まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク第2回追加募集馬レビュー前編

たった6頭なので一気に書こうと思ったのですが、レビューって意外と時間かかるの思い出しました。
3頭づつに分けますますね。
レビューといってもあくまでも素人の個人的な感想です。

・カイゼリンの15
一口出資額40,000円
性別 牡
毛色 青鹿毛
生年月日 2015年5月1日
関東 黒岩陽一 厩舎
生産 ノーザンファーム
父 ルーラーシップ
母の父 (アドマイヤベガ)
体高:160.0cm 胸囲:184.0cm 管囲:19.0cm 体重:447kg
調教タイム46.8 16.1-15.4-15.3

母はキャロットの馬で3勝馬。
産駒は3頭いますが中央未勝利です。
祖母はあのブロードアピールになります。
ただ、ブロードアピールは名馬でしたが、その産駒や孫もいまいち活躍馬が出ていませんね。
馬体はバランスも良くて悪くありません。
測尺では、管囲が細いのは明らかにマイナスです。
歩様は左前を巻き込むのが少し気になります。
調教は、まずまずタイムが出ていますが、口向きが気になりますね。
全体として悪くないんだけど、ずば抜けて良いところもない感じですね。
総合評価:C


・ストラスペイの15
一口出資額 30,000円
性別 メス
毛色 鹿毛
生年月日 2015年5月7日
厩舎 関東 奥村武 厩舎
生産 ノーザンファーム
父 ルーラーシップ
母の父 (シンボリクリスエス)
体高:157.5cm 胸囲:182.0cm 管囲:20.0cm 体重:479kg
調教タイム48.1 16.9-15.7-15.5

母はサンデーRの馬で2勝馬。
初仔になります。
祖母はポップスなのでポップロックの近親になります。
この一族は大物はポップロックくらいですが、それなりに活躍する馬は出てますね。
ただ私はジェイポップに出資して失敗した経験がありますので慎重に判断したいですね。
馬体は牝馬にしては馬格もあり立派です。
測尺も文句ありません。
歩様は特に問題ありませんが、ちょこまかと早足になるところがあるのが気性的に少し気になります。
調教では、まだ少しフラフラしていますが脚はまっすぐに出ていてスピード感もありますね。
値段も手頃ですし、個人的には馬そのものは今回の追加の中では1番良く見えます。
総合評価:B


・プロミストスパークの15
一口出資額 28,000円
性別 メス
毛色 栗毛
生年月日 2015年2月6日
厩舎 関東 和田正一郎 厩舎
生産 ノーザンファーム
父 ヘニーヒューズ
母の父(フジキセキ)
体高:154.0cm 胸囲:184.0cm 管囲:20.0cm 体重:473kg
調教タイム50.7 18.3-16.2-16.2

母はサンデーRの馬で5勝馬で立派な成績ですね。
ただ、産駒は6頭走っていますが、ブリクストが現役馬で3勝が目立つくらいで他はぱっとしません。
ダート馬として期待されていると思うけど、まだそこまでムキムキのダート馬という感じではないですね。
測尺は、ちょっと体高が低めかなという程度。
歩様は特に問題ありません。
調教は、走り自体に気になるところは無いのですが、そもそもあまり進んでいないのか4頭で1番後ろで走ってます。
早期デビューという感じはしないので、まだ時間がかかりそうです。
現時点で今出資しないといけない馬ではないですね。
総合評価:D

ペンカナプリンセスの15(ピボットポイント)が満口になった功罪

シルクでずっと売れ残っていたピボットポイントがとうとう満口になりました。
残口警報がずっと前から出ていましたが、少しづつしか売れずにやっとのことで売り切れましたね。
この馬は、この世代シルクでは最高額の1億2千万、一口24万円の馬です。
兄弟に重賞馬はいませんが、それでも活躍馬は多く、その血統でディープ牡馬ですから高いのは当然でしょう。
値付けからもシルクのこの世代のトップの期待馬なのはわかります。
しかし、売り切れるのに5月近くまでかかりました。
馬が成長途上ということもありますが、ここまでかかった最大の理由はやっぱり価格だと思います。
カタログが出た当初から高すぎるという声が大きかったです。
商品は良いのに、値付けが高すぎて売れ残ってしまったら責任問題になります。
逆に、なかなか売れなくても最後売り切れたなら、最大のお金を引き出したことになり大成功と言えます。

今回は、高い高いといいながらも結局は満口になりました。
1次で満口になろうと、5月ぎりぎりで満口になろうと、売り上げは一緒です。
シルク側もこれでこの値付けには満足したことでしょう。
おそらく今年の募集もこの高額路線でいくでしょう。
まぁ、基本的にはこの血統で怪我もしてないディープ牡馬が売れ残るなんてことはほぼ無いのはわかっていましたが、個人的には売れ残って欲しかったのが事実です。
あぁ、こんな良い馬に高額を付け過ぎて売れ残ってしまったぁ・・・と後悔させたかったです。
そうなれば、今年の募集馬の価格にも反映されたはずです。
そういう意味で、この満口は残念な結果になりました。

一口馬主クラブの募集馬の価格は売り手次第でどうにでもなります。
決まった定価があるわけでもありません。
セリなどを通しているわけでもないので、本当に好きに決められます。
同じ馬なんて存在しないので、相場もあって無いようなものです。
だからと言ってぼったくり価格ばかりつけていけば客離れを起こすわけですが、今の一口馬主の人気からするとそれも当分なさそうです。
高いから退会するという人よりも、高くでもしょうがなく出資する人が多いでしょう。
ピボットポイントが満口になったこともあり、今年の募集馬も強気の値付けになりそうですね。
ただ、追加募集馬の値付けは去年もそうですがお買い得になりがちです。
その分、結果もいまいちがことが多いですが、追加募集からお買い得を狙う戦略もありですね。

シルクの第2回追加募集馬発表とどこよりも早い簡易レビュー

今日の天栄ツアーで発表されたようですね

・カイゼリンの15 牡馬 父ルーラーシップ 40000 黒岩
母はキャロットの馬で3勝馬
祖母はブロードアピールになります。
血統も種牡馬も良いですね。

・ストラスペイの15 牝馬 父ルーラーシップ 30000 奥村武
母はサンデーRの馬で2勝馬
祖母はポップスなのでポップロックの近親になります。
こちらも血統も種牡馬も魅力的です。
ジェイポップで失敗しただけに気になる一頭です。

・プロミストスパークの15 牝馬 父ヘニーヒューズ 28000 和田正
母はサンデーRの馬で5勝馬ですね。
産駒に大物はいませんね。

・スルーレートの15 牡馬 父ダイワメジャー 44000 斉藤崇
母はキャロットの馬でフラワーC2着もありますね。
産駒に活躍馬はまだいませんが、2勝馬は2頭出してますね。

・アンナヴァンの15 牡馬 父ロードカナロア 50000 池添兼
母はサンデーRの馬で1勝馬ですね。
産駒には、サトノネプチューンやアナザーバージョンなど3勝馬がいますね。
祖母はあのバレークイーンです。

・アーデルハイトの15 牝馬 父エイシンフラッシュ 36000 池添学
待ってました!
母はあのビワハイジの娘です。
産駒には私の出資馬で忘れな草賞を勝ったロッテンマイヤーがいます。
元々募集予定馬でしたが、なんらかの理由で募集されず、おそらく問題が解決したので募集になったのでしょう。
いきたいですね!

シルク2歳馬の早期入厩ランキング

入厩した馬も出てきたので、近況コメントランキングはやめましたが、早期入厩ランキングを作ろうと思います。
現時点で入厩したのはこの4頭です。
10頭目までメモしていきますので、早く入厩した馬がその後どういう勝ちあがり率になるかの検証もしたいですね。
ちなみに、この4頭中3頭がなんと私の出資馬です。
まぁ、早期デビューを期待してダイワメジャー産駒にいってるのもありますので現時点では期待通りにきていますね。

2017/04/03
キューグレーダー [父 ダノンシャンティ:母 バグダッドカフェ]
 5日(水)に美浦・栗田徹厩舎へ入厩する予定です。

2017/04/05
セドゥラマジー [父 ダイワメジャー:母 ウイッチトウショウ]
 6日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、7日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。

2017/04/10
ヴィグラスファイア [父 サウスヴィグラス:母 ハッピーメール]
 12日(水)に美浦・萩原清厩舎へ入厩する予定です。

2017/04/13
キープシークレット [父 ダイワメジャー:母 ウーマンシークレット]
 14日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、15日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。

4月の2歳馬近況コメントランキングトップ5!

今月の近況から一気に動き出しましたね。
特に入厩に関する具体的な話が出てる馬が増えてきました。
早く入厩する馬は、順調な証拠なので基本的には高評価しました。

1位・・・セドゥラマジー [父 ダイワメジャー:母 ウイッチトウショウ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン20~14秒のキャンター1~2本、週1回周回コースでハロン25秒のキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も至って順調で、3月に入ってからは週に1回は14-14の調教を行っています。初日こそ、少しスピードの違いに戸惑っているようでしたが、2日目からはハロン14秒のスピードにすぐに適応し、いまでは楽々上がってきています。調教の強度はこの時期の2歳牝馬としてはかなり負荷をかけていますが、馬体・脚元・飼い食いにおいて現時点で問題はありません。毎回で心苦しいですが、順調としか表現しようのない状態です。今後は4月入厩も視野に入れて進めていきます」馬体重517㎏



毎回上位のお馬さんですが、今月も文句なしの1位です。
この時期でハロン14秒で楽々というのもすごいですし、順調としか表現できなくて心苦しいなんてこれ以上ない賛辞です。
入厩も4月にはしそうで早期デビューも当然でしょうね。


2位・・・キューグレーダー [父 ダノンシャンティ:母 バグダッドカフェ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週1回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,800m

担当者「先月同様、好調をキープしていますし、馬体に余裕があるものの、この中間からハロンペースを15秒まで脚を伸ばしているので、徐々に馬体は引き締まってくるでしょう。走る前は行きたがる素振りを見せるものの、キャンターに入ると、馬が変わったように落ち着いて走ってくれますし、いつでもゴーサインが出せる状態にあるところが、この馬の長所ですね。他の馬が暴れたとしても、マイペースで走れるところなど、さりげなくセンスを感じるところがあります。3日にこちらを出発して5日に入厩する予定です」馬体重494kg


近況コメント自体は、特に目立つような大絶賛はありません。
しかし、重要なのはもう今日にも入厩のため移動するという部分です。
シルクのこの世代の脱北の第一号ですね。
当然、順調にきていて早期デビューも目指しているからでしょうから高評価しました。


3位・・・アリディブリラーレ [父 ディープブリランテ:母 タムロウイング]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間もすこぶる順調です。3月に入ってから坂路調教のペースを終い1ハロン16秒ペースまで上げて乗り込んでいますが、最後まで余裕をもって登坂しています。以前は調教中に幼さを見せていたのですが、今では落ち着きが出てきました。それでいて以前と変わらない前向きさがあり、動きは良好です。今年に入り急激に成長してきた一頭で、今後も適度にリフレッシュを挟みながら、成長を促しつつ進めていきたいと思います」馬体重417㎏


たぶん初めての登場です。
残口馬なので販促もあるかもしれませんが、個人的に評価しているフレーズがあります。
余裕をもって登板というところと今年に入り急激に成長した一頭という部分はかなり高得点になります。


4位・・・スーブレット [父 ゴールドアリュール:母 フラーテイシャスミス]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調で、日によって終い1ハロン15秒ペースまで上げていますが、最後までしっかりとした手応えで登坂しています。動きには更に力強さが増してきて、予定のペースに抑えるのが大変なほどです。冬毛も徐々に抜けてきて見栄えがよくなっていますし、飼い食いもよく、体調がいいのは間違いありません。脚元なども特に不安な点はないので、今の状態をキープしながら進めていきたいですね」馬体重471㎏


こちらも初登場です。
マイナスコメントがありませんし、予定のペースに抑えるのが大変というフレーズは高得点です。


5位・・・ヴィグラスファイア [父 サウスヴィグラス:母 ハッピーメール]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,600m

担当者「坂路でのペースをさらに上げていますが、ハロン15秒以上を求めても余裕でこなしてくれています。以前と比較するとトモの踏ん張りがしっかりとしてきて、ハミに頼る面も解消してきました。トモが流れることもあったのですが、それもなくなり真っ直ぐ走れるようになりましたね。早期デビューを目標に5月頃の入厩を目標に進めてきましたが、萩原調教師と相談して4月中旬に入厩させることになりました。肩回りの筋肉など素晴らしいですしダートはもちろんのこと、様々な条件で活躍してくれるタイプになってくれそうです」馬体重489kg


先月2位にきた馬でしたが、今月はもっと販促アピールしてきましたね。
4月入厩なのでそろそろ締め切るという最強の札をきってきました。
そのかいあって一気に満口になりましたね。
ただ個人的には販促見え見えなので5位までとしました。


私の出資馬が1位2位となりましたが、見ていただければわかる通り、特に私情を挟むことなく単純に入厩がどちらもトップクラスで早期デビューできそうだからです。
実は他にもキープシークレット(ウーマンシークレットの15)も矢作先生は4月中頃にしがらきに入れたいという文があり、上位にしてもよかったのですが、他が平凡なコメントだったので自重しました。
やっぱり入厩話が出てくると活気がでますね。
他にもサンチバを受ける馬も1頭くらいいたのですが、こちらは今はそこまで価値はないので特に高評価しませんでした。
おそらく北海道デビューを目指すのかと思いますのでもちろんマイナスコメではありません。
あとは、とにかくみんな怪我せず無事にいってほしいですね。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ