くらいでたくさんの拍手をクリックしていただき、予想以上にみなさん読んでくださっているんだなと思いやる気がでました。
その分、下手なレビューができないなと身が引き締まった思いです。

一昨年、ステイゴールド産駒の牡馬の2頭が大人気となりました。
去年、ディープインパクト産駒の牝馬の3頭が人気になったのは記憶に新しいところです。
今年は何の産駒が人気になると思いますか?
答えはおそらくロードカナロア産駒だと思っています。
まず、デビューしたばかりの2歳馬が新馬戦で結果を出していること。
そして、繫殖の質がものすごく高く過去ディープインパクトをつけていたような繫殖が勢ぞろいしていること。
最後に、この活躍が納得できるような素晴らしい馬体の産駒が多いことです。
なので、はっきり言いますが今年のシルクはロードカナロア産駒を1頭は取ったほうがいいと思います。
もちろん、どれも人気になると思いますが、とにかく今年はロードカナロアです。
ただ、シルクだけでも6頭も募集があり、どれを選ぶのか難しいですよね。
私は、関西の産駒のほうが出来が良いと判断し、関東の2頭はC評価にしました。
はっきり言って、Bでもいいですし、Aをつける人がいても反論ありません。
私の中で全頭Bとかじゃつまらないので差別化をするために関西を重要視し、関東の2頭はCにしたという感じです。
価格的にも安いわけじゃないので、絞っていかないといけませんしね。
という流れでさっそくロードカナロア産駒からのレビューになります。


46 プリモスターの16 牡 鹿毛 2月10日 矢作 芳人
ロードカナロア グランド牧場 3,000万 60,000
体 高:153.5cm
胸 囲:170.0cm
管 囲:20.0cm
馬体重:438kg

母は5勝馬です。
産駒には2勝馬で全日本2歳優駿でも2着のあるスザク、3勝馬ブライスガウもいますね。
現時点ではまずまずの繫殖といったところでしょう。
キンカメ産駒で結果も出てるのでカナロアでも良さそうです。
少し小さくまとまってる感じもあるのですが、バランスが良い馬体で一目でいいなぁって感じしますよね。
歩様も問題ありません。
個人的には大好きな矢作厩舎もいいですね。
全体として、母の繫殖成績を見てもいきなり大物が出る感じはしないのですが、しっかり勝ち上がってマイルくらいで長く活躍してくれるタイプじゃないでしょうか。
【総合評価】B+


47 ビアンカシェボンの16 牡 鹿毛 3月23日 中内田 充正
ロードカナロア ノーザンファーム 3,000万 60,000
体 高:156.5cm
胸 囲:176.0cm
管 囲:21.0cm
馬体重:443kg

母は1勝馬で産駒はまだ走っていません。
上もカナロア産駒でキャロットで募集されました。
下もカナロア産駒でセレクトセールで5000万くらいで落札されたのでこの価格はお得に見えます。
血統的には産駒も走っていないので繫殖能力はわかりません。
馬体としては、プリモスターよりはこっちのほうが馬格がありそうです。
個人的にはこっちのほうが好きかなぁ。
歩様は良さそうです。
全体として、重視してる繫殖能力が未知数なのが不安ではありますが、この馬体なら走ってくるでしょう。たぶん人気はプリモスターのほうがする気がするので、こっち狙いもいいかもね。
【総合評価】B+


48 レーヴドスカーの16 メス 鹿毛 1月31日 斉藤 崇史
ロードカナロア ノーザンファーム 3,000万 60,000
体 高:153.0cm
胸 囲:172.0cm
管 囲:19.0cm
馬体重:418kg

母は欧州のG1馬で日本を代表する名繁殖牝馬。
産駒はもう説明は省略しますが、G1、重賞での活躍馬多数。
繫殖能力は日本のトップクラスです。
ただ、さすがに高齢になってきており、この子も19歳時の子になります。
産駒成績もだんだんと下降気味なのは気になるところですし、だからシルクにまわってきてるとも言えます。
馬体は、よく言えば気品があって上品、悪く言えば迫力がありません。
歩様はまずまずです。
全体として、馬体は他のカナロアと比較すると華奢に感じます。ただ血統の力は断トツです。馬体がどうのこうのって言っても結局血の力で走っちゃうんだよねっていうのがよくあるパターン。
【総合評価】C


49 プチノワールの16 メス 鹿毛 2月15日 須貝 尚介
ロードカナロア ノーザンファーム 3,500万 70,000
体 高:150.5cm
胸 囲:173.0cm
管 囲:19.9cm
馬体重:417kg

母は未出走。
産駒にはシルクの代表馬ローブティサージュがいます。
ただ、勝ちあがってるのもこの1頭だけなので現状は一発屋。
ステイオンザトップなんかは人気もしてましたし、勝ち上がりにこんなに苦戦するとは思いませんでした。
馬体はこちらもいいですね。
特に丸くて大きいお尻がいいです。
歩様も問題ありません。
全体として、おそらく今年の募集馬で1~3番人気になる馬だと思います。1番人気もあるかも?まぁ、良いのはわかるけど抽選で当たらないだろうなという去年のピラミマの15を見る気分です。
【総合評価】A


50 グランプリエの16 メス 栃栗毛 1月20日 藤岡 健一
ヴィクトワールピサ ノーザンファーム 1,500万 30,000
体 高:160.0cm
胸 囲:179.5cm
管 囲:20.0cm
馬体重:463kg

母は未出走でシルク馬。
シルクの活躍馬グレンツェントの近親になります。
新しいシルク血統に加わってくるのかもしれません。
馬体はスラリとしてて中長距離の芝馬という感じ。
歩様はまずまずです。
全体として、正直な感想は、意外と悪くないなという印象です。色々噛み合えば結構やれる気がします。まぁ人気もないでしょうから様子見しましょう。
【総合評価】C


51 ツルマルワンピースの16 メス 栗毛 3月27日 橋口 慎介
ヴィクトワールピサ ノーザンファーム 1,800万 36,000
体 高:156.0cm
胸 囲:174.5cm
管 囲:20.5cm
馬体重:462kg

母は3勝馬で産駒はまだ走っていません。
続けてシルクで募集されています。
繫殖能力は未知数。
馬体は、前はいいんですが後ろが気に入りません。
特に脚に違和感あります。
歩様も後ろ足に違和感があります。
全体として、具体的にどうだという知識もないんですがとにかく後ろの違和感が気になります。
【総合評価】E


52 ロザリンドの16 牡 黒鹿毛 2月8日 藤原 英昭
ルーラーシップ ノーザンファーム 3,500万 70,000
体 高:152.0cm
胸 囲:170.5cm
管 囲:20.0cm
馬体重:419kg

母は未勝利で初仔になります。
祖母はあのシーザリオ、キャロットの目玉血統がシルクにやってきました。
母父はシンボリクリスエスなので、あのエピファネイアの全妹ということで潜在的な繫殖能力も高そうです。
キャロットの会員でこの母を持ってた人は母親優先使えなくてショックでしょうけど、会員をシルクに流す役目もあるのかもしれません。
馬体は、思ってたよりずっと立派。
どうせシルクに回ってくるんだからいまいちなんだろうという目論みは外れました。
ルーラーシップというよりは母父のシンボリクリスエスが色濃く出ていて立派に見える側面もあると思います。
歩様もいいです。
全体として、さすがの血統馬だなという印象。心配なのはいまいち大物が出ていないルーラーシップ。それでも、価格もそこまで高くないし、1番人気候補の1頭。
【総合評価】A


53 グリューネワルトの16 メス 黒鹿毛 2月14日 奥村 豊
ルーラーシップ ノーザンファーム 1,600万 32,000
体 高:152.5cm
胸 囲:176.0cm
管 囲:20.0cm
馬体重:467kg

母は2勝馬。
産駒は2頭デビューしてまだ未勝利。
血統的にかなり地味で募集馬リストを見た段階では興味もありませんでした。
ただ、馬体と見るとこれが悪くないんですよね。
ルーラーシップ産駒は牝馬がいまいちなのは気になります。
歩様は問題ありません。
全体として、意外な隠し玉になりそうな一頭かなと思います。人気にはならないと思いますので様子見しながら判断したいです。
【全体評価】B


54 マハーバーラタの16 牡 鹿毛 4月4日 斉藤 崇史
ハービンジャー ノーザンファーム 1,800万 36,000
体 高:152.5cm
胸 囲:168.5cm
管 囲:20.7cm
馬体重:396kg

母は1勝。
産駒は2頭デビューしてまだ未勝利。
血統的な魅力は薄そう。
馬体も普通かな。
歩様はなんかぎこちない。
全体としては、今のところ魅力はいまいち感じない。強調できるのは勢いのあるハービンジャー産駒というくらいかな。
【総合評価】D


55 アーデルハイトの16 メス 鹿毛 3月13日 池添 学
ハービンジャー ノーザンファーム 1,800万 36,000
体 高:151.0cm
胸 囲:172.0cm
管 囲:19.2cm
馬体重:414kg

母は未勝利も祖母はあのビワハイジで超良血。
産駒は3頭デビューして3頭とも勝ちあがり。
ロッテンマイヤーはオープン勝ち。
先日アーデルワイゼが新馬勝ちしたのはご存知の通り。
3頭とも種牡馬が違うのにこの活躍なのは血統のすごさの証明でもある。
ただ、上2頭は故障もしていて能力と体質のせめぎ合いが毎回問題となる。
馬体は、正直いい馬体してるなぁとは感じないよね。
全体的にボリューム不足で物足りない印象。
だけど心配な足元はそこまで問題ないように感じる。
歩様は普通。
全体として、現時点ではそこまで強調できる馬体ではないと思う。だけど、心配なのは足元など体質面でそこさえ大丈夫なら血統だけで走ってくるのがこの血筋。成長も見たいけど間違いなく人気するので1次からいくしかない。
【全体評価】B


56 ラフアップの16 牡 鹿毛 1月27日 寺島 良
キンシャサノキセキ 坂東牧場 1,600万 32,000
体 高:158.0cm
胸 囲:180.0cm
管 囲:21.8cm
馬体重:495kg

母は1勝馬。
産駒は4頭デビューして未勝利。
繫殖能力に疑問です。
馬体はかなりガッシリしててパワー型です。
ダートで活躍しそうなタイプですね。
歩様は普通ですね。
全体として、この繫殖成績を見ても急に活躍馬がでる感じはしない。だけど、馬体は立派なので1勝、2勝なら可能性はありそう。間違いなく人気ないでしょうから様子見して調教の動きがよければ考えましょう。
【総合評価】C


さぁ、あと10頭くらいになりました。
なんとかツアーまでに終わりそうです。

記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが今後のモチベーションにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



お疲れ様です
僕も当初カナロア大本命だったけど、冷静に考えるとやはり高いです

今の産駒の成績だけでこの値付けは早計かと、、、

そう考えてます

カナロアの現役時代他の競争馬のレベルを考えるとタイキシャトル臭がしなくもないです

なので僕は見で行きます
残ればラッキーですが残らないでしょうね(笑)

一次で行くなら運試しのプチノワールですが、今のとこ馬体にそこまでグっと来るものがないのでスルーの予定です

やはり募集時期もう少し遅らせてほしいです
[ 2017/07/26 09:27 ] [ 編集 ]
あ!これ僕個人の私見なんで気にしないで下さい
[ 2017/07/26 09:30 ] [ 編集 ]
クリアアサヒさん
確かにカナロア高いですよね。
繫殖の質も高いし、セレクトセールの値段からするとこれくらいしょうがないとは思いますが、高いという印象は私も感じています。
距離的にもクラシック向きではないでしょうし、本当ならもっと産駒の活躍をみてから判断したいですよね。
[ 2017/07/26 18:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ