FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

第3回一口馬主入門講座・・・一口馬主は実際いくら賞金がもえらえるのか?

今日は一口馬主の入門講座の第3回目を書いていこうと思います。
1回目はクラブごとの口数の違いについて書きました。
2回目は一口馬主の費用について書きました。
3回目は一口馬主の収入についてです。
一口馬主を始めようと思っている方にとっては、いくらかかるのか?といくらもらえるのか?という2点が気になりますよね。

私にとって一口馬主の初勝利はプルーヴダモールの新馬勝ちでした。
その時のデータの載せてみます。

メイクデビュー小倉 2歳新馬牝 1着
本賞金 +7.000.000 このレースの賞金です
内国所有 +1.200.000 内国産馬にもらえるお金
特別出走 +384000 出走しただけでもらえるお金
JRA源泉税 -639.881
進上金 -1.640.000 騎手や調教師に分配されるお金
クラブ法人手数料 -246.000
消費税 -514.370
合計 +5.543.749

これを500口で割って +11.087
そこからさらに引かれます
クラブ法人源泉税 -651
会員の源泉税 -518
実際に分配されるお金は +9918円

500口クラブの場合、1着賞金700万円の新馬勝ちをすると約1万円もらえると思っていいでしょう。
これを元に他の口数のクラブも計算してみましょう。

・新馬戦で1着をとり賞金700万の場合
40口(サンデーなど)・・・120000円
400口(キャロットなど)・・・12000円
500口(シルクなど)・・・10000円
10000口(DMMなど)・・・500円

新馬勝ちって簡単にはできません。
出資馬の新馬勝ちは格別な喜びがあります。
その時、どれくらいのお金がもらえたらもっとうれしいでしょうか。
金銭感覚は人それぞれですが、個人的にはやっぱり1万円くらいはもらいたいところです。
いい大人が500円もらってもやっぱり喜べないなと感じます。

去年シルクのアーモンドアイがジャパンカップを勝ち、ブラストワンピースが有馬記念を勝ちましたね。
どちらも国内最高賞金の1着3億円です。
その場合、どれくらいもらえるんでしょうかね?
私は出資者ではないのでざっとした計算しかできませんが、そこまで違わない金額だと思います。
だいたい賞金の7割を分け合うという計算をすれば、おおまかな金額がわかります。
それでやっていきますと、2億1千万円を分けることになります。

・有馬記念で1着をとり賞金3億円の場合
40口(サンデーなど)・・・約500万
400口(キャロットなど)・・・約50万
500口(シルクなど)・・・約40万
10000口(DMMなど)・・・約2万

ここまでくるとやっぱりかなりの金額になりますよね。

では、最後に近々のネタで先週のオークスを勝ったらどうなるでしょうか?
先週のオークスはDMMのラヴズオンリーユーが勝ちましたしタイムリーですよね。
そして、オークスのはサンデー、キャロット、シルクの馬も出走していました。
これらの馬が勝ってたらどうなっていたのでしょうか?
オークスは1着賞金1億1000万円です。
7割もらえるとして7700万円で計算します。

・サンデー(40口)のクロノジェネシスの場合
一口 35万円 月々12000円
オークス1着で賞金分配 約190万円

・キャロット(400口)のコントラチェックの場合
一口 15万円 月々1200円
オークス1着で賞金分配 約19万円

・シルク(500口)のウィクトーリアの場合
一口 5,6万円 月々1000円
オークス1着で賞金分配 約15万円

・DMM(10000口)のラヴズオンリーユーの場合
一口 3,2万円 維持費込み
オークス1着で賞金分配 約7700円

どうでしょう?
DMMはセリで高額で買うので1万口のわりに募集価格も高くなります。
なので、オークスを勝ってもなんと出資額の3分の1の回収しかできません。
DMMでプラスになるのは難しいと言われるのがこの部分で、今回それがはっきりしましたよね。
逆にサンデーのクロノジェネシスはサンデーの中でも格安の馬になります。
そういう安い馬でこういう大舞台を制すると大金をゲットできますね。
シルクのウィクトーリアも中価格の馬なのでG1を取れば一発で大幅な黒字になります。
ただ、キャロットのコントラチェックは血統馬にディープ産駒ですからものすごい高額馬です。
なので仮に勝ってもやっと回収できるくらいにしかなりません。
そう考えると口数はもちろん馬の価格を賞金のバランスを上手に考えて出資していかないといけませんね。
もちろん、オークスだけの話をしているので、それ以前に重賞を勝ったりしている馬もいますし、今後まだまだ活躍していくでしょうから上の4頭ともに黒字になる可能性は十分あります。

以上が新馬戦を勝った場合、有馬記念を勝った場合、そして先週のオークスで出走馬が仮に勝った場合の例を紹介してみました。
あと、競馬は実は8着まで賞金がもらえます。
これって馬券しかやっていないと何も関係ないのですが、一口馬主をしているとものすごく有難いのです。
また、事故などで保険金が入る場合もありますが、それは悲しい話なので省きます。
最後に引退時にノーザン系ですと牝馬は募集価格の10%で買い戻してもらえます。
牡馬だと種牡馬入りできれば大きなお金が入りますし、そうでなくてもオークションに出品されその金額が分配されます。
一口馬主の収入はそれくらいでしょうかね。

どちらにしても一口馬主でプラス収支にするのは並大抵のことではありません。
今回は新馬戦やG1などを勝った場合の話をしましたが、1勝するだけでも本当に大変ですし、半分以上は1勝もできずに終わります。
なので、私は第1回で一口馬主の予算は全額もどってこなくても良い範囲のお金で組みましょうという話を書きました。
今回は収入の話ということで夢のある部分の内容でしたが、基本的には一口馬主は儲かりません。
それでもやっぱり楽しいんですよね。
先ほど書いたオークスの出走した4頭の出資者の方々は先週は眠れないくらい毎日わくわくして過ごしてたと思います。
お金には代えがたい楽しみに加えてお金も実際入ってくる可能性のあるというそこが魅力なのかもしれません。
次回は、では実際どういうクラブを選べばいいのかについて書いていきます。
関連記事
[ 2019/05/21 15:40 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)

今年シルクの1歳馬で募集されない馬たち

少し情報が遅れてしまいましたが、先日セレクトセールの上場馬のリストが発表されましたね。
その中に名前がある馬は今年の1歳馬募集には出てこないことになります。
なので、今年シルクで募集されない馬のリストをまとめました。
私が覚えている限りシルクで募集されたことのある繁殖の子か募集馬の子になります。
見逃しがあったらすいません。

シャンボールフィズの2018 めす 黒鹿 4/3 エピファネイア
ウィズザフロウの2018 牡 栗 1/23 モーリス
ヴィヤダーナの2018 めす 鹿 5/6 オルフェーヴル
ウィストラムの2018 めす 鹿 1/25 ヴィクトワールピサ
プリティカリーナの2018 めす 青鹿 1/25 ディープインパクト
ミュージカルウェイの2018 牡 鹿 4/3 ディープインパクト
ケアレスウィスパーの2018 牡 鹿 3/17 ハービンジャー
ラッドルチェンドの2018 めす 鹿 4/8 ドゥラメンテ
エンジェルフォールの2018 牡 鹿 4/20 ロードカナロア
サマーハの2018 めす 黒鹿 3/11 ディープインパクト
レイズアンドコールの2018 牡 黒鹿 3/13 キンシャサノキセキ
サルスエラの2018 牡 栗 4/13 キングカメハメハ
アーマインの2018 牡 黒鹿 3/27 ハーツクライ
ミスティックリップスの2018 めす 鹿 2/24 ミッキーアイル
モンローブロンドの2018 牡 鹿 4/25 ハービンジャー
メジロフォーナの2018 めす 栗 5/2 モーリス
サロミナの2018 牡 鹿 1/12 ディープインパクト
ラトーナの2018 めす 黒鹿 4/1 ワールドエース
テーブルロンドの2018 めす 鹿 2/21 キングカメハメハ
アコースティクスの2018 牡 鹿 2/22 ドゥラメンテ
フラーテイシャスミスの2018 牡 黒鹿 4/30 ディープインパクト
クレヨンルージュの2018 牡 鹿 2/19 リオンディーズ
ムガールの2018 牡 黒鹿 2/19 トゥザワールド
ミリオンウィッシーズの2018 牡 芦 3/18 ゴールドシップ
ラフィエスタの2018 めす 鹿 2/24 ドゥラメンテ
ムーンライトダンスの2018 牡 黒鹿 4/11 ロードカナロア
グリューネワルトの2018 牡 鹿 3/31 ジャスタウェイ
シロインジャーの2018 めす 鹿 2/23 ミッキーアイル
テルアケリーの2018 めす 黒鹿 5/6 ディープインパクト
アンプレヴーの2018 めす 黒鹿 3/21 リーチザクラウン
アウトオブザウィムの2018 牡 鹿 2/13 ヘニーヒューズ
マハーバーラタの2018 めす 鹿 2/15 ヘニーヒューズ
ポルケテスエーニョの2018 牡 鹿 3/11 キズナ
ストールンハートの2018 めす 栗 1/25 リアルインパクト
リュナティクの2018 牡 鹿 4/8 エイシンフラッシュ


こうやってみるとシルク常連の子が結構セレクトいっちゃってますね。
シルク常連といえば、プリティカリーナ、ミュージカルウェイ、サマーハ、サロミナ、アコースティクスなんかがセレクト行きになってしまい残念ですね。
またシルクの募集馬だったラトーナやシロインジャーの子もシルクに来ないのは残念です。
特にシロインジャーなんてシルクで募集すべきだと思うんですけどね。
まぁ白毛じゃないからでしょうかね。
こうやってみるとディープやカナロアなど一流種牡馬の子も多く、きたら人気になりそうな馬がかなり多いですね。
ノーザンファーム生産馬がほとんどなのでしょうがないですけどね。
個人的に気になる馬はポルケテスエーニョのキズナ産駒やアコースティクスのドゥラメンテ産駒なんて価格的にも届きそうで募集されたらうれしかったなぁと思います。
是非、落札して募集馬に加えてほしいですね。

これでサンデーの募集馬が発表され、セレクトセールの上場馬も出揃ったので後はシルクとキャロットになります。
キャロットの募集馬は母親優先もあり、そこまで大きくラインナップが変わるわけではないので、消去法でシルクの募集馬もだいたい判明しそうですね。
ちなみに去年シルクの募集馬の予定リストが発表されたのは6月6日になります。
今年もそれくらいかと思います。
もうすぐですね。
まぁ、1歳馬も大事ですけど、3歳馬は生き残りをかけた正念場ですし、2歳馬もデビューが控えています。
一口馬主としても最も騒がしい時期でもあります。
色々含めて楽しんでいきたいですね。
関連記事

第2回一口馬主入門講座・・・一口馬主にかかる費用

今日は一口馬主の入門講座の第2回目を書いていこうと思います。
1回目はクラブごとの口数の違いについて書きました。
今日は一口馬主にかかる費用について書こうと思います。
一口馬主をやってみようかな?と思っている方にとっては最も気になる部分かなと思いますね。
私も一口馬主を始める前ってものすごいお金がかかると思っていました。
ブログやサイトなど色々調べましたけど、結局具体的にいくらかかるのかってあまりよくわかりませんでしたね。
今は詳しく解説してくれているサイトも増えてきたと思いますけどね。

一口馬主にかかる費用は口数が大きく関係しています。
なので、第1回目は口数について書いたわけです。
本当は皆さん1番気になる費用から書きたかったんですけどね。

まず、一口馬主のかかる費用は大きく分けて3つです。
1、入会金、会費
入会金はクラブのよって違いますが、1~3万円くらいで最初に払うだけのお金なので難しくはありません。
たまに入会金無料のキャンペーンなどやっているクラブもあるのでその時に入るといいかもしれませんね。
そして、会費ですがこちらはだいたい月3000円くらいのクラブが多いです。
こちらも固定の費用なのでわかりやすいと思います。

2、出資金
こちらが馬に出資する時にかかるお金になります。
詳しくはあとで書きます。

3、維持費
馬の飼育代みたいなものです。
エサ代とかそういう費用のことです。
これがおそらく一口馬主を始めようと思っている皆さんがよくわからない本丸ですよね。
ただ実際はそこまで難しくありません。

1に関しては一口馬主に限ったことではなく、スポーツクラブでもなんでもそうだと思います。
入会金と月の会費なのでわかりやすいと思います。
問題は2と3ですよね。
こちらを実例を含めて説明していきます。

・5000万円の馬の場合
ここに5000万円という高額な募集馬がいます。
ディープインパクト産駒の牝馬、良血なハーツクライ、ロードカナロア、キングカメハメハの牡馬あたりがこれくらいの金額です。
この馬が40口のサンデーと400口のキャロットと500口のシルクで募集されたらどれくらいの費用になるでしょうか?
そして、かかる維持費も計算してみます。
・サンデー 一口125万円 維持費12000円
・キャロット 一口12,5万円 維持費1200円
・シルク 一口10万円 維持費1000円

サンデーがお金持ち様しか出資できないのは明白ですが、キャロットとシルクも同じようで意外と差がありますよね。
維持費は別としても一口2,5万円も違えば低予算には大きな差です。

もう少し手ごろな馬にして見ましょうか。維持費は同じなので省略します。
・3000万の馬の場合
これくらいですとダイワメジャー、ルーラーシップ、オルフェーヴルの牡馬、ハーツクライ、ロードカナロアなどの牝馬の価格です。
・サンデー 一口75万円
・キャロット 一口7,5万円
・シルク 一口6万円
ちょっと出せそうな金額になりましたよね。

では、具体的に入会してシミュレーションしてみましょう。
サンデーに入会し先ほどの2頭に出資しました。
最初にかかるお金
・入会金 30000円
・出資金 2頭 125万円、75万円
毎月かかるお金
・維持費 12000円×2 24000円
・会費 3000円
これがあなたがサンデーに入会して2頭出資した時に最初の月にかかるお金です。
最初の月 205万7千円
それ以降毎月 維持費+会費 27000円 

次はキャロットに入会し先ほどの2頭に出資しました。
最初にかかるお金
・入会金 20000円
・出資金 2頭 12、5万円 7、5万円
毎月かかるお金
・維持費 1200円×2 2400円
・会費 3000円
これがあなたがキャロットに入会して2頭出資した時に最初の月にかかるお金です。
最初の月 22万5400円
それ以降毎月 維持費+会費 5400円 

最後にシルクに入会し先ほどの2頭に出資しました。
最初にかかるお金
・入会金 10000円
・出資金 2頭 10万円、6万円
毎月かかるお金
・維持費 1000円×2 2000円
・会費 3000円
これがあなたがシルクに入会して2頭出資した時に最初の月にかかるお金です。
最初の月 17万5千円
それ以降毎月 維持費+会費 5000円 

どうですか?
こうやって具体的な金額だとわかりやすですよね。
まぁ、1番わかりにくい維持費は基本的に400口や500口のクラブなら1頭につき月額1000円くらいと思っておけばわかりやすいと思います。
実際は牧場にいる時は安いし厩舎に入ると高くなったりしますし変動するのですが基本的にはそれくらいです。
キャロットやシルクでは、2頭に出資すると毎月5千円くらいかかるだけなのです。
これならそこまで負担になりませんよね。
ただ、これが10頭20頭となると結構な金額になっていきます。
そんなに出資しないと思っているかもしれませんが、毎年3頭くらいづつ出資するだけで10頭くらいにすぐなっちゃうんです。
毎年5頭くらい出資すれば20頭もいきます。
もちろん5割以上勝ち上がってくれたらですけど、順調にいけば頭数は結構増えていきます。

以上で一口馬主の費用について終わります。
次回は賞金はいくらもらえるのか?について書いていきます。
関連記事
[ 2019/05/17 22:27 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)

ポールヴァンドルが引退、繁殖入りしその夢は子へ

私が初めて名付け親になれたポールヴァンドルが引退することになりました。

2019.05.15 所有馬情報

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:

上原博之調教師「レース後はこちらで、脚元を確認させていただきましたが、やはり以前痛めた繋靭帯の部分に腫れと硬さが見られますね。歩様もどこかゴトゴトした感じに映りますし、長期休養から2戦してきたものの、今後は更に悪化してくる可能性が高いことから、これで引退とさせて頂きたいと思います。6歳3月の引退期限より少し早くなってしまいましたが、繁殖牝馬としての大事な役目が控えているポールヴァンドルには、これ以上無理をさせることが出来ないですし、無事に牧場にお返しすることが自分の務めだと思います。ここまで応援いただきまして、ありがとうございました」

これ以上の負荷を掛けてしまうと、いつ大きな怪我が起こってもおかしくない状況です。断腸の思いではございますが、ここで現役続行を断念し、前走のテレ玉杯をもって引退させることといたしました。15日に競走馬登録抹消の手続きが取られ、今後は繁殖牝馬となる予定です。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。新馬戦は後のダービー馬になるレイデオロと0.2秒差の2着に敗れるも、4戦目で未勝利、続いて500万を連勝。更に紫苑ステークスでは、海外でも活躍を見せるディアドラとタイム差無しの3着で、秋華賞への出走権を手にしました。秋華賞後は、脚元の不安を抱えながらも気持ちを前面に出して4戦走り抜いてくれました。これまでポールヴァンドルに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございました。



特に思い入れの強い馬でしたので残念ではありますが、無事に繁殖入りできるということでほっとした気持ちもあります。
秋華賞出走までは本当に楽しいことしかない順調な毎日でしたが、その後は怪我に悩まされた日々でしたね。
紫苑S3着から秋華賞出走あたりの興奮は今でも忘れることができません。
一口馬主の中でも1番盛り上がった時かもしれません。
募集価格は32000円というお手ごろ価格の馬。
大きすぎる馬体が嫌われたのか1次では売れ残った馬でした。
それでもG1出走まで活躍してくれたのですから自慢の愛馬ですね。
最後のレースも570キロという牝馬とは思えない大きさでしたし、それが足元の負担にも繋がったのも事実だと思います。
ただ、繁殖入りするということですから、その雄大な馬体を受け継いだ立派な子供が生まれてくれると思います。
私の名付けた馬がG1まで出走し、今度は繁殖入りし血統表にもその名前が残っていく事でしょう。
これも一口馬主の醍醐味の一つかもしれません。
一口馬主の楽しさをたくさん教えてくれた本当に大切な一頭です。
今度はその子に夢を託し、出資できたらと思います。
ポールヴァンドル本当にお疲れ様でした。
出資できて本当に幸せでした。ありがとう。
関連記事

第1回一口馬主入門講座・・・一口馬主クラブの口数について

今日から数回に分けて一口馬主をやってみようかなという方向けの解説を書いていこうと思います。
そろそろ今年の1歳馬の募集ラインナップも出始めていますし、新規入会を検討されている方は情報を集めていると思います。
私も一口馬主をやってみようかなと思った時に色々なサイトやブログを見させてもらって勉強しました。
それでもよくわからないことも多いので、できるだけ具体的に説明できたらと思います。

今回は、一口馬主クラブの口数について説明します。
各クラブによって個性の出ている部分でもありますし、自分の予算と見比べて1番考えないといけない部分でもあります。
まず、口数の説明をしますね。
口数とは、ある募集馬の金額を何分割するのか?ということです。
募集額1億円の馬がいたとします。
それを100分割すれば1口100万円になり、それが100口クラブ。
それを500分割すれば1口20万円になり、それは500口クラブになります。
たくさん分割すればそれだけ金額は安くなりますが、もちろん賞金も分割されますので少なくなります。
なので、どういうクラブに入るのかは、ご自身の予算との相談になります。

現在、新しいクラブも増えており、かなり多様な口数のクラブがあります。
主要なクラブを書いていきます。
複数の口数形態のあるクラブは1番多いものを表示しています。

・40口
サンデー、社台、G1

・100口
ラフィアン

・200口
グリーン、ユニオン、ターファイト

・400口
キャロット、ノルマンディー、東京サラ、ウイン

・500口
シルク、ロード、優駿

・2000口
広尾

・10000口
DMM

まぁ、これだけ見てもよくわかりませんよね。
とりあえず、大事なのは一口馬主の趣味に使える予算をまず決めましょう。
一口馬主は一応投資ですからお金が戻ってきますし、ごくごく稀に儲かることもあるでしょう。
ただ、基本的には全額戻ってこないと思って予算を組みましょう。
競馬だけじゃなく、アニメ、ゴルフ、アイドル、釣りなどなど皆さん色々な趣味があると思います。
その中で一口馬主に年間使える予算を出してみてください。
ちなみに私は最大30万円でやっています。
10万円の方もいれば1000万円の方もいるでしょう。
その予算に応じて、自分が入れるクラブが絞られてきます。

まず、100万円以上の予算があればすべてのクラブで楽しめます。
もちろん40口クラブで高額馬は厳しいですが、安い馬なら出資できます。
次に50万くらいですと100口以下のクラブをオススメします。
100口、200口のクラブはそこまで高い馬はいないクラブなので十分出資できる予算です。
予算20万円くらいですと400口以下のクラブになってきます。
おそらく、1番多い予算帯だと思います。
主要なクラブはだいたい入れるので十分楽しめる予算だと思います。
予算10万円となると400口以下のクラブで出資はできますが、出資できる頭数は1~2頭くらいなので少し物足りないかもしれません。

このようにまずは自分の一口馬主に使える予算を決め、その中で楽しめる口数のクラブを探しましょう。
一口馬主はお金のかかる趣味です。
無理なく使える予算でやってください。
基本的には毎世代数頭づつ出資していくことになります。
勝ち上がってくれれば、出資頭数はどんどん増えていきます。
長期的な視点で、予算を組み、その中で楽しめるクラブ選びをしてきましょう。

次は、一口馬主の費用について書いていきます。
関連記事
[ 2019/05/14 10:52 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ