まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

インヘリットデールの2戦目は惜しくも連続2着

2017/04/17 <レース結果>

 4/15(土)福島4R 3歳未勝利〔芝1,800m・16頭〕2着[1人気]

好スタートから外目の5番手をキープし、スムーズにレースを進めます。3,4コーナーでペースが上がると気合いを付けながら前を追いかけ、直線では先に抜け出した勝ち馬に懸命に迫りますが、惜しくも頭差及ばず2着となっています。

鮫島克駿騎手「スタートは良かったですし、すぐに好位に取りついてスムーズに運べました。勝負どころで仕掛けてもグッと反応してくれなかったものの、徐々に加速して勝ち馬を目標に追いかけたのですが、勝ち馬が思ったよりもしぶとくて捉え切れませんでした。初戦は遅い流れからヨーイドンの競馬だったと思いますが、今回のような小回りコースで忙しい競馬でも流れに乗れましたし、終いもよく伸びていますから、2戦目で収穫の多いレースだったと思います。ここで勝たせられなかったのは申し訳ないですが、3着以下は引き離していますし、力は見せてくれたと思います。現状はまだ非力ですから、あまり重い馬場は向かないと思いますが、競馬が凄く上手ですから、すぐにチャンスは回ってくると思います」

高野友和調教師「もう少しのところでしたが、勝てなかったのは経験の浅いところが出てしまったのかもしれません。勝負どころで自分からスッと動けていなかったので、あそこで楽に上がって行けるようになれば、すぐに結果を残してくれるようになると思います。レース内容自体は安定した走りを見せてくれたので、いい状態でレースに臨めばすぐチャンスは回ってくると思います。馬体は減ってしまいましたが、福島までの輸送の分と、ひと叩きして絞れたものだと思うので、レースには影響なかったと思います。今後のことについては、トレセンに戻って状態を確認してから検討したいと思います」



なんか歯がゆいです。
この世代の私の出資馬は2着が本当に多く、心臓に悪いです。
一度勝ってくれればその後2着は別にいいのですが、未勝利はとにかく1回勝たないとダメなので頼みますよ。
ルーラーシップ産駒らしく、エンジンのかかりが遅くじわじわ伸びて届かないって感じが見えます。
皐月賞3着のダンビュライトもそんな感じがありますよね。
おそらく晩成傾向だと思いますし、とにかく早めに一度勝ってしまって安心させてほしいです。
関連記事

アフィニータの7戦目はいいところなし

2017/04/10 <レース結果>

 4/8(土)福島12R 桑折特別〔芝2,000m・16頭〕14着[6人気]

行き脚が付かず、道中は最後方を追走、残り600m付近から前との差をジワジワ詰めにかかり、直線は大外に出して追い出されますが、脚色に大きな変化はなく、後方のままゴールしています。

勝浦正樹騎手「今日は馬に活気が全然ありませんでしたしね。以前乗せていただいた時とは、別馬のように大人しかったです。以前であれば、良い悪いは置いておいて、ゲートでも元気の良いところを見せていたのが、今日はそのようなところが全くなかったですし、最後まで一度もガツンと来るところがなく終わってしまいました。返し馬の時から、息遣いも気になりましたし、もうしかするとそういった面がレースに影響しているのかもしれません」

菊沢隆徳調教師「全く良いところがなく終わってしまいましたね。後ろからのレースはこの馬のパターンですし、前にいた組で決着してしまったのは仕方のないにしても、最後の直線で脚を使うことなく、全然見せ場のないままゴールしてしまいました。レースに全く集中できていない感じがしましたし、状態云々というよりは精神面の影響が大きいのだと思います。その原因として、やはり息遣いが苦しいことが大きく関わっているのだと思われます。このまま続けて使っても同じことの繰り返しになってしまうと思いますので、息遣いのことも含めて色々と検討させていただきたいと思います」



う~ん、あれだけ後ろからだとさすがに無理ですよね。
そのわりに最後も伸びてこなかったのでやっぱりノドに問題がありそうです。
ノドに問題をかかえる競走馬ってこんなに多いんですね。
一口馬主するまでそんなこと知らなかったですもん。
ただ、こればっかりは外見からわからないので運なんでしょうかね。
関連記事

皐月賞見てきました

ブログ久々になってすいません。
1週間ほど東京のほうに旅行にいっていました。
競馬が目的ではなかったのですが、もちろん皐月賞も見て来ましたよ。
ただ、札幌はかなり寒いのですが、東京は暑くてあまりの気温差に体調を崩してしまいました。
札幌はまだ雪も降ったりするのに、東京じゃ半そででもいいくらいの気温でしたからね。
なので、せっかく中山競馬場までいったのですが、メインの皐月賞だけ見て帰ってきました。
最寄駅から結構歩くのも大変でした。
まぁ、結果は大荒れでしたので馬券も外れて散々でしたね。
でも、やっぱりG1を現地観戦すると興奮がすごいですね。
先日、一口馬主クラブの皐月賞出走馬について書きましたが、結局勝ったのはやっぱりサンデーRの馬でしたね。
この日は中山でシルクの馬が3頭出て3頭とも勝利しました。
体調が良ければ全部見たかったのですが見れずに残念でした。
皐月賞のパドックでも一応撮影してきましたが、混んでて良いポジで撮れなかったですし、表彰式で松坂桃李さんも撮影してきましたが、まぁ男の写真なんてどうでもいいから載せないです。

そんな間に2歳馬の近況も更新されましたね。
またランキングしようと思ったのですが、結構もう入厩し始めてる馬も増えてきたので、残ってる馬だけでランキングしても意味がないかなと思いやめました。
私の出資馬ももう3頭も入厩しています。
早期デビューできそうなので楽しみですね。
もうあと2ヶ月くらいで新馬戦も始まるので本当にサイクル早いですね。
新馬戦が始まったら、またデビュー戦レビューの企画もしようかなと思っています。
関連記事
[ 2017/04/19 03:25 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(4)

一口クラブの桜花賞と皐月賞

一口馬主をやっていると楽しみでもあり、夢でもあるのがクラシックの出走、勝利ですよね。
私も去年ロッテンマイヤーがオークスに出走してくれて、ものすごく興奮しました。
結果は残念でしたが、あの場に愛馬が出走しているという感動もありますし、それまでの1週間も競馬新聞、情報サイト等で取り上げられる数も段違いで夢のような時間です。
今年も先日桜花賞が終わり、いよいよクラシックが始まりました。
さて、我らがシルクですが桜花賞には出走できませんでした。
そこで、過去3年間の大手一口クラブの桜花賞と皐月賞の出走馬を調べてみました。

・桜花賞
2015年
サンデーR・・・キャットコイン
社台R・・・コンテッサトゥーレ
キャロット・・・クルミナル、ルージュバック、レオパルティナ
シルク・・・無し

2016年
サンデーR・・・メジャーエンブレム
社台R・・・無し
キャロット・・・シンハライト
東サラ・・・レッドアヴァンセ
G1・・・ソルヴェイグ
ウイン・・・ウインファビラス
シルク・・・無し

2017年
サンデーR・・・ミスエルテ、ジューヌエコール、アエロリット
社台R・・・ヴゼットジョリー、ソウルスターリング
キャロット・・・リスグラシュー
グリーン・・・ゴールドケープ
シルク・・・無し

・皐月賞
2015年
サンデーR・・・ドゥラメンテ、リアルスティール、ペルーフ、ベルラップ
社台R・・・無し
キャロット・・・無し
シルク・・・ブライトエンブレム

2016年
サンデーR・・・無し
社台R・・・ウムブルフ
キャロット・・・ドレッドノータス、プロフェット、リオンディーズ
グリーン・・・リスペクトアース
ロード・・・ロードクエスト
シルク・・・無し

2017年予定馬
サンデーR・・・アルアイン、ダンビュライト
社台R・・・無し
キャロット・・・レイデオロ
ウイン・・・ウインブライト
G1・・・ペルシアンナイト
シルク・・・無し

こんな感じでした。
やっぱりサンデーとキャロットが強いですね。
この2つと同じノーザンファーム提供馬なのにシルクだけはたった1頭ブライトエンブレムだけでした。
正直ガッカリな結果です。
現2歳はこれらの世代よりも大きく価格もアップしました。
この世代こそ1頭どころか2頭3頭出しできるような成績が求められます。
個人的にはレーヌミノルの桜花賞の勝利は心強いものがありました。
私の期待馬セドゥラマジーもダイワメジャー産駒の牝馬です。
前年負けましたが桜花賞でだんとつの1番人気だったメジャーエンブレムもそうです。
来年の桜花賞に出るのはこの馬のはずです。
こうやって妄想できるのもこの時期の楽しみです。
実際走るまではいくらでも妄想できますからね。
そして、まだまだ今年のクラシックも始まったばかりです。
オークスやダービーに出走できる可能性のある馬はシルクにもいます。
特にシルクはやっぱりシルクプリマドンナのイメージがあるせいかオークスにチャンスを感じます。
オークスのトライアルであるスイートピーSに挑戦するポールヴァンドルにも期待ですね!
関連記事
[ 2017/04/11 16:38 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)

プルーヴダモールの引退について

2017/03/22 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン/24日に競走馬登録を抹消予定
調教内容:
次走予定:

西園正都調教師「トレセンに戻って状態を確認したところ、右前の裏筋が気になった為、22日に診療所で詳しく検査を行ったところ、浅屈腱炎の診断がおりました。症状も重度とのことで、完治するまでかなりの時間を要するとのことでした。新馬戦を勝ち上がった後は苦戦を強いられましたが、障害レースに矛先を変えてから未勝利を勝ち上がり、よくここまで頑張ってくれたと思います」

これを受け、今後について協議した結果、復帰までには相当の時間が掛かる見込みであり、その過程において再発のリスクも高いと言わざるを得ず、このような状況では、ご出資会員の皆様のご負担が増えるばかりとなってしまう可能性が高いことから、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたしました。24日に競走馬登録抹消の手続きが取られ、今後は乗馬となる予定です。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。


プルーヴダモールが引退しました。
引退はもう先月末のことでしたが、なかなかブログに書く気持ちになれませんでした。
障害のオープンではなかなか通用しない現実もあり、引退することについては覚悟していました。
ただ、今回は屈腱炎になってしまったことと、繫殖入りできなかったことが私にとってかなりショックでした。
乗馬になるとのことでしたが、果たして屈腱炎になった牝馬が無事に乗馬になんてなれるのでしょうか?
先日、ブログでも書きましたが引退後の競走馬には厳しい現実が待っていることが多いのも事実です。
そんな状況で、お疲れ様とかありがとうとか綺麗事を書いていいのか迷いました。
netkeibaの掲示板ではすぐにそういうコメントも書きましたし、それも本心。
でも、おそらく厳しい現実もあるのではないかとどこかに思っていたのも本心です。
しかし、なんと関係者の方の書き込みで、現在は、兵庫県のKTステーブルという牧場で馬術競技馬として頑張っているということが判明しました。
こうやって具体的に引退後の居場所がわかることは珍しいですし、本当に安心しました。
私にとって思いいれの深い馬で本当に頑張ってくれた馬です。
色々批判的な意見もありましたが、障害で頑張って勝利したことがこうやって馬術向きだと判断されたのかなとも思います。
やっぱり頑張っていればどこかで報われるんです。
本当に良かったです。

プルーヴダモールは、私にとって一口馬主として初めての勝利をプレゼントしてくれた馬です。
それが初めての新馬勝ちでもありました。
私に一口馬主としての楽しみ喜びを教えてくれた大好きな馬です。
また、新馬勝ち後、放置もあり入厩すると体調が悪くなりレースでは二桁連発と苦しみました。
障害転向後に可能性を見せてくれるも勝ち負けには遠い内容で、引退すべきという声も大きくなり、一口馬主としての苦しみ、辛さを教えてくれた馬でもあります。

そんな中でのあの障害戦の勝利は一生忘れることはないでしょう。
平地の走力では劣っても飛越のたびに巻き返す姿は本当に感動しました。
プルーヴ自身のがんばりはもちろん、関係者の努力が報われた瞬間でもありました。
2勝すれば繫殖入りの可能性も高まるはずとの思いでしたが、今回残念ながら繫殖入りはできませんでした。
ノーザンでは無理でも、他の牧場でしたらまだ可能性もあるかもしれません。
馬術競技馬として頑張りながらも、将来は繫殖入りも諦めないでもらえたらと思います。
やっとこの記事を書けてよかったです。
そして、この馬に出資できて本当に良かったと今ははっきりと断言できます。
ありがとう。
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ