FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

アーモンドアイとブラストワンピースは大物として意図的にシルクにきたのか?

少し早いのですが、今年はシルクの年でした。
シルクの3歳最強世代から2頭のG1馬が誕生しました。
ここまで大物が2頭も出たは偶然なのでしょうか?
それとも意図的なのでしょうか?
確かにこの世代は急に募集価格も上がり血統的にもすごい馬が多かったのは事実です。
なので1から振り返ってみて考えてみましょう。

まず、シルクで募集される馬のほとんどはノーザンファーム生産馬になります。
今回の2頭もノーザンファーム生産です。
ノーザンファームの生産馬は基本的にはサンデーレーシング、キャロットファーム、そしてシルクで募集されることになります。
まぁ、それ以外にもセレクトセールなどのセールに出される馬、社台グループの共同馬主、委託生産馬、吉田一族の個人持ちなどなどあるとは思いますが、まぁこんなところだと思います。
その生産馬をどのクラブで募集馬として出すのか、それともセールに出すのか、そこにはノーザンファーム関係者の大きな意図があるはずです。
では、この2頭がそういう意図をもってシルクにきたのでしょうか?
個別に考えていきましょう。

・ブラストワンピース
この馬の母はツルマルワンピースです。
3勝をあげた馬ですが、ノーザンファーム生産馬ではありません。
浦河の牧場の生産馬です。
なのでノーザンファームでどういう経緯で繫殖入りしたのかはよくわかりません。
ただその母、つまりブラストの祖母はツルマルグラマーでノーザンファーム生産馬です。
近親にはアルナスラインもおり、こちらもノーザンファーム生産馬。
そうやって見てみると、ものすごく代々ノーザン血統というわけではないしにしろ、ノーザンファームで繫殖入りしたのはそういう流れがあったのかもしれませんね。
そんな母ツルマルワンピースが最初に産んだのがブラストワンピースになります。
初子なので、兄弟に活躍馬は当然いません。
つまり、血統的にものすごい活躍を期待してシルクで募集したとは思えないのです。
この馬はG1級だからシルクの目玉として入れてやろうという馬ではないのです。

でも、血統的にはそうであっても馬体の出来が凄くて期待が高かったのかもしれませんよね。
ただ、そうであるなら価格設定がおかしいです。
それだけ期待していたのなら一口4万円という価格にはなりません。
確かにハービンジャーの人気は下がっていましたがG1級のすごい馬だということでシルクに入れたなら牡馬ですし一口5~6万つけても良かったです。
そもそも4万円でも売れ残っていたわけですから、確かに立派な馬体ではありましたが、牧場関係者もシルク会員もそこまでの馬だという評価ではなかったことがわかります。
つまり、ブラストワンピースはG1級の馬だということでノーザンが意図的にシルクで募集をかけた馬ではないと思うのです。

・アーモンドアイ
次にアーモンドアイを見てみましょう。
母はご存知エリ女を勝ったG1馬のフサイチパンドラです。
フサイチパンドラもノーザンファーム生産馬でセールでフサイチの関口さんに購入されました。
その後ノーザンファームで繫殖入りしています。
ここまでは自然な流れですね。
その後、フサイチパンドラの子はセレクトセールにほとんど出されています。
キャロットで1回募集されたきりであとはセールです。
最初の子はあの馬主でも有名な大魔神佐々木さんが買ってたんですね。
ただ、その子も2勝止まり。
その後も、1勝馬、1勝馬、あとは地方でくらいしか勝っていません。
私が繫殖成績を気にして出資できなかったのはここがネックだったからです。
そんな流れでアーモンドアイがシルクで募集されました。
キングカメハメハを2回つけても1勝止まりだった繫殖です。
その息子のロードカナロアをつけて、この馬はシルクの目玉になるという意図できたとは思えないのです。

こういう良血馬、有名馬の晩年の子がシルクに来るというのは結構あります。
例えば名繫殖のレーヴドスカーの子がずっとサンデーで募集されてたのに晩年になってシルクにくるようになりました。
ディープインパクトの妹のウインドインハーヘアの子が最後だけシルクにきたりもしました。
フサイチエアデールの子やメジロドーベルの子なんかも晩年になってから1頭だけきたりしています。
アーモンドアイもそういう感じだったのではないでしょうか?
つまり、血統的にはもちろん魅力はあるがそこまですごい期待してシルクにもってきたわけではないと思うのです。
アーモンドアイもG1級の馬だということでノーザンが意図的にシルクで募集をかけた馬ではないはずです。

つまり、この2頭のここまですごい活躍はノーザンにとっても予想外の出来事だったと思うのです。
もちろん、この世代のシルクに期待をしていたのは募集価格からも感じます。
ただ、それは良血なディープ産駒、ステゴ産駒、ハーツ産駒、そしてモーリスの弟ルーカスなどなど、真に期待していたのはそこらへんの馬たちだったと思うのです。
ノーザンも予想できなかったところから大物が2頭も誕生したのです。

私の持論として馬が走るかどうかなんて走ってみるまでよくわからんというのがあります。
そんな持論がありながらこんなブログでレビューなどしているのもどうかと思うのですが正直そう思っています。
なぜなら、毎年、社台やノーザンの吉田代表やマイネルの岡田総帥などがこの馬はすごい、○○級の馬だみたいなのが出てきます。
しかし、実際走ってみるとたいしたことがないということがものすごい多いのです。
日本を代表する生産者の方たちでも走ってみるまでわからないのです。
逆に言えばだから、シルクにアーモンドアイとブラストワンピースという名馬が一度に2頭もきたのです。
そうでなければ、走る馬がわかっているなら毎年募集時から高額になってしまいますし、人気になってしまうでしょう。
セレクトセールで何億という馬の大半が活躍できずに終わるのもそうです。
有名な馬主さんが目利きのできる調教師さんたちを引き連れてセールで購入してもそうなのです。

つまり、今後もこういうことはよくあるはずなのです。
ノーザンがそこまでの馬じゃないと思ってお手頃価格でシルクで募集させた馬でも大物の可能性があるのです。
もちろん、そんな専門家が見抜けないものを素人の私がわかるはずもありません。
それでも、自分なりの基準とルールをもって続けていけばいつか出会えると信じています。
意図した大物は高額になり人気になります。
自分は意図しない大物を探し出す作業をこれからも続けていきたいですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
[ 2018/12/26 05:40 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(8)

今なら素直に言える「ブラストワンピースおめでとう!」

すぐにブログに書こうか迷いましたが1日置いてちゃんと自分の気持ちを整理してからにしようと思い今日書きます。

「ブラストワンピースおめでとう!」
意外なほど素直に言えました。
以前までの私でしたらアーモンドアイがG1を勝つたびに色々な感情を吐露していたと時の同じようになっていたと思います。
しかし、今回はそういう感じにならなかったんですよね。
普通に馬券もブラストワンピースを本命にそこから買ったこともあり、全力で応援をしていました。
勝った瞬間本当にうれしかったのです。

ブラストワンピースついては以前ブログにも書きました。
シルク勝ち上がり馬レビュー【なぜブラストワンピースに出資できなかったのか?編】
この馬に関してはレビュー時から高評価をしており、本当に出資する直前まで何度もいった馬でした。
そういう意味ではアーモンドアイとは違い現実的な後悔でした。
ツアーでも出資候補としてしっかりチェックしました。
思ってる以上に立派な馬体で、思わずスタッフさんにそんな感想を言ってしまいました。
しかし、この馬の周りには全然人はいませんでした。
私のツアー写真を見ても周りに誰一人映っていません。
そんな人気のなかった馬ですから、当然ずっと売れ残り。
その馬が有馬記念を制するわけですから本当に競馬は面白いです。

いくら高評価をしていたとか出資しようと思っていたと言ったところで、実際は出資していないわけです。
アーモンドアイ以上に悔しさが溢れてくるかと思っていました。
しかし、実際はもっとポジティブな感情でした。
こんな一口4万円の不人気馬から有馬記念馬が誕生するのです。
私にだってチャンスがあるじゃないですか。
これが1億円のディープ馬だったら何とも言えない気持ちだったかもしれません。
でも、低予算でも実績がなくてもこういう馬に出資できるチャンスがあるのです。
今回は残念ながら逃してしまいましたが、必ず次のチャンスもあるはずです。
もちろん、この活躍でシルクはますます人気になるでしょう。
このように出資できることはもう無いかもしれません。
それでも夢は広がった気がします。

ブラストワンピースは本当に良い馬です。
まだ3歳ですし、血統的にも欧州向きでもあります。
凱旋門なんて話もでてくるかもしれません。
そして、間違いなくハービンジャーの後継種牡馬になるでしょう。
アーモンドアイは牝馬ですから、シルクからやっと大物種牡馬が誕生するかもしれません。
何億というシンジケートが組まれて会員さんにはどれくらい入るんでしょうか?
そんなことまで考えてしまいます。
売れ残っていた低価格の馬ということもありブロガーさんを始め結構多くの方が出資されています。
そういう情報も楽しみに見てみたいですね。

ブラストワンピース、そして出資者の皆さん本当におめでとうございます。
関連記事
[ 2018/12/24 20:55 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(3)

有馬記念予想!

有馬記念くらいは予想もしようと思います。
有馬記念は結構相性が良く高配当も当たっていますね。
堅めの本命とヒモ荒れする印象が強いですね。

◎ブラストワンピース
本命はシルクのブラストワンピースです。
シルク会員だからというわけではなく、単純にこの馬は強いと思っています。
菊花賞1番人気でしたが4着。
それでも大外ぶん回してのロスを考えると力はあったと思います。
馬場もやや重になりハービンジャー産駒向きになったと思いますよ。
そこから手広く買いました。
有馬記念は当てたいレースですよね。
楽しみです。

(1) 中山(日) 11R 馬 連 ながし
軸馬:08
相手:01,02,03,05,06,10,11,12,14,15
各100円(計1,000円)

(2) 中山(日) 11R 3連複 軸1頭ながし
軸馬:08
相手:03,05,11,12,14,15
各100円(計1,500円)
関連記事
[ 2018/12/23 15:02 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)

新規でレイデオロの出資者になった人がいた?問題

キャロットクラブの有馬記念に出走するダービー馬レイデオロの口取りに3万台の会員番号の人がいるということで話題になっているようです。
口取りはシルクですと一般レースは10人分、重賞などですと20人分の会員番号が発表されます。
今回、レイデオロの口取りに3万台の方がいたそうです。
それだけだと何が問題なの?と思われるかもしれません。
3万台というのはレイデオロが募集された年に新規で入会した人がだいたいそれくらいの会員番号だそうです。
レイデオロは当然ながら大人気。
×2でやっと取れるかどうかでした。
つまり、新規などお呼びでないのです。
キャロットは新規に厳しいクラブで既存会員さんの申し込み終わった最後にやっと順番がくるからです。
つまり、レイデオロに出資するには×2か母親優先権が必要でした。
しかし、新規では当然そんな権利はあるはずもありません。
だから問題になっているのです。
当時クラブに入って間もない会員が母親優先も×2もないのにレイデオロの出資者になっているのです。
口取りに番号があるというのはそういうことです。
他に考えられるのはマラソンの賞品で入手したかキャンセルで入手したかでしょうけど、どちらも対象ではなかったようです。

一口馬主は結構闇の部分があります。
私は以前、マラソンの賞品となっている一口馬主の権利ってどこから発生してるのか?という記事を書きました。
当時特に話題にもならなく終わった記憶があります。
今年からシルクの一口もマラソンの賞品になっています。
その権利ってどこからきてるのでしょうか?
全額を500口で割って500口分を抽選で割り当ててるはずです。
満口になってる馬はどこから1口もってくるのでしょう?
501口目を作り出すのは無理です。
賞金を割ったときに計算がおかしくなるからです。
では1次では実際には499口分しか会員には割り当てておらず、1口最初からマラソン用によけておいたのでしょうか?
可能性としてはそっちかなとは思いますが不透明ですよね。
ノルマンディーのスターズファンドも同じです。
あのスターズファンド分の口数はどこからもってきてるのかよくわかりません。
そもそも一口馬主といってもクラブや牧場が最初から10口分くらいは全頭持ってるみたいな感じになっていて実際は490口分しか会員には割り当てていないとかの可能性もあります。
それならそれでそう説明してくれれば済む話だと思うんですよね。

ちょっと話がそれてしまいましたが、今回のキャロットのレイデオロの件はその感じによく似ています。
1次から何らかの理由で特別に優遇しなければならない新規会員さんがいて当選させたか?、もしくは、あとになって1口作り出してその特別な新規さんに割り当てたか?そんな感じなんじゃないかと思います。
どちらにしてもそうなら不公平なことです。
今のところ事実はよくわかりません。
もっと私の想像が及ばない他の正当な方法で当選したのかもしれません。
相続や譲渡などがありえるのかわかりませんがそういうこともあるのでしょうか。
それとも単純に会員番号を間違えたか。
こういう小さなことでも不審に繋がるのでできれば何らかのアナウンスや説明があるといいのかなと思いますね。
関連記事
[ 2018/12/21 22:25 ] キャロットクラブ | TB(0) | CM(2)

シルクの2歳世代が地味な印象

シルク3歳世代は、私が最強世代と言い続けてきたように本当にすごい世代でした。
牝馬三冠のアーモンドアイを筆頭に、今週有馬記念にも出る重賞馬 ブラストワンピース、重賞2勝のプリモシーン、地方重賞勝ち馬プロミストリープが出ました。
他にも今後重賞を取れそうな馬たちも多数います。
サラキア、インディチャンプ、グローリーヴェイズ、ミスティックグロウなどは重賞でもやれそうです。
オープン級も多数おり、 アンブロジオ、ダイアトニック、マグナレガーロあたりもオープン、そして重賞とのちのち進める実力者です。
名前を挙げきれなかった馬の中にも楽しみな馬がたくさんいます。
本当にすごい世代だと思います。

そんな最強世代の影で現2歳世代はちょっと目立ちません。
数字的に見ればそんなに悪いわけではありません。
サンデーやキャロットを比較してもそこまで大きな差があるわけではありません。
ただ、やっぱり地味な印象です。
もちろん3歳世代がすごすぎたせいもあるとは思いますが、実際にも地味なんだと思います。
大きなポイントとしてクラシックを狙えそうな大物が出ていないことがあります。
現在シルクの2歳馬の賞金1位はディアンドル、2位はシングルアップ、3位はパイロテクニクスです。
3頭とも短距離馬です。
ダービーだオークスだとクラシックを目指すタイプではありません。
では、勝ち上がった中でそういうクラシックを目指せる器がいるかと言うと私の出資馬でもあるスイープセレリタスなんかはそうだと思うのですが前走負けてしまいトーンダウン。
ウィクトーリアなんかも新馬戦を勝った時はすごいタイムと評判でしたがその後はいまいち。
ウレキサイトやレーヴドカナロアなんかも2戦目がいまいちでした。
そんな現状で1番大物感があるのはシハーブかもしれません。
新馬戦を圧勝しかなりの器だと思います。
しかし、こちらはダート馬。
ジャパンダートダービーは勝てるかもしれませんがクラシックとは無縁のタイプでしょう。
こうやって見てみると来年のクラシックが今から楽しみでしょうがないという馬が現状見当たらないのです。
これが2歳世代の地味な印象の要因なのです。

もちろん、これからデビューする馬にクラシック級がいる可能性は十分にあります。
また、今名前を出したような馬も次走ものすごい走りを見せてクラシックに名乗りをあげる可能性も十分にあります。
アーモンドアイも年明けのシンザン記念を勝ったあたりで騒がれ始めましたしブラストワンピースも年明けの2戦目で評価を上げました。
逆に去年のこの時期クラシック候補だったのはルーカスやオヴセッションだったと思います。
そう考えると今はそこまで重要ではないとも言えますが、もう少しワクワク感が欲しい気もしますよね。
とりあえず現状はこんな感じですが、来年どうなるでしょうか?
2歳世代にも頑張ってほしいですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ