FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

出資申込みをする前に自戒を込めて考える馬選びのポイント

さて、シルクの1次申込みの締め切りも迫ってきました。
今日中には決めておかないといけませんね。
私は、募集馬レビューを書く前に自分の基準というものを載せておきました。

(走る子を出す確率の高い繁殖牝馬)×(走る子を出す確率の高い種牡馬)=走る子が生まれる確率が高い
優先順位として以下になります。
1、繁殖成績、繁殖能力
2、種牡馬成績、種牡馬能力
3、価格
4、馬体、動き


これが私の出資馬選びの大原則になっており、基本的にはずっと変わっていません。
しかし、実際どうかと言うと優先順位4番目の馬体にかなり引っ張られているのです。

カタログの写真、そしてツアーの実馬の印象など、これはすべて馬体での判断です。
そして、私レベルの人間が実馬を見ると、大きくて筋肉豊富な馬はすごく良く見えますし、まだ子供の小さい馬は良く見えません。
それによって、本来競争能力とは関係のない生まれの早い遅いが過度に評価に影響を与えてしまいます。
1月2月生まれの馬は立派な馬体が多く、5月6月生まれになるとやっぱりまだ貧相に見えます。
それは、カタログ時からツアー時までのたった1ヶ月程度だけで10キロ~20キロも馬体重が成長している事実から見ても、この生まれの3~4ヶ月の差が現状の見た目にかなり影響があることを示しています。
平等に見るなら1ヶ月当たり10キロくらい馬体重を増やした馬体を想像して比較すべきなのです。
しかし、実際はそれがなかなかできません。
その結果どうなるでしょうか?
私の場合は出資馬が大型馬に偏ってしまっているのです。
それは募集時に大きくて立派な馬に出資しているのですから、デビュー時に大型馬が増えるのは当然なのです。

そして、それが一口馬主としての成績にも影響が出てきました。
ショットガンニングはデビュー時の馬体重が586キロでなかなか馬体重が絞れずデビューが遅れ、デビュー戦で亡くなりました。
ヴァンクールシルクも現在560キロほどあり勝ち上がってはいますが、足元などの不安でなかなかレースができません。
デビュースマルトも募集時ムキムキの馬体で人気でしたが、馬体重は520キロでデビューし喉鳴りに苦しみ全レース最下位。
ダンスウィズユーも現在560キロほどあり骨折してしまうなど結果が出ていません。
ポールヴァンドルは大活躍してくれていますが530キロほどあり牝馬としてはかなり大柄です。
そして2歳馬のグロンフォールはなんともう600キロを越えています。
確かに去年のツアー時から既に大きかったのですが、スタッフさんはもうそんなに大きくならないという話でしたがここまで巨大化してしまいました。
足元が丈夫なのでまだ期待はしていますが時間はかかるでしょう。

このように明らかに大きな馬が多く、ポールヴァンドル以外は結果もなかなか出ていません。
馬体を重要な要素として選ぶことは大事だと思います。
しかし、「今の馬体」にとらわれすぎるとダメなのです。
「今の馬体」を見て、「将来の馬体」を想像して選ばなければならないのです。
ただ、実際はカタログもツアーも今の馬体がそこにあるわけで、そこで比較してしまうのもしょうがありません。
なので、自戒を込めて申しこむ直前の自分にもう一度言い聞かせているのです。

皆さんもツアーでこの馬すごい立派で良い馬だなぁと感じた馬がいたと思います。
私もツアーのレポで書きました。
だけど、本当に良い馬なのでしょうか?
単に他より早く生まれたから成長も一段階早くて立派に見えているだけじゃないでしょうか?
例えば私がツアーで立派な馬体の馬だと思った馬たちを列挙してみます。
ウルトラブレンドの16 1月
リアアントニアの16 1月
ヒッピーの16 2月
スナッチドの16 1月
グランプリエの16 1月
ロザリンドの16 2月
ラフアップの16 1月
などなど
他の方のツアーのレポでもこの辺は良く見えたという内容が多かったと思います。
露骨なまでに1月2月生まれなのです。
これが本当に良い馬体なのか、それともまだ成長途上の遅生まれと比べて良く見えただけなのか、その見極めが大事なのです。
そして、これらの馬に加えて、早生まれでもないのに立派に見えた馬は、それが本当に良いのかそれとも大型馬になる兆候なだけなのかも考えなければならないのです。

これが私が過去4世代ほど出資してきて感じた自分の反省点です。
立派な馬体にとらわれ過ぎると早生まれなだけだったり、大型馬に当たりやすいという当たり前だけど難しい部分だと思います。
それを多少うまくやるために、スタートラインを一緒にして比較してあげる必要があるのです。
1月生まれと5月生まれを比較するときは5月生まれを4か月分成長させた姿を想像して比較するのです。
まぁ、言うのは簡単ですが簡単に想像なんてできません。
たぶん、馬体派の方で当たり馬をいっぱい引いている方はこの将来を想像した比較ができいるのだと思います。
私にはできそうもありません。
そうならば今の馬体にとらわれすぎないで選ぶというのが自分の実力的には正しいはず。
今年はそれを重視したいと思っています。
本当に馬選びは難しいです。
関連記事
スポンサーサイト



そのとおりですね
私も筋肉質の馬が好きなので、ダート馬や大型馬に偏りがちです。
大きくなった時を想像することができれば良いのですが、難しいですよね。
[ 2017/08/01 12:57 ] [ 編集 ]
私の場合、毛色が黒っぽい(黒鹿毛や青鹿毛)馬に注目してしまいがちです。
なんかキリっとして格好よく見えてしまいます。
相性はあまり良くないんですけどね。
[ 2017/08/01 16:25 ] [ 編集 ]
こんにちは☆
私は一昨日の夜申し込み済ませました(^.^)
まーくさんは熱心ですね。

馬体も重要なファクターだと思いますよ。
過去の全ての入会しているクラブでG1級だったお馬さんはやっぱり募集時から馬体が良かったです。
でも募集時よく見えなくても、成長して或いはそのままでも募集価格以上走ってくれてコスパのいい馬はいますね。
運動神経のいい馬は歩く姿や後々の調教であって思うこともありますし。
遅生まれなら、小さくてもバランスさえ良ければそうマイナスにしなくてもいいんじゃないですか。

自分の場合は過去活躍した馬の募集時の測尺は表にしてまとめてます。
データ重視し過ぎると逆に失敗することもありますけど、出資馬である程度走ってくれた馬は体高とか一定以上のファクターがどの馬もありました。

最近はツアー情報は気性面ぐらいしか気にしません。
抽選もあるので少しは迷いますけど実に簡単に選ぶようになりました。
[ 2017/08/01 17:05 ] [ 編集 ]
これは!
非常に良い事言ってくれました
自称馬体派(←馬鹿っぽい)の僕としては今年の2ヶ月先回しは非常に痛かったです

それでも先見の明がある人は当たりを見分けるのでしょうが
今の時点の馬体を見ても何がなんやらです

追加募集とかは判断しやすくて好きです
他グラブと時期をずらすなら
いっそ募集開始を年明けにしてもらいたい
[ 2017/08/01 19:37 ] [ 編集 ]
私は大きい馬には積極的に出資するようにしています。
シルクはどうしてもアウトレットになってしまうのでサイズよし馬体よしで能力の高い馬はなかなか回ってこないと思います
だからこそ脚が危ないけど持てば走りそうだとか馬体が大きくて負担が大きそうだけど持てば走りそうとかって馬をリスクをある程度許容して狙ってます
[ 2017/08/01 23:19 ] [ 編集 ]
ルーディーさん
私も筋肉豊富な馬が好きなので大型馬が大きくなってしまいます。
それはそれで別にいいと思うのですが、その弊害も出てきたので今年は少し変えてみました。
[ 2017/08/02 22:29 ] [ 編集 ]
まささん
毛色ですか、確かに好みはありそうですね。
芦毛なんかは馬体を良くみせないので、逆にこれでいいと甘めの判断になりやすい気がします。
[ 2017/08/02 22:30 ] [ 編集 ]
ぼんちゃんさん
こんにちは~
確かに色々深く検討して迷っても結局抽選で取れないことのほうが多いですからね。
私は馬体だけ見ても歩いてる様子みても結局走るかどうかよくわからないのですが、走ってる姿を見ればなんとなくわかる気がしてます。
なので、調教動画が出るようになるまで様子見できた馬は結構な確率でうまくいってますね。
今年もそういう馬も何頭かいきたいですね。
[ 2017/08/02 22:34 ] [ 編集 ]
クリアアサヒさん
思ってた以上にこの2ヶ月って大きかったですね。
1月生まれとかでしたらそこまで影響ないんでしょうけど、5月生まれなどは明らかに子供でもっと成長してから判断したいと思ってしまいます。
追加募集とか今年もあるでしょうから、何がくるか楽しみです。
[ 2017/08/02 22:36 ] [ 編集 ]
ジョイフルハートさん
私も小さな馬は避けてきたんですが、大きな馬はそこまで気にせず出資してきました。
ただ、その弊害も感じてきたので今年は少し変えてみることにしました。大きい馬がダメというわけでは決してないんですけどね。
[ 2017/08/02 22:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ