まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

社台スタリオンの2016年度種付け頭数から妄想する

今年(前年比)┃種付料(前年)
280 (+39)┃*300万 (*250万) ルーラーシップ
269 (new)┃*250万 (***new) キズナ
263 (-04)┃*500万 (*500万) ロードカナロア
244 (-12)┃*600万 (*600万) オルフェーヴル
230 (-20)┃3000万 (2500万) ディープインパクト
221 (new)┃*250万 (***new) エピファネイア
196 (-04)┃*150万 (*150万) エイシンフラッシュ
182 (+40)┃*080万 (*050万) スマートファルコン
158 (-05)┃*250万 (*300万) ヴィクトワールピサ
157 (-23)┃*200万 (*200万) クロフネ
156 (+36)┃*500万 (*500万) ダイワメジャー
156 (-24)┃*250万 (*100万) キンシャサノキセキ
151 (-69)┃*350万 (*350万) ジャスタウェイ
151 (+43)┃1000万 (*800万) キングカメハメハ
146 (new)┃*080万 (***new) フェノーメノ
145 (-18)┃*050万 (*050万) ベルシャザール
141 (-50)┃*300万 (*300万) ゴールドアリュール
139 (new)┃*080万 (***new) リアルインパクト
135 (-69)┃*800万 (*800万) ハーツクライ
122 (-26)┃*350万 (*400万) ノヴェリスト
113 (+40)┃*100万 (*150万) カジノドライヴ
109 (+40)┃*150万 (*050万) ダノンシャンティ
101 (new)┃*150万 (***new) スピルバーグ
101 (-91)┃*300万 (*400万) ハービンジャー
100 (+14)┃*200万 (*200万) タートルボウル
088 (-47)┃*100万(*120万) ディープブリランテ
057 (-105)┃250万(*300万) ワークフォース


どっかから拾ってきたデータですがたぶん合ってると思います。
この種付けされた馬たちが再来年のシルクの募集馬になるわけです。
新種牡馬で言えばキズナなんて4頭くらい募集されそうな数ですね。
個人的にはキズナは大好きな馬なので最低でも1頭は出資すると思います。
あとは、エピファも2頭くらい、フェノーメノも1~2頭はありそうです。
リアルインパクトなんかは、キャロットで多めに募集されそうですよね。
でも、リアルインパクトでこんなに種付けされるならラストインパクトも需要ありそうですよね。
確かにリアルのほうがG1馬ですけど、ラストは中距離馬ですから貴重ですしね。

次は、たくさん増えたのを見てみましょう。
ルーラーシップは大人気ですね。
産駒も走っていますが、まだ大きいところは取れておらず当初よりは少し失速気味。
昨日もダンビュライトもダメでしたね。
スマートファルコンはそこまで産駒もまだ目だっていませんが安いのが良いのかもしれません。
ダイワメジャーは2歳リーディングですから早期から活躍できるメリットがあります。
キンカメは体調次第です。
ダノンシャンティなんかは、スマートオーディンなど活躍馬がいきなり出ましたから当然増えますよね。
ただ、この年で社台SSから出されてしまったんですよね。
個人的にはもったいないと思います。

次に大きく減ってしまったのを見てみましょう。
だんとつなのはワークフォ-スです。
凱旋門賞馬として種牡馬入りしましたが、勝ち上がりはそこそこするも次が勝てない馬が多い印象ですね。
100頭以上と大幅に減らしてしまいました。
来年からはアイルランドに出されてしまうことが決定してしまいましたので日本では最後の産駒でしょうね。
次にハービンジャーも大きく減っています。
ワークフォースと似たようなイメージですが、成績はそこまで悪くありません。
たぶん、値段の問題だと思います。
もう少し下がれば増えてくる気もします。
同じような理由でハーツクライも下げています。
一時期の大活躍ほどではなくなったわりに800万はやっぱり高いですよね。
ジャスタウェイが結構減ってるのはちょっと理由はわかりません。
産駒の出来があまりよくなかったのでしょうかね?
産駒のセリではそこそこ人気もあった気がしますが。

再来年このラインナップの中からシルクで募集されることになります。
種牡馬だけで出資馬を選ぶならどうしましょうかね。
もちろん予算面も考えてになります。
・キズナ牡馬 5万
・ルーラーシップ牡馬 5万
・ディープブリランテ牡馬 4万
・ダイワメジャー牝馬 4万
・エイシンフラッシュ牝馬 4万
・クロフネ牝馬 3万
・ダノンシャンティ牡馬 3万

これで28万で7頭ですから、ちょうどいい感じですね。
ディープ、キンカメ、ハーツなどの大物はいませんが十分一発も期待できそうです。
今年は、社台以外でもゴールドシップなども種牡馬入りしています。
こうやって種牡馬リストを見るだけで、産駒に出資する夢をみられるのも一口馬主の醍醐味ですね。
[ 2016/12/19 19:37 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

今1番出資したい種牡馬

今年の2歳世代も今週のG1朝日杯で一区切りがつくと思います。
世間を賑わせたのは阪神JFをソウルスターリングで勝ち、朝日杯でも1番人気になるだろうミスエルテが出走するフランケル産駒でしょう。
ただ、フランケル産駒はそもそも種付けを制限していて、かなりの良血しか種付けできないと聞きますし、入手手段はフランケルを受胎した持ち込み繁殖を買うか、むこうまで繁殖牝馬をもっていって種付けするかになりますのでかなり限られてしまいます。
当然、お値段も高額で私が出資候補にするレベルではありません。
ちなみに、ミスエルテはミ・スエルテでミス・エルテではないんですね。
エルテさんという意味かと思っていました。
こんな貴重なフランケル産駒ですが、忘れてはならないのですがシルクにも1頭います。
イルーシヴハピネスは、フランケル産駒で期待も大きいとは思いますが560キロ以上の馬体でいまだに北海道にいます。
もちろん、この馬がこの2頭くらいの能力がある可能性は十分にありますが、現状ではやっぱりシルクにまわされて来たフランケル産駒という感じになってしまいますね。

脱線しましたが、そういうわけで私が今1番出資したい種牡馬はディープブリランテ産駒になります。
正直、私はディープブリランテの種牡馬能力に少し疑問がありました。
現役時代はディープインパクトのような末脚で差しきるタイプではなく、前に行って押し切るタイプの馬でした。
ディープとはちょっと違うタイプなのでスピードが継承されていないのではと心配していました。
しかし、産駒がデビューすると大活躍しています。
特に顕著なのがクラブ馬です。
キャロットとシルクのディープブリランテ産駒の活躍はめざましいものがあります。
キャロットでは、ディーパワンサが2勝し阪神JF4着、ラプソディーアとリカビトスは新馬勝ちしています。
シルクでも、ナイトバナレットが勝ちあがり、セダブリランテスが新馬勝ち。
新馬勝ちが多く特筆すべき活躍です。
特にセダブリランテスは、私が去年シルクの1次募集で最も馬体を評価した馬で1次申込みするも落選してしまった馬です。
落選馬の活躍は自分の見る目の確かさを確信できうれしい反面、やっぱり悔しい気持ちも大きいです。
そんな大活躍中のディープブリランテ産駒ですが、今年はキャロットでは2頭募集されるもシルクではなんと0頭でした。
活躍してる種牡馬の産駒がちょうどラインナップされていないあたりもシルクらしいです。
なので、シルクオンリーの私は出資機会がありません。
ただ、追加募集にきそうな予感はあります。
この世代170頭も種付けしてますので、ノーザン系のシルクに1頭もこないのはちょっとおかしいからです。
22日に募集馬検討会がありますし、そこで追加の発表もあるかもしれませんね。
まぁ、私はもう予算が尽きているのですが、ポイントがいっぱいありますので、お手頃ならあと1頭くらいはいけます。
ディープインパクト産駒なんて当然もういけませんが、ブリランテならお手頃価格でいけるかもしれません。
今後も活躍が続けば、ディープはディープでもブリランテのほうみたいなネタにされることも無くなりそうですね。
[ 2016/12/17 00:42 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

競走馬ゼッケンをお手軽に飾る方法

先日、当選したレーヌドブリエのゼッケンですが、そのままでは宝の持ち腐れです。
せっかくなので綺麗に額に入れて飾りたいものです。
とりあえず、色々検索してどうするのがいいのか調べてみました。
そこで調べた中で私なりにやってみた方法を紹介します。

1、除菌、陰干しをする
馬に直接載せていたゼッケンですのでお世辞にも綺麗なものではありません。
体毛もビッシリついていますし、おそらく汗などもたくさんついているでしょう。
そのままですとカビが生えたりすることがあるらしいので、私は除菌効果のあるファブリーズを満遍なくかけてから、2日ほど陰干ししました。
また、ゼッケンは半分に折られて送られてきたので、ちょっと折り目が残っていて気になったので軽くアイロンをかけて折り目を消しました。
サインなど消えてしまわないように、裏からアイロンをするといいと思います。

2、写真など飾りつけを用意する
ゼッケンだけでも良いとは思いますが、少し寂しい気がします。
シルクでは、馬が勝利するとホームページのバナーにかっこよくタイトルを付けた画像が出ます。
私は今回、それを印刷して飾りつけにしました。
あとは、勝利レース名と血統などのメモを入れました。
シルクでは、勝利時には写真が送られてくるのでそれをそのまま使ってもいいかなと思いました。
IMG_4870.jpg


3、額、フレームを用意する
これが1番困るところかと思います。
結構な大きさなので、まずちゃんと入るのかどうかがよくわかりません。
また、厚みがありますので、そこも入るかどうかわかりません。
お店で専用の額も販売されています。
ゼッケン用アルミフレーム
しかし、3万円もします。
色々見ましたが安くても2万円くらいはしますので、気軽には買えません。
安い馬一頭出資できますもん。

そこで私が今回買ったのはこちらになります。
フィットフレーム B2(515X728mm)
サイズはこのB2のものがピッタリです。
この商品はたった2500円です。
アマゾンで気軽に買えますし、プライム会員でしたらアマゾンのほうから買えば送料も無料です。
こちらの商品のメリットは、ポスターなどの紙ならそのまま飾れますし、ゼッケンのような厚みのあるものは、中にダンボール的なものが2枚挟まっており、厚さに応じてどっちか取れば厚みのあるものも飾れます。
このゼッケンのように2枚折りのものは結構な厚みがあるので、厚いダンボールのほうを取ってしまえばギリギリ入りました。
ゼッケンの上のほうは折り返してあるので、1番厚いので結構ギリギリなので、端っこからまずはめていくとやりやすいです。
また、注意点として透明のフィルムには両面に保護シールが貼ってあります。
2枚ともしっかり剥がしてください。
私は1枚だけだと思って剥がし忘れてしまい、やり直すことになってしまい手間がかかりました。

それでは、まずはシルクから送られてきたゼッケンそのままがこれです。
IMG_4846.jpg
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓




これがたった2500円のフレームに入れると「なんということでしょう!」

IMG_4868_1.jpg

見違えるほど立派になりました!
もし、ゼッケンが当選された方はこれを参考に飾ってみてくださいね。
時間経過と共になにか不具合があれば報告します。
[ 2016/11/21 03:03 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

燃え尽き症候群

一口馬主のブログが最もアクセスの増える時はいつでしょうか?
それは、募集馬が発表されて応募が締め切られるまでです。
私も含めて、皆さん色々なブログを見て情報収集をし、レビューなど評価を見て検討したりするからでしょうね。
シルクの場合では、まず募集馬の名前だけ出て、価格や厩舎が出て、カタログが出て、測尺も出て、動画も出て、ツアーにも行ってとブログを書くネタも次々に出てきますから1番忙しい時期でもあります。

そうやって1番忙しく、1番アクセスの多い時期が終わり、また盛り上がる当落の発表も終わり、残口馬の争奪戦も一段落すると一気に気持ちが落ち着いてしまいます。
今がちょうどそんな時期になります。
なので、ブログの更新頻度も少しさぼりがちになります。
特に今年は、私は予算をほぼ使い切ってしまっており、様子見馬の選びにも力が入りません。
最新画像や歩いてる動画が少し更新されましたが、軽くチェックしたくらいです。
坂路の調教動画が出てくると良い動きだとまた売れ行きにも変動があるかもしれません。
タイトルパートの15なんか一気に満口になりましたが、確かに良い馬体ではありますが、調教の動きを見てから判断したい一頭で、この段階での出資はなかなか勇気がいります。
それでも売り切れてしまうんですから、様子見してる人が多かったんでしょうね。

そんな燃え尽き症候群の私ですが、少し始めていることがあります。
それは、馬名の検討です。
去年、初めて馬名が採用され、やっぱり格別の喜びでした。
もちろん、今年も採用を目指しています。
そして、去年わかった裏ルール「馬名採用は早い者勝ち」というのがあります。
私のようにその名前を一人しか応募していなければ問題ありませんが、同じ名前を複数の人が応募していた場合、記念品は最初に送った人しかもらえないということです。
つまり、どうせ送るなら早いほうがいいのです。
なので、もう今から考えておくほうが良いです。
記念品はかなり立派でそこそこの値段のするクリスタルのトロフィーですから採用されたら絶対欲しい一品です。
みなさんも馬名はもう考え始めたほうがいいですよ。
[ 2016/11/16 22:00 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(2)

一口馬主レビューは本当に参考になるのか検証してみた

シルクのカタログも届き始め一口馬主のブロガーさん達が早速レビューを執筆されていますね。
最近では有料で販売される人も多いですが、無料で頑張っておられる方も多く本当にすばらしいと思います。
初心者の方はもちろん、ベテランの方でも他の人の意見というのはやっぱり聞いて参考にしたいものですから感謝しかありません。
ただ、そのレビューした馬の結果がどうなったかはあまり聞いたことがありません。
結果が出るのが早くても2年後の3歳未勝利が終わるくらいですし、もっと正確な結果は全頭引退するまでわかりません。
ちょうどこの時期、皆さんレビューを参考にされるでしょうし、3歳未勝利戦が終わる時期でもありますので、現3歳の募集当時のレビューって皆さんどう書いていたのか検証してみようと思います。
今回検証するのはシルクの現3歳の当たり馬3頭、ハズレ馬3頭の合計6頭を募集当時みなさんどういうレビューされていたのかです。
執筆者を晒しあげる意図は全くありませんので、匿名でレビューの一部抜粋し行います。

今回当たり馬として取り上げる3頭は
・ゼーヴィント(重賞勝利)
・グレンツェント(重賞勝利)
・クードラパン(回収率がグレンツェントに次いで2位)
ハズレ馬として取り上げるのは、それなりに出走数があり、二桁着順がほとんどだった3頭です。
・アデプタスメジャー(4戦すべて二桁大敗)
・ジスターキ(6戦し最後の4戦二桁大敗)
・プラチナフェアリー(2戦大敗タイムオーバー骨折引退)
出資されていた方にはハズレ馬なんて言うのは申し訳ありませんがご了承お願います。

まずは、自分の当時のレビューを晒し上げて、それから当時全頭レビューされていた方から5人ほど選ばせていただき、どういうレビューだったかを見ていきたいと思います。

ゼーヴィント(シルキーラグーンの13)・・・7戦3勝(G3ラジオ日経勝利、G2セントライト2着)
・まーく
評価C
5月生まれですがまだ小さいです。これからの成長次第でしょう。
馬体は悪くないと思いますが、現時点では強調材料は乏しいです。厩舎もいまいちです。

・Aさん
兄より良さそう。
牡馬にしては馬体重が軽い。
兄弟が全然走ってない、母父との組み合わせで活躍馬が居ない

・Bさん
繁殖成績はいまひとつ。
この配合で活躍馬は無し。
ディープの牡馬では安いほうだが、どうか

・Cさん
普通。悪くもないが良くもない。
ディープだから走るかもしれないが、馬体だけなら高すぎる。

・Dさん
こういうトモは厳しい。サイズも小さい。筋肉は悪くないが。

・Eさん
纏まり型で直飛、マイル辺りを回転の速い走りで駆け抜けるような馬になる


グレンツェント(ボシンシェの13)・・・7戦4勝(G3レパードS勝利)
・まーく
評価C
シルク12年産のネオユニ牡馬の活躍をみてネオユニ牡馬が欲しくなる人も多いだろうが、今年はこの1頭だけ。
馬体は良いと思いますがちょっと小さめで大物感はありません。

・Aさん
カタログ写真の馬体は凄い良く見える。
でも馬体は小さめ。
血統は悪く無さそうだけど

・Bさん
配合がブライトエンブレムと同じ。
ネオユニ産駒は当たり外れが激しい
牡で2,000万円なら、行きやすい一頭。

・Cさん
普通。
ネオユニにしては大きな瑕疵はない。

・Dさん
まとまっているが、小柄で立ち姿がやや頼りない。
筋肉はややのっぺりしてダートのほうが良いか。

・Eさん
馬格の無いネオユニヴァース牡馬はうーん…という感じ
機動力を活かして小回りコースを走ってくれる馬に期待。


クードラパン(ルシルクの13)・・・8戦3勝(回収率210%)
・まーく
評価C
馬体は悪くないのですが尻尾が短い原因が気になります。
下痢がひどく尻尾をしばったからということでしたが、そうなると内臓系がちょっと心配になります。
今後の経過次第ですが無理して出資するほどじゃないと思います。

・Aさん
牝だけどトモのボリュームはダイワメジャー。
母の繁殖牝馬の資質は未知数。
尻尾が短いのは何故?

・Bさん
配合的には良い感じ。
ダイワメジャー産駒にしてはトモが寂しく見える

・Cさん
尻尾の長さを脳内補正したら割と好馬体。

・Dさん
パワフルマッチョで柔らかみに欠け、ダート短距離向き。

・Eさん
尾っぽが短くてチャーミング


アデプタスメジャー(ダイワオンディーヌの13)・・・4戦すべて二桁大敗
・まーく
評価B
馬体もすばらしく、半兄ケツァルテナンゴの活躍もあり文句ありません。
文句があるとすれば全姉のエレメンタリーが全くダメだったこと。
これさえなければすんなり出資できる馬なんですがやっぱり気になります。
できれば様子見したいです。

・Aさん
値段も手頃。
ダイワメジャー牡馬にしては幅が無い。

・Bさん
チチカスで当たりが出るのに、ダイワメジャーで駄目だったのが不思議。
全姉がさっぱりだったので、同配合に行くのは怖い。
牡変わりが吉と出る可能性もあり。

・Cさん
馬体バランスは悪くない。
もう少しトモに張りが出れば、 普通に走ってきそう。

・Dさん
メジャーにしては筋肉量が物足りず、柔らかみも感じられない。

・Eさん
背中から腰に掛けて緊張感が無い。
お尻を構成している骨格が薄いのか全体的に間延び感がある。


ジスターキ(シーズライクリオの13)・・・6戦し最後の4戦二桁大敗
・まーく
評価C
去年同じ配合で人気をしたわりに今年はいまいちのようだ。
メスになったからというだけではないと思うが兄の活躍次第では人気になるかも。
ステゴの牝馬は手を出しにくい。

・Aさん
兄は胴長で細身だったが、この馬はそれほどでも無い。
ステゴ牝馬でこれだけ馬格があればとりあえず大丈夫。

・Bさん
母父はスピード型で重厚な血を好むステゴに合わない。
本馬にあまり興味無し。

・Cさん
まずまず好馬体の部類。
ちょっと重々しい感じもするが、ステゴっぽい。
お得感はあるが、興味は全くない。

・Dさん
とてもステゴとは思えない、どっしりしたパワー型。
重すぎる印象で全兄に比べるとだいぶ落ちる。

・Eさん
背中から腰に掛けて甘さがある。
脚も細めで体が確りしてくるまで少し時間はかかる
機敏な動きはしてくれそうな下地はある。


プラチナフェアリー(レースドールの13)・・・2戦大敗タイムオーバー骨折引退
・まーく
評価D
特に強調材料もなく管囲19と細いです。
母母の父にサンデーがいますが、そうならこのお母さんのハービン産駒がほしいです。

・Aさん
立ち肩に短い立ち繋ぎはクロフネが出てるのか?
牝馬にしては馬格がありそうに見えたが尺を見ると普通だった

・Bさん
母系はフェアリードールなので魅力も、母父にクロフネを挟んだのがどうか。
ちょっと好みではない。
母母父にはサンデーが入っているので許容範囲か。

・Cさん
クロフネの筋肉。
馬体バランスは良くない。

・Dさん
鈍重でバランスもイマイチ。

・Eさん
迫力のある馬体。
パワーを全面に押し出していってそれを強みにすれば良い。
繋ぎが硬い。


やってみるとすごい手間がかかり大変なわりに、どっかから怒られそうで怖くなりました。
これ俺のレビューじゃないか、とお怒りの方がいたらすいません。
ダメでしたらコメントお願いします。
でも、やっぱり皆さんさすがちゃんと見てるなぁと感心しました。
完璧とまではいかなくても、長所や欠点をしっかり指摘しているレビューが多いです。
この中で1番不正確なのは私のレビューですね。
これをやってみてわかりましたよ。
皆さん、レビューはどんどん参考にすべきです。
そして、より多くの方のレビューを読むべきだと思います。
全員が見間違ってるような馬ってほとんどいないと感じました。
そして、改めて思いましたが、これだけすばらしいレビューを無償で提供されているブロガーさんに敬意を表したいと思います。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
つまらなかった方は逆にクリックしないようお願いします。
ランキング等関係ありませんが今後の参考にさせていただきます。
[ 2016/09/18 23:03 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ