まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

様子見馬から世代最後の出資申し込みをしました

私はこのブログで何度も書いてきたことがあります。
「シルクは売れ残っている馬が走る!」
そう書いている以上、私も残口馬には常に注目してきました。
最初の年は途中入会なので、全頭が売れ残りでしたがレーヌドブリエが3勝、プルーヴダモールが新馬勝ちを含む2勝。
2年目は、クードラパン、アルジャンテが残口馬から出資しましたがどちらも現在準オープンまできています。
3年目は、インハーフェイバーやダンスウィズユーが残口馬でしたがどちらも骨折をしてしまい、まだ勝ちあがっていません。
ただ、どちらも1番人気になるなど期待は高く、骨折は治っていますので頑張ってくれるでしょう。
というわけで、4年目の現2歳世代も残口馬は1頭はいく予定でした。
ただ、1次申し込みと、その後の通常募集で一気に7頭も確保してしまい予算が無くなってしまったこともあり、高い馬は当然いけません。
なので、お手ごろな馬で期待できそうな馬に絞ってチェックしてきました。
その間、追加募集などもあり、そちらで出資することも考えたのですが、色々不安な面もあり残口馬の様子見を続けることにしました。
そして、今回残口警報が出たことと出資する体勢が整ったので決断しました。

私が今回出資したのはヴェロニカグレース(エンジェルフォールの15)です。
この馬の母は、アドマイヤサンデーとジャングルポケットという黄金配合でG1馬、重賞馬多数の兄弟で血統的には元々かなりの良血です。
1次レビューでも特に欠点も無く、まずまずの評価をしていました。
それでも、1次の段階では出資する気はありませんでした。
それが、半年たった今どこが変わって出資するに至ったのでしょうか。

まず、ハービンジャー産駒の大活躍があげられます。
皐月賞2着のペルシアンナイト、そして昨日のオークスにはディープ産駒より多い4頭も出走しました。
2着にモズカッチャン、4着にディアドラ、モーヴサファイヤやヤマカツグレースも出走しました。
ハービンジャー産駒は最初は新馬戦を勝ちまくって期待されていましたが、その後いまいち大物が出ずに少しづつ評価も下がり気味でした。
シルクでも数頭募集されていますが、価格は安くなっており、それでも1次満口は当然いませんでした。
そんな中でのこのクラシック戦線での大活躍です。
個人的には根拠も何もないのですが、種牡馬にも全盛期というものがある気がしています。
急に2~3年産駒が大活躍して繁殖の質も上がったのに、その後さっぱりみたいなケースが結構あるからです。
遺伝的に説明がつくのかわかりませんが事実としてあるわけです。
そう考えるとハービンジャー産駒のこの活躍を見るに、その次の世代のハービンジャー産駒の期待度も高まるわけです。
そして、今なら価格が安いままなのです。
これが来年ならもう少し高くなるかもしれません。
つまり、全盛期を迎えつつあるハービンジャー産駒に今なら安く出資できるのです。

次に、様子見の基本である馬体面と調教面と順調度です。
馬体は500キロ近い立派な体に成長しました。
その割に大きく見せないので、よく言えばスラリとしていて悪く言えば貧弱にも見えます。
ただ、ハービンジャー産駒の全盛期がきたといってもダートでは全く期待できません。
なので、芝オンリーであるならこういう馬体でも良いわけです。
そして、調教ですが、走りはバネもありそれなりにしっかり走れています。
まだバタつく感じもあり、ものすごい良い走りだとも思いません。
あと一本調教動画を見てからにしたかったのですが警報が出てしまったのでしょうがないですね。
現時点では、まだこのままいけばもっと良くなっていくだろうという期待込みの評価になります。
最後に近況ですが、5月末に入厩することになっています。
夏競馬でデビューということですので早期デビューできそうです。
ハービンジャー産駒は洋芝に強いので北海道デビューになるかもしれませんね。
それなら、現地で応援できるかもしれません。
もちろん、販促込みの近況と入厩もあるので完全に字面通り受け取ってはいけませんが、早めにデビューできそうということはありそうですね。

このように、血統、ハービンジャー産駒成績、価格、馬体、調教、早期デビューなど総合的に判断して今回出資申し込みをしました。
おそらく、月曜いっぱい残ってるかどうかの勝負になると思います。
これを読んで気になった方はお早めに出資申し込みをされたほうがいいと思います。
これでこの世代の出資は終わりになります。
ここまで様子見を粘ったかいがあって最後に良い出資ができた気がします。
何度も言いますがシルクは売れ残り馬が走りますよ!
関連記事

日本最速デビューが決定!

2017/05/18 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:18日にCWコースで追い切り
次走予定:阪神6月3日 芝1,600m〔川田将雅〕

吉田直弘調教師「18日にCWコースで追い切りました。通常の追い切りと違い、向正面から出して正面からスピードを上げて行き、再度向正面に差し掛かったあたりから一杯に行いました。予定では13秒ぐらいで上がってくるように指示を出していましたが、気合いを乗せるためにしっかり追った分、12秒前半で上がってきました。一杯に追ったのは今回が初めてとあって、少し躊躇するようなところがあったようですが、学習能力が高く、最後までしっかり脚を伸ばしてくれました。まだ馬体に余裕がありますが、このひと追いでスッキリしてくるでしょうし、息づかいも思っていたより出来ているので、このまま順調に仕上がるようであれば6月3日の阪神・1600mを川田騎手でデビューさせたいと思います」



2017/05/18 <調教タイム>
 助 手 5.18CW良 14.8- 15.9- 13.1- 12.1- 12.3 向正面一杯
  サウンドスタジオ(古500万)向正面の内を0.8秒追走同入



いよいよデビューの日にちが決まりました!
6月3日ということで日本で最初の新馬戦ですね。
なので当然シルクで最速デビューとなります。
勝てば当然この世代最初の勝ちあがりということになります。
ここまで本当に順調で近況コメントでも常に大絶賛で文句のつけようがない馬でした。
入厩してからもゲート試験は一発合格、初めての追いきりのタイムも素晴らしいです。
この時期の2歳馬とは思えないくらいで、1年先輩の3歳馬たちと遜色ありません。

私にとってもこの馬にはかなり思いいれがあります。
血統的に惹かれるも調教師を見て一度は断念。
しかし、ツアーであまりにすばらしい馬で人見知りの私がスタッフさんにこの馬に出資しますと思わず宣言してしまうほどでした。
そして、宣言通り、この調教師には出資してはいけないという内容のブログを書いたにも関わらず思い切って出資しました。
それくらい馬の出来が凄かったです。
私がツアーで惚れ込んだのはこの馬とプリティカリーナの15です。
後者は抽選で外れて出資できませんでした。
おそらくこの2頭がこの世代をひっぱって行くはずです。
そのためにもまずはセドゥラマジーには新馬勝ちしてもらってゆとりをもったローテーションでいってほしいですね。
この馬は、メジャーエンブレムになれる器だと思っています。
こういう妄想が楽しめるのもこのデビュー前の楽しみなのでご了承ください。
関連記事

シルク2歳馬の早期入厩馬まとめ

現時点で移動が確定した馬を記載します。
今まで13頭移動しているようですね。

2017/04/03
キューグレーダー [父 ダノンシャンティ:母 バグダッドカフェ]
 5日(水)に美浦・栗田徹厩舎へ入厩する予定です。

2017/04/05
セドゥラマジー [父 ダイワメジャー:母 ウイッチトウショウ]
 6日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、7日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。

2017/04/10
ヴィグラスファイア [父 サウスヴィグラス:母 ハッピーメール]
 12日(水)に美浦・萩原清厩舎へ入厩する予定です。

2017/04/13
キープシークレット [父 ダイワメジャー:母 ウーマンシークレット]
 14日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、15日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。

2017/04/24
ローブレガリア [父 ハーツクライ:母 ベルベットローブ]
25日(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、26日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。

2017/04/26
ルーカス [父 スクリーンヒーロー:母 メジロフランシス]
27日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、28日(金)に美浦・堀宣行厩舎へ入厩する予定です。

2017/04/26
ロングランメーカー [父 エンパイアメーカー:母 ミュージカルウェイ]
27日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、28日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。

2017/05/01
ディロス [父 ステイゴールド:母 ラトーナ]
2日(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動する予定です。

2017/05/01
ドーファン [父 ルーラーシップ:母 シャルロットノアル]
3日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動する予定です。

2017/05/01
ムーンライトナイト [父 ステイゴールド:母 ポーレン]
3日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動する予定です。

2017/05/08
モノドラマ [父 ホワイトマズル:母 タイトルパート]
9日(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動する予定です。

2017/05/10
ブルヴェルソン [父 ダイワメジャー:母 キューティゴールド]
11日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、12日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。

2017/05/15
アーモンドアイ [父 ロードカナロア:母 フサイチパンドラ]
16日(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動する予定です。


とりあえず現時点で移動できている馬は早期デビューが期待できると思います。
ただ1番乗りだったキューグレーダーは移動の疲れなどで脚元に不安が出て北海道に戻ってしまいました。
出資馬なだけにデビュー1番乗りを期待していたのですがかなり残念です。
傾向としてはやっぱりダイワメジャー産駒が3頭と多くなっています。
後はとくに目立った傾向もなく、高額馬でも早いのはいますね。
ディープ産駒は例年夏以降になることが多いので、早期デビューはなさそうです。
デビュー1番乗りはゲート試験もクリアして放牧にも出されていないセドゥラマジーが有力かなと思います。
さて、これらの馬の成績はどうなるでしょうか?
来年の今ごろに早く移動できた馬たちの成績をまとめる予定です。
関連記事

出資馬が人気になって負けすぎるので調べた結果

2017y05m16d_221331964.jpg
2017y05m16d_221352789.jpg

先週は3頭出走してすべて1番人気になるも3頭とも負けてしまいました。
どうも、今年になって1番人気になって負けることが多い気がします。
なので一口馬主BDのサイトで調べてみました。
すると驚く結果となりました。
なんと今年27戦で1番人気は10回もあります。
3分の1以上が1番人気なのです。
それ以外にも2番人気3番人気ばかりがずらりと並んでいます。
3番人気以上が27回中で17回もあるのです。
しかし、勝ったのはポールヴァンドルの2勝のみ・・・
そりゃこれだけ期待を裏切れば私のテンションもなんか今年上がらないなぁというのも当たり前なのです。
これだけ人気馬揃うなんて戸崎騎手やルメール騎手みたいなもんですよ。
そして、これだけ人気馬に乗って2勝しか上げてなきゃもう叩かれまくってるでしょうね。
去年は出資馬5連勝なんていう記録もあったんですが、今年は勝ちきれないことが多すぎます。
シルクの重賞成績みたいな感じになってしまいました。
これからは本当に負けられないレースが続きますし、2歳馬もデビューするでしょう。
なんとか、帳尻を合わせて勝ちまくってくれることを期待します。
関連記事
[ 2017/05/16 22:24 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(2)

レーヌドブリエの22戦目は勝ちきれず3着

2017/05/15 <レース結果>

 5/14日(日)新潟11R 赤倉特別〔芝1,800m・14頭〕3着[1人気]

好スタートを切りますが、末脚を活かすために徐々に後方へ下げていきます。道中ややハミを噛む場面はありましたが我慢し、直線では大外から伸びましたが、先に抜け出した勝ち馬から離された3着に入線しています。

坂井瑠星騎手「好スタートからスーッと下げて、最初の2ハロン目くらいまでは非常に上手く走れていたのですが、内から外に出てきた馬に反応して途中から掛かってしまいました。前走が早めに動いて末を無くしていましたし、同じように行かせてしまうと直線の長いコースでは最後に止まるだろうなと思い、そこは引っ張って我慢させました。最後は伸びてくれましたが、外々を走らされてしまいましたし、結果的に流れも向きませんでした」

矢作芳人調教師「あれだけスタートが良かったのですから、無理に控えなくても良かったと思いますが、折り合いを気にしてあの位置取りになったのでしょう。相手関係を見る限り、ここは負けられないと思っていましたが、結果的に先行した馬に強い競馬をされてしまいました。でも、レーヌドブリエも最後までしっかり脚を伸ばしてくれましたから、力は見せてくれたと思います。長距離輸送の後なので、この後はトレセンに戻って状態をしっかり確認してから、このまま続戦させるか一旦放牧に出すか検討したいと思います」



好スタートから下げて最後の直線勝負もするも捕らえきれずに3着でした。
近況からもおそらく調教師先生などから後ろに下げて直線勝負をするように言われていたんだと思います。
若手騎手なので、先生にそう言われたらどんなに好スタートでもそうするしかないでしょう。
ベテラン一流騎手ならそう言われてても展開によって指示なんて無視して勝負するんですが、若手だとそうはいきません。
裏目に出て負けたらもう乗せてもらえないかもしれませんからね。
本当に競馬は色々難しいです。
この馬の力は十分に発揮しているのですが、ちょっと噛み合わないだけでなかなか勝利にはなりませんからね。
次に期待しましょう。
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ