まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

新しい一口馬主クラブ「DMMドリームクラブ」の詳細がわかってきた

昨日も書きました新しい一口馬主のクラブをDMMが作るという話ですがだんだんと詳細がわかってきました。

1、1万分の1口
これは昨日も書きましたが、サンデーが40口、シルクが500口でやっている中、DMMはなんと1万口でやるそうです。
ものすごい低額で出資できる反面、もちろん配当も数百円になりますので一口馬主としての実感ができるのかが問題でしょうね。
まぁ、1口でやる必要もないので10口、100口と増やせばいいだけかもしれませんし、これだけ分ければ欲しい人みんな出資できるという面もありそうです。
ただ、どうなんでしょう、俺ラブズオンリーミーの16に出資してるんだって1万分の1口の出資で言えるんでしょうか?
実際、同じ1万分の1口のノルマンディーのスターズファンドの場合、私は出資馬にはカウントしていません。
こういうものすごい分割口が増えて一般的になれば、1万分の1でも出資してると公言できる時代になるかもしれませんね。
一口馬主がより気軽に簡単に参加できるようになるのは間違いなさそうです。

2、維持費込みの一括前払い
たぶん、これが今までにない画期的なシステムで昨日はわからなかった部分です。
昨日は、1億6000万で落札したラブズオンリーミーの16を一口3万くらいで募集するという話が出ており、上乗せしすぎで高すぎないか?と思っていたのですがこういうことだったんですね。
つまり、最初に3万円で出資したとすると、毎月の維持費など一切かからないというわけです。
なので、最初に投資したら後は馬が活躍するたびにお金が入ってくるのみになります。
まぁ、わかりやすいといえばわかりやすいシステムですよね。
維持費のせいで、実際の収支って結局どうなってるのかしっかり収支計算してる人じゃないとわかりませんから。
ただ、これだと早くに引退すると先払いした維持費が無駄になりますし、9歳とかまで頑張ってくれるとかなりお得になります。
でも、早期で引退した場合などは返金なども考えているそうですよ。

3、募集馬
募集馬は2歳馬4頭、1歳馬5頭がラインアップされるそうです。
昨日落札したラブズオンリーミーの16はリアルスティールの全妹、去年落札したベネンシアドールの15はデニムアンドルビーの全弟でライナップされています。
どちらもものすごい良血でセールで1億6000万、2億で買われた馬です。
どちらも1万分の1口でもいいから出資できたら楽しそうではありますよね。

4、その他
まだわかっていない部分で、おそらくかなり重要になるのは会費だと思います。
これで会費が月3000円とかだとおそらく論外です。
ノルマンディーの1000円くらいでも高いかもしれません。
だってそれだと1万分の1口にして低価格にした意味なくなりますからね。
500円くらいなら要検討、無料ならとりあえず入って何か1~2頭出資してみたい気がします。
せっかく、馬代金一括にして月々の支払いがないようにしてるんですから、会費部分も最初の馬代金に少し含ませてしまえばいいのかなと思いますね。
最後に1番気になるところは実際ペイできるのか?ということでしょう。
私はスターズファンドに入るときに計算したことがあります。
500口のシルクで新馬戦を勝つと1万円弱のお金が入ります。
それを1万口で計算すると新馬戦に勝って入ってくるお金はたった500円です。
一口3万円のラブズオンリーミーの15に出資したとして、新馬戦に勝っても500円しか入りません。
残りマイナス29500円です。
次に2歳500万も快勝しました!
賞金は同じくらいなのでまた500円入ります。
2勝してもたった1000円です。
まぁ実質3億円の馬に出資するんですから、こんな2勝で回収できるわけはありません。
これは別に500口でも40口でも同じです。
複数の重賞やG1を勝たないとペイはできません。
まぁ、一口馬主ってそもそもそういうものなので、回収なんてほぼ無理だよっていうことです。
そして、仮に出資馬が勝ってもたった500円入ってくるだけで、どれだけうれしさを実感できるかどうかでしょうね。
馬券で100円で10点とか買うほうがよっぽど金額が大きいですからね。
色々と面白い部分、不安な部分ありますが面白そうではあるので今後も注目していきたいです。
[ 2017/07/11 06:53 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(6)

新しい一口馬主が誕生か?セレクトセール1日目結果まとめ

毎年楽しみにしているセレクトセールの1日目がありました。
時間をみつけて中継も見てました。
今年も全体的に高額だった印象で億越えもバンバンでましたね。
注目のディープ産駒は、毎年お馴染みのサトノのオーナー里見さん、そして、武豊騎手専門馬主のキーファーズが落札多めでした。
種牡馬としては、ロードカナロア産駒は全体的にかなり高く、逆にオルフェーヴル産駒は安い傾向にあり、先日私が書いたブログの内容が反映されている感じでしたね。

注目なのは、ラヴズオンリーミーの16を落札したのがDMM.comだったこと。
リアルスティールの全妹のディープ産駒を1億6000万で落札しました。
そして、こんな記事がありました。
ラブズオンリーミーの2016は1億6000万円DMM.comの新クラブ法人の募集馬に
なんとDMMが新しくクラブを作るようです。
しかも、募集口は1万口です。
これってノルマンディーのスターズファンドと一緒ですよ。
つまり、私が新馬戦に勝っても数百円しか入ってこなくて、一口馬主の実感が全然ないと愚痴っていたのと同じということです。
まぁ、確かに一口馬主を気軽に楽しめるようになるかもしれませんし、おそらく色々な新しい仕組みがあると思うので続報を待ちたいですね。

また、気になるシルクの落札馬ですが1頭います。
メジロフォーナの2016のヴィクトワールピサ産駒を800万で落札しました。
これなら、お手頃価格で募集されそうですね。

あとは、キャロットがホールロッタラヴの2016のトーセンジョーダン産駒を500万。
ノルマンディーがハワイアンスマイルの2016のキンシャサノキセキ産駒を500万とテネシーワルツの2016のアドマイヤムーン産駒を500万で落札しています。
ぐりぐりくんもラディーアの2016のロードカナロア産駒を落札したようですね。
ラディーアはシルクの馬でしたので、出資されていたのかわかりませんがその子の馬主になったのでしたら夢がありますね。

ただ毎回気になるのですが、シルクの落札馬はレイクヴィラファームですし、キャロットの落札馬はノーザンファームです。
この馬を募集したいと思うなら、セールに出す前に調整して、この馬はクラブで募集するからセールに出さなければいいと思うわけです。
そのほうが余計な競りをしなくて済むし、価格も抑えることができます。
だって、自分たちの会社で作った商品を自分たちの支店で売るのに、支店の人が本店の店頭で買っていってお店で売るようなもんでおかしいと思うのです。
他の牧場さんの馬を買うなら全然いいのですが、ノーザンファームの系列の馬をノーザンファームの系列のクラブがセールで買うというのがなんか違和感を感じますよね。
まぁ、そういう単純な疑問はありますが、1日目のセレクトセールはこんな感じでした。
[ 2017/07/10 21:31 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

一口馬主へのモチベーションとセダブリランテスの重賞勝利

ブログの更新頻度って一口馬主のモチベーションと比例します。
去年の6月はブログを30回も更新していたようですが、今年はたったの13回。
募集時期が早まってリストも出てるのにこれですからより深刻です。
理由は簡単。
出資馬が勝てないからです。
ブログって愛馬の活躍をみんなで分かち合う要素がかなり強いです。
なので、愛馬が活躍すればやる気もでますし、更新してても楽しいわけです。
しかし、今年に入って成績が低迷しその意欲がなかなか出ません。
2017y07m02d_031018717.jpg
これが私の一口馬主を始めてからの成績です。
なんと今年はたったの2勝しかしていません。
勝率はたったの5,1%です。
逆に去年は勝率17.2%もありました。
これが、どれくらいの数字がピンとこないかもしれませんが、今年の現在リーディングジョッキーの戸崎騎手の勝率と同じくらいです。
戸崎騎手って毎週よく勝つよなぁっておもうのですが、それと同じくらい愛馬が勝ってくれたのです。
その去年と比べても3分の1以下ですから、そりゃ今年に入ってモチベーションが落ちるのも無理ありません。
そんなのお前の馬選びが下手すぎるからだろと言われるかもしれません。
もちろんそうなのですが、掲示板率で言えば去年は50%でしたが今年は61,5%と大きく上がっています。
つまり、勝てないけど善戦はするのです。
なので、能力は全然足りない馬ばかりというわけではないのです。
断然の1番人気になっても勝ちきれずに大きく落胆。
2、3番人気になって期待するも勝てずにガッカリ。
下位人気で掲示板くらいに見せ場作ってくれればと思うも最下位。
喜ぶ瞬間がないのです。

それに加えて期待の2歳馬たちの成績が奮いません。
北海道から脱出1番乗りだったキューグレーダーは、足元に不安が出て北海道に逆戻り。
今年1番期待していて前評判も抜群だったセドゥラマジーは大敗。
もう1頭こちらもメジャーエンブレム級との前評判もあったキープシークレットですが昨日デビューし完敗。
こちらもテンションが上がる要素が皆無です。

そして最後にセダブリランテスの重賞勝利。
昨日、セダブリランテスがラジニケを勝利し、シルクとしてはやっとのことで重賞を勝ちました。
出資者の皆さんは本当におめでとうございます。
なかなか重賞を勝てなかったシルクですから会員としてはうれしいですし、他のブログなどを見ても出資者の方もたくさんいて皆さん喜んでいるので、本当におめでとうと言いたいです。
ただ、素直にそう思えないのは、この馬は私がカタログ段階から大絶賛して申し込むも抽選で落選した馬だからです。

カタログが到着してすぐの簡易レビュー
シルク2015年度募集馬の全頭カタログ馬体チェック

13、シルクユニバーサルの14 5万 牡 手塚 ディープブリランテ
これ本当に1歳馬ですか?って言いたくなるくらい見事な馬体。馬体ナンバー1


正式なレビュー
シルク2015年度募集馬パーフェクトレビュー・・・関東11~15

【総合評価:S】
血統のロマンという点では魅力はあまりありませんが、かなり遡ればナリタブライアンなども出てきます。
馬体に一目惚れして出資するタイプの馬ですね。
牡馬で5万で手塚厩舎も文句ありません。
申し込みします。


ほとんどつけない最高ランクS評価です。

そして実際に申込みました。
シルク2015年度募集申し込んだ馬と諦めた馬

13、シルクユニバーサルの14
この馬がここまで人気になったのは、あのカタログ写真に尽きると思います。
馬体を良くわかるわけでもない自分でもこの馬の良さに一目惚れしレビューでも絶賛しました。
実馬も見ましたがカタログに劣ることのない立派な馬体で走らないわけがないと思っています。
ただ、馬体詐欺という言葉があるとすればこの血統は前例もあり、多少の心配もあります。
それでも、牡馬でこの馬体で5万円なら抽選であってもいっておくべきでしょう。



このようにずっと大絶賛し続けてきて、実際に申込みもしたのに抽選で落選した馬が重賞を取ったからといって素直に喜べないのはわかっていただけるのではないでしょうか。
同じく抽選だったデビュースマルトに落選して、こっちが当選してたら今全然違うテンションだったろうなぁと思うもそれは蛇足な考えでしょうね。
このように、既存の出資馬がなかなか勝てず、期待の2歳馬はことごとくダメ、抽選で落ちた馬は重賞制覇とくればモチベーションが上がるわけもなく、ブログもサボりがちになって申し訳ない思いです。
逃した魚と言う意味でいえば、2歳馬でもドラフト1位で申込みをして落選したグラマラスライフですが、こちらもものすごい調教をしているようですね。
こちらもセダブリランテスみたいな思いをしそうな予感がします。
もちろん、これはしょうがないことです。
欲しい馬をみんな出資できるわけではありません・・・と他のクラブでは言いたいところです。
しかし、シルクでは高実績を積めば欲しい馬にみんな出資できてしまうのです。
これがどうしてもやりきれない思いを強くしてしまうのです。
今後もこのように抽選で落ちた馬が大活躍するということはいくらでもあるでしょう。
それに対抗するには、それに匹敵するくらいの馬を残口馬から探し出すしかないのです。
現4歳馬はそれができたから楽しめたのです。
自分が高実績者になることはありませんし、抽選はどうしようもありません。
自分の立場に合った、自分なりの勝負を今後もしなければなりません。
もうすぐ始まる1次募集でもそこを心がけていきたいです。

そして、最後に。
このままだとなんか後味が悪いので。
セダブリランテスの出資者の皆さん本当におめでとうございます。
自分は抽選で落ちてしまいましたが、良い馬だと思ったことに間違いはありませんでした。
こういう僻みのブログはこれで最後にします。
この馬が今後G1馬になったとしても、心から祝福できる人間になります。
気持ちの中では出資者として応援していきたいと思います。
[ 2017/07/03 09:28 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(24)

海外遠征の遠征費はどうにかならないのか?

エピカリスがベルモントSに挑戦しましたが、故障で回避しましたね。
そのことについて、色々な批判や意見が出ているようです。
馬が万全じゃない以上は、出走回避は当然であり、それ自体に問題は感じません。
私は、クラブ馬の海外遠征については以前から思うところがあり、今回はそれについて書こうと思います。

1番の問題点は、遠征費を会員が負担することだと思っています。
なぜなら、そもそも金融商品である一口馬主という制度において、出資額と同程度かそれ以上の追加出費を強制できることが果たして問題がないのか?ということがあります。
エピカリスは一口9万円で、今回の遠征費は5万円追加請求されるそうです。
以前、エスポワールシチーが高額の遠征費を強制されて問題になったこともあります。
ドゥラメンテが菊花賞と凱旋門賞のどちらに挑戦しようか迷っていた時に、金融庁から指導があったという報道もありましたね。
金融商品である以上、利益を最大にするように行動しなければならないのです。
このように、余計な出費があるから、素直にどんどん海外行っておいでとならないし、結果にもシビアになるのです。
ドバイや香港の招待レースなんかは、遠征費もかなり小額済むのでこういう問題があまり出てこないのが証拠です。

じゃあどうすればいいのか?
遠征費は絶対にかかります。
それを会員負担でなくするためには、他が負担することになります。
第一に考えられるのはクラブ負担ですが、まぁそれはないでしょうね。
そんなことをやる気持ちがあるならとっくにやってそうですから。
次にJRAが負担するというのがあります。
おそらくこれが1番現実的です。
以前は海外挑戦に奨励金が出ていたこともあり、実際にJRA負担があったわけですからね。
そして、今は海外馬券の発売もあります。
この利益を遠征費の補助にあてるのは1番納得感があり、問題もないでしょう。
その馬が海外遠征したからこそ、馬券の発売ができるわけであり、その売り上げの利益から遠征費を補助するのはとても合理的なのです。
ただ、可能性のない馬をむやみやたらに遠征されても困りますので、重賞勝ち以上などなんらかの審査を突破した馬など条件は必要でしょうね。
最後に、なんらかの保険をつくるというもあるかもしれません。
保険と言えば、何かマイナスなことがあったときのためと思いがちですが、ホールインワン保険のように、良いことがあって余計な出費が増えそうな時でも設定できます。
おそらく、海外遠征する馬なんてものすごい低い確率なので、そんなに保険料額も変わり無く特約で設定できると思います。
ただ、海外にいくかどうかを決めるのが被保険者側になるので、ちょっと簡単にはいきません。
保険効くから、どんどん海外いくぜって決められると困るからです。
重賞を1回勝てば、1回分の海外遠征費をいくらまで保険で負担みたいな設定なら可能かもしれません。
自分が思いつくのはこれくらいですが、やっぱりJRA負担が1番良いと思います。
制度として海外馬券とかなりうまく噛み合いますからね。

あともう一つ考えられるのが、会員に選択権を与える方法です。
遠征費の負担をするかどうかを会員が決められるのです。
遠征費を出した人のみ、そのレースで獲得した賞金の分配も受けられるというやり方です。
遠征費を出さなかった人の分はクラブの負担になりますが、賞金もクラブが受け取れます。
そもそも、一口馬主は満口にならない馬もいるわけで、満口になっていない分はクラブが所有しています。
そういう馬が、海外遠征することもありうるわけで、既に行われていることです。
レッドディザイアなんかは満口にならなかった馬ですが、海外遠征しています。
この制度なら、クラブもそれなりの負担を請け負うことになりますので、遠征するかどうかの判断がよりシビアになり現実感が増します。
会員としても、納得いくひとのみ遠征費を出せばよく、勝てば高額な賞金でプラスにもなります。
問題点としては、例えば凱旋門賞を勝ったとして、それによって種牡馬価値が上がり高額なシンジケートが組まれた時に、遠征費を出した人と出さなかった人が、同じでいいのかということがありそうです。
まぁ、これは言うのは簡単ですがやるのはちょっと難しいかもしれませんね。

基本的に海外挑戦は大きな夢だと思います。
ほんの一握りの実力馬のみに許された挑戦です。
そんな挑戦は、みんなに夢と希望を与え祝福されたものでなければなりません。
そこにそれなりの金額の自己負担を強いられると、素直に応援できなくなるのは人間の感情としては普通にあることです。
当然、結果を求めてしまいますし、失敗すれば批判もしたくなります。
だから、遠征費を減額する、または他が負担する制度が求められるのです。
これからもクラブ馬の海外挑戦は増えるでしょう。
そのためにもなんらかの制度が必要なのではないでしょうか?

今回はお金の面の話だけをしましたが、もちろん海外遠征にはそれ以外のリスクもあります。
今回のエピカリスのように故障してしまうケースもかなり多いです。
古くはホクトベガ、最近ではアドマイヤラクティが死んでしまいました。
最近でもハープスター、エピファネイア、トゥザワールドなども海外遠征後に故障で引退しています。
特にキャロットの故障が多いように感じますが、それだけ海外遠征できるすごい馬が多いということもあるでしょう。
まぁ、それについては今回は遠征費の話なのでいつか別の機会にしたいと思います。
そして、私はそもそも部外者です。
海外遠征できるような馬に出資して当事者になったら別の感情もわくのかもしれません。
早く当事者になってみたいですね。
[ 2017/06/12 05:05 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(11)

最も相馬眼のある一口馬主ブロガーとは?

ここ数日ブロガーというものを考える機会が増えました。
読者の方は、単に暇つぶしの読み物として利用されている方もいるでしょうし、馬選びの参考にされている方もいるでしょう。
じゃあ、ぶっちゃけ1番馬の見る目のあるブロガーって誰なんでしょうか?
気になりますよね。
もちろん誰が何に出資しているか正確に把握しているわけではありませんし、すべてのブログを見ているわけではありません。
なので客観的なものは何もないのですが、おそらくこの人以上はいないんだろうなっていう方は確かにいます。

それは「ターフの風に吹かれて」さんです。
先日、念願のダービー制覇をレイデオロで達成されました。
レイデオロに出資しているというだけでもうすごいことですよね。
最近は、あまりブログを更新されなくなりましたが、私が一口馬主を始めた頃は毎日のように更新されていて参考にしていました。
当時からローブティサージュとリアルインパクトという2頭のG1馬に出資されていてその相馬眼はすごかったです。
それ以前にもブレイクランアウト、ブルーメンブラット、シルクメビウスなどG1、重賞馬に出資されていたようです。
これだけでも十分にすごかったのに、その後、ネオリアリズムで香港のG1を勝ち、そして今回のレイデオロでのダービー制覇です。
それも世代何十頭も出資されているわけじゃなく、ここ数年は3頭前後しか出資されていないのにこの成績なのです。
私が、これ以上の人はいないんじゃないかと言うのも納得されると思います。
こういう方と出資馬がかぶったりすると素直にうれしくなったりすると思います。

私は当然ながら足元にも及びません。
まだ重賞一つ勝ったことないのですから当然です。
でも、いつかそうなれたらとは思っています。
私と出資馬がかぶってうれしいと思われるような存在になりたいです。
そのためにも、もっとしっかりとした馬選びをしていかなければなりません。
今年の1歳馬はより頭数を絞って、確率を上げていきたいと思います。
シルクの募集馬は6月には発表されるそうです。
その後、カタログ発送、ツアーとあります。
もう次の戦いが始まります。
[ 2017/05/30 19:38 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ