まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

あけおめ~今年の目標

あけましておめでとうございます。
一昨年、去年となんとなく目標を設定してきましたが、一度もその目標なんて気にしたことはありませんでした。
そんな目標に何の意味もないので今年はもう目標は立てません。
私が、一口馬主で最も重視していることは勝ち上がることです。
一口馬主って愛馬がまずは勝ちあがってくれないとどうしようもないのです。
勝ちあがれずに終わるとたった1年くらいの付き合いで終了してしまう厳しい世界です。
なので、まずは勝ちあがることが大事なのです。
勝ち上がっても500万クラスで苦戦して収支的には厳しい馬もたくさんいます。
それでも、勝ち上がってしまえば、芝でもダートでも短距離でも長距離でも色々試すことができます。
障害にだってチャレンジできます。
それでもダメならそれはそれでしょうがないじゃないですか。
でも、運悪く勝ちあがれずに、色々試すこともできず、同じような距離で同じダートばっかり走って結局ダメだったら、悔いが残るのです。
なので、私の目標は常に全頭勝ち上がりです。
ただ、それが難しいのもわかっています。
能力的な問題もそうですが、故障や病気、体質などの面が大きいからです。
まぁ、個人的には事故や病気はノーカウントでもいいと思っています。
自分の力ではどうしようもないからです。
故障や怪我は、多少は判断できる要素があるので、自己責任もあるように思います。
それでもやっぱり、全頭勝ち上がりできるように馬選びをしていきたいですね。
いつか達成できたらいいですね。
そのためにも、少し出資頭数を減らさなければいけないと思っています。
1年に5頭くらいが理想かなと思います。
5頭出資して5頭勝ち上がりならチャンスありそうですけど、10頭出資して10頭勝ち上がりってたぶん無理ですからね。
まずは、出資しすぎてしまった現3歳にはできるだけ多く勝ち上がってもらいましょう。
そして、2歳馬たちは全頭勝ちあがりを目指します。
今年出資する1歳馬はできるだけもっと厳選し5頭くらいで勝負したいですね。
そうはいっても、シルクの追加募集はまだまだあるでしょうし、キャンセル募集もあります。
特にキャンセル募集はどうするか迷いますよね。
色々な誘惑があるので頭数を絞るのは本当に大変です。
結局何が言いたいかもよくわかりませんが、今年もこんな感じのブログになると思いますのでよろしくお願いします。
[ 2017/01/02 06:13 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(14)

今年も1年ありがとうございました&今年の成績を振り返って

今年も1年間ブログをご覧いただきありがとうございます。
このブログは自分用の記録としてはもちろん、一口馬主に興味を持ってもらえるように、そして、色々なデータなどを提示して皆さんにできるだけ、当たり馬を引いてもらえるように書いています。
一口馬主をやっている人はどんどん増えているとは思いますが、まだまだよくわからない世界ですし、敷居の高い分野です。
一口馬主に興味を持った人がこのブログを読んで、厳しい現実と一口馬主の楽しさ、喜びなどを知ってもらい検討してもらえたらと思います。
このブログも3年ほど続けたかいもあり、今ではグーグルで検索すると上位に表示されます。
特に「シルク 一口馬主」「シルク ブログ」などで検索するとブログとしては最初に出てきます。
私が、最初そうだったように、一口馬主に興味をもった人はまず色々と検索して調べますので、そういう方の入り口になれたらいいなぁと思っています。
そのためにはやっぱり、自分の成績をあげなければなりません。
こちらが今年の成績です。
2016y12m31d_191159385.jpg
2016y12m31d_191142969.jpg
全部で10勝とまずまずだったと思います。
3歳馬の活躍には大満足しています。
クードラパンやアルジャンテは、重賞にも出走してくれましたし、ロッテンマイヤーはオープン勝ち、オークス出走と本当に楽しませてくれました。
ただ、2歳馬の成績がぱっとしません。
現時点で勝ち上がっているのはたった1頭。
11月、12月は最下位も連発しかなり残念な状況です。
ただ、勝ちあがれそうな馬は何頭もいます。
特に期待しているのがポールヴァンドルです。
新馬戦で惜しくも負けたレイデオロはその後重賞も勝ち、いまやクラシック候補の1番手です。
あの馬と接戦を演じ2着になった力はかなりのものでしょう。
また、次の未勝利戦で3着に負けましたが、その時の2着はマイネルスフェーンでG2ホープフルの2着馬。
つまり、牡馬の一線級と好勝負を続けているのです。
次走は1月5日。
満を持して新年最初に勝ち上がってくれることでしょう。
来年もこのブログと愛馬の応援をよろしくお願いします。
そして、一口馬主を一緒に楽しみましょう。
[ 2016/12/31 20:13 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

社台スタリオンの2016年度種付け頭数から妄想する

今年(前年比)┃種付料(前年)
280 (+39)┃*300万 (*250万) ルーラーシップ
269 (new)┃*250万 (***new) キズナ
263 (-04)┃*500万 (*500万) ロードカナロア
244 (-12)┃*600万 (*600万) オルフェーヴル
230 (-20)┃3000万 (2500万) ディープインパクト
221 (new)┃*250万 (***new) エピファネイア
196 (-04)┃*150万 (*150万) エイシンフラッシュ
182 (+40)┃*080万 (*050万) スマートファルコン
158 (-05)┃*250万 (*300万) ヴィクトワールピサ
157 (-23)┃*200万 (*200万) クロフネ
156 (+36)┃*500万 (*500万) ダイワメジャー
156 (-24)┃*250万 (*100万) キンシャサノキセキ
151 (-69)┃*350万 (*350万) ジャスタウェイ
151 (+43)┃1000万 (*800万) キングカメハメハ
146 (new)┃*080万 (***new) フェノーメノ
145 (-18)┃*050万 (*050万) ベルシャザール
141 (-50)┃*300万 (*300万) ゴールドアリュール
139 (new)┃*080万 (***new) リアルインパクト
135 (-69)┃*800万 (*800万) ハーツクライ
122 (-26)┃*350万 (*400万) ノヴェリスト
113 (+40)┃*100万 (*150万) カジノドライヴ
109 (+40)┃*150万 (*050万) ダノンシャンティ
101 (new)┃*150万 (***new) スピルバーグ
101 (-91)┃*300万 (*400万) ハービンジャー
100 (+14)┃*200万 (*200万) タートルボウル
088 (-47)┃*100万(*120万) ディープブリランテ
057 (-105)┃250万(*300万) ワークフォース


どっかから拾ってきたデータですがたぶん合ってると思います。
この種付けされた馬たちが再来年のシルクの募集馬になるわけです。
新種牡馬で言えばキズナなんて4頭くらい募集されそうな数ですね。
個人的にはキズナは大好きな馬なので最低でも1頭は出資すると思います。
あとは、エピファも2頭くらい、フェノーメノも1~2頭はありそうです。
リアルインパクトなんかは、キャロットで多めに募集されそうですよね。
でも、リアルインパクトでこんなに種付けされるならラストインパクトも需要ありそうですよね。
確かにリアルのほうがG1馬ですけど、ラストは中距離馬ですから貴重ですしね。

次は、たくさん増えたのを見てみましょう。
ルーラーシップは大人気ですね。
産駒も走っていますが、まだ大きいところは取れておらず当初よりは少し失速気味。
昨日もダンビュライトもダメでしたね。
スマートファルコンはそこまで産駒もまだ目だっていませんが安いのが良いのかもしれません。
ダイワメジャーは2歳リーディングですから早期から活躍できるメリットがあります。
キンカメは体調次第です。
ダノンシャンティなんかは、スマートオーディンなど活躍馬がいきなり出ましたから当然増えますよね。
ただ、この年で社台SSから出されてしまったんですよね。
個人的にはもったいないと思います。

次に大きく減ってしまったのを見てみましょう。
だんとつなのはワークフォ-スです。
凱旋門賞馬として種牡馬入りしましたが、勝ち上がりはそこそこするも次が勝てない馬が多い印象ですね。
100頭以上と大幅に減らしてしまいました。
来年からはアイルランドに出されてしまうことが決定してしまいましたので日本では最後の産駒でしょうね。
次にハービンジャーも大きく減っています。
ワークフォースと似たようなイメージですが、成績はそこまで悪くありません。
たぶん、値段の問題だと思います。
もう少し下がれば増えてくる気もします。
同じような理由でハーツクライも下げています。
一時期の大活躍ほどではなくなったわりに800万はやっぱり高いですよね。
ジャスタウェイが結構減ってるのはちょっと理由はわかりません。
産駒の出来があまりよくなかったのでしょうかね?
産駒のセリではそこそこ人気もあった気がしますが。

再来年このラインナップの中からシルクで募集されることになります。
種牡馬だけで出資馬を選ぶならどうしましょうかね。
もちろん予算面も考えてになります。
・キズナ牡馬 5万
・ルーラーシップ牡馬 5万
・ディープブリランテ牡馬 4万
・ダイワメジャー牝馬 4万
・エイシンフラッシュ牝馬 4万
・クロフネ牝馬 3万
・ダノンシャンティ牡馬 3万

これで28万で7頭ですから、ちょうどいい感じですね。
ディープ、キンカメ、ハーツなどの大物はいませんが十分一発も期待できそうです。
今年は、社台以外でもゴールドシップなども種牡馬入りしています。
こうやって種牡馬リストを見るだけで、産駒に出資する夢をみられるのも一口馬主の醍醐味ですね。
[ 2016/12/19 19:37 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

今1番出資したい種牡馬

今年の2歳世代も今週のG1朝日杯で一区切りがつくと思います。
世間を賑わせたのは阪神JFをソウルスターリングで勝ち、朝日杯でも1番人気になるだろうミスエルテが出走するフランケル産駒でしょう。
ただ、フランケル産駒はそもそも種付けを制限していて、かなりの良血しか種付けできないと聞きますし、入手手段はフランケルを受胎した持ち込み繁殖を買うか、むこうまで繁殖牝馬をもっていって種付けするかになりますのでかなり限られてしまいます。
当然、お値段も高額で私が出資候補にするレベルではありません。
ちなみに、ミスエルテはミ・スエルテでミス・エルテではないんですね。
エルテさんという意味かと思っていました。
こんな貴重なフランケル産駒ですが、忘れてはならないのですがシルクにも1頭います。
イルーシヴハピネスは、フランケル産駒で期待も大きいとは思いますが560キロ以上の馬体でいまだに北海道にいます。
もちろん、この馬がこの2頭くらいの能力がある可能性は十分にありますが、現状ではやっぱりシルクにまわされて来たフランケル産駒という感じになってしまいますね。

脱線しましたが、そういうわけで私が今1番出資したい種牡馬はディープブリランテ産駒になります。
正直、私はディープブリランテの種牡馬能力に少し疑問がありました。
現役時代はディープインパクトのような末脚で差しきるタイプではなく、前に行って押し切るタイプの馬でした。
ディープとはちょっと違うタイプなのでスピードが継承されていないのではと心配していました。
しかし、産駒がデビューすると大活躍しています。
特に顕著なのがクラブ馬です。
キャロットとシルクのディープブリランテ産駒の活躍はめざましいものがあります。
キャロットでは、ディーパワンサが2勝し阪神JF4着、ラプソディーアとリカビトスは新馬勝ちしています。
シルクでも、ナイトバナレットが勝ちあがり、セダブリランテスが新馬勝ち。
新馬勝ちが多く特筆すべき活躍です。
特にセダブリランテスは、私が去年シルクの1次募集で最も馬体を評価した馬で1次申込みするも落選してしまった馬です。
落選馬の活躍は自分の見る目の確かさを確信できうれしい反面、やっぱり悔しい気持ちも大きいです。
そんな大活躍中のディープブリランテ産駒ですが、今年はキャロットでは2頭募集されるもシルクではなんと0頭でした。
活躍してる種牡馬の産駒がちょうどラインナップされていないあたりもシルクらしいです。
なので、シルクオンリーの私は出資機会がありません。
ただ、追加募集にきそうな予感はあります。
この世代170頭も種付けしてますので、ノーザン系のシルクに1頭もこないのはちょっとおかしいからです。
22日に募集馬検討会がありますし、そこで追加の発表もあるかもしれませんね。
まぁ、私はもう予算が尽きているのですが、ポイントがいっぱいありますので、お手頃ならあと1頭くらいはいけます。
ディープインパクト産駒なんて当然もういけませんが、ブリランテならお手頃価格でいけるかもしれません。
今後も活躍が続けば、ディープはディープでもブリランテのほうみたいなネタにされることも無くなりそうですね。
[ 2016/12/17 00:42 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

競走馬ゼッケンをお手軽に飾る方法

先日、当選したレーヌドブリエのゼッケンですが、そのままでは宝の持ち腐れです。
せっかくなので綺麗に額に入れて飾りたいものです。
とりあえず、色々検索してどうするのがいいのか調べてみました。
そこで調べた中で私なりにやってみた方法を紹介します。

1、除菌、陰干しをする
馬に直接載せていたゼッケンですのでお世辞にも綺麗なものではありません。
体毛もビッシリついていますし、おそらく汗などもたくさんついているでしょう。
そのままですとカビが生えたりすることがあるらしいので、私は除菌効果のあるファブリーズを満遍なくかけてから、2日ほど陰干ししました。
また、ゼッケンは半分に折られて送られてきたので、ちょっと折り目が残っていて気になったので軽くアイロンをかけて折り目を消しました。
サインなど消えてしまわないように、裏からアイロンをするといいと思います。

2、写真など飾りつけを用意する
ゼッケンだけでも良いとは思いますが、少し寂しい気がします。
シルクでは、馬が勝利するとホームページのバナーにかっこよくタイトルを付けた画像が出ます。
私は今回、それを印刷して飾りつけにしました。
あとは、勝利レース名と血統などのメモを入れました。
シルクでは、勝利時には写真が送られてくるのでそれをそのまま使ってもいいかなと思いました。
IMG_4870.jpg


3、額、フレームを用意する
これが1番困るところかと思います。
結構な大きさなので、まずちゃんと入るのかどうかがよくわかりません。
また、厚みがありますので、そこも入るかどうかわかりません。
お店で専用の額も販売されています。
ゼッケン用アルミフレーム
しかし、3万円もします。
色々見ましたが安くても2万円くらいはしますので、気軽には買えません。
安い馬一頭出資できますもん。

そこで私が今回買ったのはこちらになります。
フィットフレーム B2(515X728mm)
サイズはこのB2のものがピッタリです。
この商品はたった2500円です。
アマゾンで気軽に買えますし、プライム会員でしたらアマゾンのほうから買えば送料も無料です。
こちらの商品のメリットは、ポスターなどの紙ならそのまま飾れますし、ゼッケンのような厚みのあるものは、中にダンボール的なものが2枚挟まっており、厚さに応じてどっちか取れば厚みのあるものも飾れます。
このゼッケンのように2枚折りのものは結構な厚みがあるので、厚いダンボールのほうを取ってしまえばギリギリ入りました。
ゼッケンの上のほうは折り返してあるので、1番厚いので結構ギリギリなので、端っこからまずはめていくとやりやすいです。
また、注意点として透明のフィルムには両面に保護シールが貼ってあります。
2枚ともしっかり剥がしてください。
私は1枚だけだと思って剥がし忘れてしまい、やり直すことになってしまい手間がかかりました。

それでは、まずはシルクから送られてきたゼッケンそのままがこれです。
IMG_4846.jpg
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓




これがたった2500円のフレームに入れると「なんということでしょう!」

IMG_4868_1.jpg

見違えるほど立派になりました!
もし、ゼッケンが当選された方はこれを参考に飾ってみてくださいね。
時間経過と共になにか不具合があれば報告します。
[ 2016/11/21 03:03 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ